NHKマイルカップや東京優駿に役立つレース回顧【皐月賞2019】

Pocket

今回は、皐月賞2019のレース回顧を中心とした記事を書いていきます。

4月14日(日)は、中山競馬場にて、
皐月賞が行われました。

競馬場:中山競馬場
コース:2000m・右回り
条件等:3歳馬クラシックレース

今回は、先々週の日曜日に行われた、
皐月賞のレース回顧をしていきたいと思います。

実は、現地観戦をしていたんですが、
皐月賞を生で観戦したのは初めてで、
最高潮に盛り上がりました!

やっぱり、
仲間とみんなで競馬をやるのは楽しいですね。

さてさて、
皐月賞のレース回顧に、
うつっていきたいと思いますが、

これから行われる、
NHKマイルカップや、
東京優駿の予想にも役立つと思いますので、
ぜひ、皆さんの馬券の参考にしていただければ、
嬉しく思います!!

ということで、
最後まで読んでいってくださいませ!!

 

今、話題の競馬予想サイトをご紹介!!

重賞レースの回顧はもちろん、
穴馬を導く「穴馬の法則」

毎週厳選の軸馬公開などなど、

充実の無料コンテンツが満載!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さらに、

GI 天皇賞・春の3連複勝負馬券

>>無料公開決定!!<<

無料登録だけでも、年間収支UP間違いなし!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

 

【皐月賞2019 レース回顧 全頭解説】

 

1着 サートゥルナーリア

新馬戦、萩ステークス、ホープフルステークスと3連勝。

1週前の想定オッズから、
圧倒的な人気を集めていましたが、
色々な競馬サイトで、
不安視する声も上がっていました。

高速決着に対応できるのか。
多頭数の競馬が初めて。
など、不安材料が挙げられていましたが、
関係者コメントでは、
そんなの関係ないくらい強い。と超強気コメント。

鞍上の乗り替わりについても、
アドマイヤマーズ側の意向で、
デムーロJKもこっちに乗りたかったのが本音。

結果、
審議の一悶着はあったものの、
人気に応え、勝ちきり。

今回が、9割の仕上げとのことなので、
東京優駿でも、
もちろん優勝候補と考えて良さそうです。

 

2着 ヴェロックス

最終追い切りは、
「本番前にもう1回乗っておきたい。」と、
川田JKからオーダーがあったそうで、
川田JK自身の勝負度合いはかなり高かった。

レース前の陣営のコメントも、
究極の仕上がりと、強気なコメントだった。

道中は、
アドマイヤマーズの外で、
ぴったりマークするかたち。

直線で早めに先頭に立ち、
押し切りをはかるが、
外からサートゥルナーリア、
最内からダノンキングリーが伸びてきて、
3頭の叩き合い。

わずか、サートゥルナーリアにかわされ、
アタマ差の2着。

正攻法の競馬ではあったものの、
負けて強しの内容でした。

 

3着 ダノンキングリー

今年初戦の共同通信杯で、
2歳王者のアドマイヤマーズを下し、
一気にクラシック有力候補に名乗りをあげました。

レースは、
スッと先行して、
内をジッとロスなく追走。

直線に向いた瞬間、
少し空いた隙間を抜ける戸崎JKのファインプレーで、
一気にスパートをかけるも、
上位2頭にわずかながら先着を許し、3着。

今回は、全てが噛み合った印象が強いが、
器用さと瞬発力は世代屈指。

 

4着 アドマイヤマーズ

今年初戦の共同通信杯は、
+8kgの馬体重で出てきましたが、
関係者のコメントでは、
「これくらいが適正で成長分。」との話だった。

その前提があった上で、
皐月賞当日に発表された馬体重が−8kg。

なんか言ってることチグハグじゃね?
というのが個人的感想。

レースでは、
ダノンキングリーをマークするかたちで、
5番手を追走。

直線手前でやや包まれて、
動くに動けなかったのも痛かったが、
直線を向いてからの決め手勝負で、
上位3頭に全く歯が立たず、4着。

今回は展開が向きませんでした。
NHKマイルカップは人気落ちしそうですが、
地力が上な分、有力候補ではある。

 

