神戸新聞杯2017予想最終結論

Pocket

今回は、神戸新聞杯2017の予想を中心とした記事です。

土曜日の競馬が終わりましたが、皆さん今日はいかがだったでしょうか?
阪神競馬は早い上がりを使った馬が上位入選するパターンが多かった印象。
後方からの直線一気は厳しいですが、中団〜やや後方からの差しが良く決まっていました。
神戸新聞杯も、ある程度の位置から早い上がりを使える馬からいきたいと思います。
僕自身も、皆さんにお届けする予想1発目として、
ここは1発、良いスタートを切りたいと思っています!

それでは、最終結論にいきたいと思います。

【神戸新聞杯2017最終結論】

 

冒頭でもお伝えした通り、今の阪神は差し馬場
前残りもありますが、それは早い上がりを使ってのこと。
早い上がりを使える馬から馬券を組んでバシッと仕留めたいと思います。
今年の神戸新聞杯は、上位人気馬と下位人気馬の実力差があり、
かなり堅い決着すらあり得ると思っています。
若干の紛れはあっても大荒れはなさそう。
なので、今回かなりつまんない予想になりますがご了承くださいm(__)m

 

◎サトノアーサー

本命はサトノアーサーにします。
阪神コースは得意ですし、上がり勝負になりそうなので、
人気すると思いますが、この馬からいこうと思いました。
調教内容からもメイチ度合いが高く、勝負に来ているのは確実。
鞍上も川田JKなので、うまく捌いてくれると思います。
逆転までありそうなので、◎評価にしました。

 

 

○レイデオロ

実績も抜けていますし、データ上でも目立った消し材料がないので、
1番人気だと思いますが、ここは素直に好評価にしました。
良い状態で走れば、実力的にも勝ち負けでしょう。
ただ、ここはメイチではないし、あくまでもジャパンカップへ向けての叩き台。
菊花賞の権利取りのために、勝負してくる馬が何頭かいるので、
展開次第では、取りこぼしもありそうなので、評価を落としました。

 

 

▲ベストアプローチ

毎レース中団から早い上がりを使うので、今回は馬場が味方しそう。
調教の内容も良く、抜群の末脚だったので、評価を上げました。
大荒れはないと予想して、多少紛れて飛び込んでくるならこの馬。
鞍上も岩田JKですし、ここは期待できそう。
2、3着にひょこっと飛び込んできそうなイメージ。

 

 

△ダンビュライト

調教内容も素晴らしく、自己ベストを連発。
「なんとか菊花賞の権利を取りたい。」と公言しているように、
陣営サイドの気合いの入れようもうかがえる。
ここは確実にメイチ仕上げで勝負にきているのは間違いないです。
ですがーあまり、早い上がりを使うタイプではないので、
今の阪神競馬の上がり勝負は、この馬には不向きです。
早めに前につけて押し切るような競馬ができれば、
展開次第では、上位台頭もありそうなので△評価。

 

 

☆キセキ

上がり勝負ということで、この馬も好勝負になりそうです。
凄まじい末脚がこの馬の魅力で、後方から長い足を使えるタイプ。
近2走は、後方から最速の上がりを使って差し切り勝ち。
今回は相手が強くなりますし、
あまりにも後方からだと届かないかもしれません。
そのあたりは、鞍上のデムーロがうまく捌いてくれるでしょう。
軽視しようと思っていましたが、展開が向きそうなので、
ここは普通におさえておきたいと思います。

 

 

【まとめと買い目】

 

◎サトノアーサー
○レイデオロ
▲ベストアプローチ
△ダンビュライト
☆キセキ

推奨買い目

3連複フォーメーション

◎ー○▲△ー○▲△☆ 6点

 

今年の神戸新聞杯は堅い決着になると予想します。
なので、かなり点数を絞って勝負します!
点数を絞ったぶん自信度は下がりますが、軸は普通にきそうです。

ぜひ、皆さんの参考にしていただければと思います。
それでは日曜日の競馬も頑張っていきましょう!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。