秋華賞2017予想最終結論

Pocket

今回は、秋華賞2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

世代を代表する牝馬が勢揃いし、予想も難解になった印象の今年の秋華賞ですが、
今年はどの馬が栄冠を手にするのか非常に楽しみな1戦ですね。

昨日の、府中牝馬ステークスの予想は見事タテ目で外しました。。。
軸馬に指名したクインズミラーグロが直線でピタッと止まってそのまま馬群に沈んでいきました。
馬場もそこまで荒れてなく、比較的堅い決着に終わりましたね。

的外れな予想になってしまいました。。
申し訳ありません。。。

気持ちを入れ替えて、今日は秋華賞でバッチリ仕留めたいと思います。

秋華賞の話に戻りますが、昨日の京都の馬場の傾向から考察するに、
先行馬、中段からの外差し有利な気がします。

そして秋華賞は、過去の傾向から上位人気馬の信頼度は比較的高いレースなので、
その点も踏まえて、人気馬から穴馬に流していくほうが正解だと予想しました。

あとは、枠順別の成績ですね。

 

1枠   0−4−1−15 複勝率 25.0%
2枠   2−2−2−14 複勝率 30.0%
3枠   2−0−1−17 複勝率 15.0%
4枠   1−0−0−19 複勝率  5.0%
5枠   0−2−0−18 複勝率 10.0%
6枠   0−1−2−17 複勝率 15.0%
7枠   3−0−3−23 複勝率 20.6%
8枠   2−1−1−26 複勝率 13.3%

 

4、5枠は不振傾向で、内1、2枠か外7、8枠が比較的有利傾向にあります。
過去データも踏まえて、最終結論を導いていこうと思います。

【秋華賞2017最終結論】

 

◎ディアドラ

追い切りの動きは非常によく、中間もルメールJKを背に好時計を出しています。
馬場状態も全く問題ないですし、枠順も7枠と好枠を引きました。

鞍上のルメールJKとの相性も良いですし、マイナス材料が見当たりません。
位置取りがカギになると思うので、
中段やや後ろから競馬できれば、勝ち負けまであると思います。

 

 

○リスグラシュー

最終追い切りの動きは抜群で、勝負気配がプンプン漂ってきました。
かなり良い状態に仕上がっているように見えましたし、
今までで一番良い仕上がりなのではないでしょうか。

言わずと知れた道悪巧者で、過去の実績も堅実な馬。
ただ今回は不振傾向の4枠と枠順は最悪の枠。

手綱を取る武豊JKの腕の見せ所ですね。

 

 

▲アエロリット

1枠1番と絶好枠を引きました。

ハナはおそらくカワキタエンカがいくと思いますので、
2番手で追走して4角で抜け出すのが理想ですね。
展開面を考えると、圧倒的有利に感じます。

ただ、調教の動きがそこまで良くは見えなかったので、
評価は少し下げました。

普通に走れば勝ち負け濃厚。

 

 

△メイショウオワラ

今回の穴馬筆頭はこの馬ではないかと思っています。

調教の動きは抜群ですし、時計も素晴らしいです。
確実に1発狙ってきている感じがするのは僕だけかもしれませんが、
穴を開ける期待も込めて好評価にしました。

前走も惜しい競馬をしていますし、3着に滑り込む余地は十分にあります。
ここが絡めば一気にオッズは美味しくなりそう。

 

 

☆ポールヴァンドル

前走の紫苑ステークスはディアドラと差のない競馬を演じました。
もともと評価はしていた馬で、ここでももちろん能力は通用すると思っています。

調教も伸びのある良い動きでしたし、好時計を出しています。
ダイワメジャー産駒なので道悪適性も問題ないと思いますし、むしろ歓迎。

ただ美浦組は過去データで劣勢なので割引きました。
ゲートさえうまく出れれば、チャンスはあると思います。

 

【まとめと買い目】

 

モズカッチャン、ファンディーナ、ミリッサは過剰人気しすぎている気がするので、
今回はあえてバッサリ切って勝負したいと思います。

 

◎ ディアドラ
○ リスグラシュー
▲ アエロリット
△ メイショウオワラ
☆ ポールヴァンドル

× ラビットラン
× カワキタエンカ
× カリビアンゴールド

 

【買い目】

 

3連複  フォーメーション

◎ー○▲△☆ー○▲△☆×  18点

 

日曜日はこれで勝負したいと思います。

それでは日曜日の競馬も張り切っていきましょう!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。