5着 クラージュゲリエ

最終追い切りの動きがあまり良くなく、
池江先生のコメントも、
「状態があまり上がってこない。」と、
泣きのコメントでした。

レースでは、
ヴェロックスの後ろ、
サートゥルナーリアの内を追走。

直線を向いてからは、
一気につき離されたものの、
後続の追走は封じ、なんとか5着を確保。

負かした馬たちよりは、
地力が上だったのかもしれません。

 

6着 タガノディアマンテ

きさらぎ賞は、
前残りの展開にもかかわらず、
後方から追い込んで2着。

スプリングステークスも、
脚を余しての4着と、
常にいい脚は使えていますが、
展開に左右されやすい面が露呈。

田辺JKが、
ラストドラフトよりも、
こっちを選択したあたり、
勝負気配も高かったですし、
個人的にも、
穴で狙うならこの馬だと思いました。

レースは、
後方からの競馬で、
3〜4角で一気にまくって先団へ。

直線でも脚は使っているものの、
前を捉えられず、6着。

まだまだ成長途上ですし、
これから成長していけば、
先が楽しみな馬だと思います。

 

7着 ラストドラフト

京成杯の勝ち馬で、
コース適性は問題なし。

弥生賞の大敗は、
重馬場が合わなかったもので、
ワンチャン皐月賞でも通用の余地はあった。

レースは、
中団を追走するかたちで、
直線もスムーズに外へ進出するも、
クラージュゲリエを捉えることはできず、
外からタガノディアマンテにかわされ、7着。

淀みない流れに対応できず、
位置取りも後ろすぎた感があります。

 

8着 アドマイヤジャスタ

近藤利一オーナーは、
アドマイヤマーズとの2頭出しで、
勝負度合いで言えば、
明らかにアドマイヤマーズなのは明白でした。

アドマイヤジャスタに関しては、
ダービーにメイチを持っていくように仕上げており、
皐月賞は8割ほどの仕上げでした。

レースは後方3番手からの競馬で、
直線を向いてエンジンがかかってからは、
いい脚を使ってはいるものの、
さすがにあの位置からでは厳しく、
ここまでが限界でした。

展開も向きませんしたし、
外枠スタートも厳しかった。

ダービーで巻き返しも十分ある。

 

9着 ダディーズマインド

500万下を勝って、
エメラルファイトの回避により、
運良く抽選突破での出走という経緯があり、
勝負気配は皆無だった。

レースは、
強気に前に行き、
ランズオブプラーナと並走するかたち。
直線も食らいついたが、力負け。

とは言え、
このメンバー相手にここまでやれたのは収穫。

 

10着 ナイママ

皐月賞に出走するため、
南関競馬から、JRAに。

とは言え、
足が遅いので、
時計がかかってこそのタイプ。

さらにGⅠでは、
さすがに厳しい印象でした。

レースは後方からの競馬で、
3〜4角で、
タガノディアマンテが上がっていったのを見て、
追いかけるかたちで進出。

直線では、前にっくらいつくのが精一杯で、
見せ場なく10着。

やはりGⅠでは、厳しかった。

 

11着 ブレイキングドーン

前走の弥生賞は、
重馬場を味方につけての3着で、
重馬場開催なら怖い存在だと思っていました。

結果、
良馬場での開催になったので、
出番はなく、11着。

今後も、
時計のかかる馬場なら、
狙える1頭だと思います。

 

12着 シュヴァルツリーゼ

トモがまだ緩く、
どうしても後ろからの競馬になってしまう点は、
皐月賞においては割引材料だった。

案の定、
後ろからの競馬になり、
全く見せ場なく、
さすがにまだ足りなかった。

飛びの大きい馬なので、
馬群の内に入れたのも良くなかったと思いますね。

 

