神戸新聞杯2017予想オッズと出走予定馬分析

Pocket

今回は、神戸新聞杯2017の予想を中心とした記事を書いていきます。
神戸新聞杯は、朝日セントライト記念同様、菊花賞のトライアルレースで、
3着以内の馬が菊花賞への優先出走権を手にすることができます。
昨年のサトノダイヤモンドとミッキーロケットの直線の叩き合いも記憶に新しいですね。
神戸新聞杯は、どちらかというと堅く決まる傾向にあるレースですが、今年はどうなるでしょうか。
それでは早速、出走予定馬を分析していきたいと思います。

【神戸新聞杯2017予想オッズ】

 

1 レイデオロ     2.0
2 キセキ       3.9
3 サトノアーサー   6.1
4 ダンビュライト   6.5
5 カデナ       9.6

 

ざっと、ここまでが上位人気に支持されそうな馬たちとなっております。

今年は、ダービー馬のレイデオロが1番人気になりそうですね。
冒頭でも触れましたが、神戸新聞杯は堅く決まりやすいレースです。
過去10年で1番人気の馬の着外は2回だけ。
馬券になった8回は連対を外してないんですよねー。

さらに、ダービー馬は近年、着外なし!つまり複勝率100%です。
レイデオロへの追い風がすごいですね。

ここから1頭ずつ分析していきますね。

 

【神戸新聞杯2017出走予定馬分析】

 

レイデオロ

ここでは力上位なのは明白で、ダービーでは、ルメールJKが途中からまくる神騎乗で1着。
ルメールJKの手腕もありますが、非常に強い競馬でした。
秋以降は、神戸新聞杯からジャパンカップへ向かう予定。
菊花賞は回避する予定なので、ここは勝たなくても良いレースですが、
ジャパンカップへ向けて陣営もある程度の結果は残したいと思います。
メイチではないにしても、ある程度仕上げてきそう。

 

サトノアーサー

ダービーでは進路があかず、川田JKが外を回して展開が向かなかった。
阪神コースでは過去好走していますし、得意条件に戻ってどこまでやれるか。
一部では、マイラーなんじゃないか?なんて声もありますが、
個人的には2400mでもやれそうな印象。
ここも、上がり勝負で展開が向けば1発ありそう。
菊花賞への賞金は足りているので、メイチ気配は薄い気もしますが。

 

ダンビュライト

強い馬ではあるが、いつも決め手に欠けて勝ちきれない。
ダービーはドスローの展開で、ヨーイドンで切れ負けして6着。
現在、菊花賞への賞金も足りていないので、
陣営としても、ここは3着以内に入線して、菊花賞への権利を得たいところ。
調教内容も素晴らしく、自己ベストを出しまくっているのでメイチ気配濃厚。

 

キセキ

いかにも伏兵といった感じがしますが、そこまで強い印象は受けないし、菊花賞へは出走しない意向を示している。
今後は中距離路線に進む予定で、今までの走りからも、阪神2400mも問題なさそう。
鞍上がデムーロなので変に人気するようなら、積極的には買いたいと思えない。

 

カデナ

弥生賞では、後方から最速の上がりを使って快勝しました。
その後、皐月賞、ダービーでは末脚不発。
菊花賞への賞金は足りてますし、わざわざここをメイチ仕上げにはしてこないでしょう。
それでも、このメンツでなら、そこそこやれそうだなという印象はある。
今の阪神は、差しがバンバン決まっているので、今週と同じような馬場なら一発ありそう。

 

【神戸新聞杯2017 予想まとめ】

 

上位人気馬を分析してみましたが、実績的にはレイデオロが抜けている印象ですね。
ダンビュライトも、ここは菊花賞に行くためにメイチで仕上げてきそう。
何度もお伝えしていますが、ここは堅く決まりやすいです。
大荒れはなさそうですが、ヒモ荒れはしそうなので、追い切りを見て穴馬を探していこうと思います。

 

また枠順確定後にブログ更新しますので、よろしくお願いします!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。