13着 ファンタジスト

距離が持たない、距離が持たないと言われながらも、
朝日杯フューチュリティステークスで4着。
スプリングステークス2着と、
距離の壁を突破してきたファンタジスト。

皐月賞はさらに1ハロン延長の、
2000m戦ですが、
単勝オッズでも5番人気に支持されたように、
内枠に入ったことで、期待したファンも多かった印象。

結果、当初の作戦通り、
内をロスなく回っての競馬で、
完璧に思われましたが、
残り1ハロンで失速。

さすがに2000mは持たなかった。
メンバーが変わればこなせるのかもしれませんが、
今回は相手が強かったですね。

 

14着 サトノルークス

全姉にタッチングスピーチがいる良血馬で、
鞍上の池添JKは弥生賞の前から、
皐月賞の騎乗が決定していたそうです。

レースは、
前半のペースが今までのレースより速く、
後方からの競馬になりました。
後半も追走するのにいっぱいいっぱいで、
池添JKの手も動きっぱなし。

これからの成長に期待といったところでしょうか。

 

15着 メイショウテンゲン

弥生賞を勝って皐月賞に駒を進めましたが、
重馬場での勝利で、
あまり価値のあるものではなかった。

脚の遅い馬で、
ある程度スピードを求められる皐月賞では、
さすがに敷居が高い印象。

レースは、
最後方からの競馬で、
追走にかなりいっぱいだった印象。

それでも、
直線でももうひと伸び脚を使って、
シンガリは阻止。

やはり、
時計がかかったほうがいいタイプです。

 

16着 クリノガウディー

レース前の関係者のコメントで、
前走のスプリングステークスは、
距離も長かったと話しており、
今回さらに1ハロン延長は割引材料でした。

レースでは、
積極的に前に行き、
3番手外めを追走。

4角で、
もしやと思ったのもつかの間、
直線でパッタリ止まってズルズル後退。

適性はマイルあたりにありそうで、
本番はNHKマイルカップでしょう。

 

17着 ニシノデイジー

弥生賞は、
本番を見据えての余裕残し仕上げで、
皐月賞前の追い切りの動きを見ても、
上昇気配を伺えるものでした。

レースでは、
発馬直後に他馬と接触し、
そこから終始力み通しで見せ場なく17着。

今回はこれが全てだと思うので、
気性面に課題は残りますが、
見限るのはまだ早いと思います。

 

18着 ランスオブプラーナ

キャリア7戦目での参戦となった皐月賞。

これは、オーナーサイドの意向で、
管理厩舎サイドとしては、
間隔を取って、
NHKマイルカップを使いたかったのが本音。

レース前から、
勝負気配は皆無でした。

結果としては、
自然とハナに立つ競馬になり、
直線でズルズルと後退。

臨戦過程を考えると、
NHKマイルカップでも狙いづらい印象です。

 

【皐月賞2019 レース回顧まとめ】

 

驚異の的中率で儲かるサイト!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

極秘の関係者ウラ情報を
随時無料メルマガにて配信中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みんなの万馬券では
独自ルートからの独占情報を、

「完」「全」「補」「償」で、提供します!

万が一馬券が的中しなければ
全額を補償するこのサービス。

騙されたと思って、今すぐ登録してください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は【天皇賞・春】の予想を

◆◇「完全無料公開!」◇◆

▼無料登録はこちらです▼

 

以上、皐月賞のレース回顧をしていきましたが、
上位3頭は東京優駿で、
どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、
今からとても楽しみですね。

アドマイヤマーズや、
ファンタジスト、クリノガウディーなど、
NHKマイルカップ組も非常に楽しみです。

ということで、
以上、皐月賞のレース回顧でした。

NHKマイルカップで要注目の馬に関して、
ランキングでご紹介しています。

ぜひチェックしてください。
よろしくお願いします。

NHKマイルカップ、要注目の馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

フォロワーさん増えたら嬉しいな( ´∀`)

The following two tabs change content below.

3連複マスター

マイペースに競馬予想してます。 日進月歩。勇往邁進。 ハムスターと生活してます。