神戸新聞杯2017予想と枠順確定後見解

Pocket

今回は、神戸新聞杯2017の予想を中心とした記事です。

最終追い切りも終わり、早いもので金曜日を迎えました。
今週は大阪に出張に来ておりまして、(阪神競馬場へは行けないのですが…)
今、大阪は雨が降ってます。神戸も降ってるみたいですm(__)m
土日は天気が回復するみたいなので、
神戸新聞杯は良馬場での開催にはなりそうですが、
土曜日の競馬を見て、馬場をしっかり見極めていきたいと思います。
そして、枠順も確定しましたので、
追い切りの内容も含めて有力馬をみていきたいと思います。

【神戸新聞杯2017枠順確定後見解】

 

レイデオロ

ルメール 美南W 良 67.1 50.6 37.7 12.6 ⑨仕掛

枠順は絶好枠の5枠8番に入り、逆らう余地がなくなってきました。
最終追い切りは、ルメールJKが乗り込み感触をたしかめ、上々な仕上がりのよう。
タイムも好時計を出しているし、昨年、一昨年とルメールJKは神戸新聞杯を連覇中。
前回の記事でも書きましたが、ここはジャパンカップへ向けて、ある程度の結果は残したいところ。
メイチではないが、良い状態で出てくることは間違いないですね。

 

 

キセキ

デムーロ CW 良 67.2 51.9 38.6 11.9 ⑧Gー

枠順は4枠5番に入り良い枠順を引き当てました。
最終追い切りは、デムーロJKが乗り込み、
反応も良い反応で、抜群の末脚をみせてくれました。
軽視しようかなとも、思っていたんですが、
枠順も良いですし、追い切りの内容を見るとここは軽視できない1頭ですね。

 

 

サトノアーサー

川田 CW 良 82.9 66.6 51.6 38.2 11.8 ⑦馬なり

枠順は2枠2番で、内枠に入りました。
内で溜めてロスなく回ってくれば好勝負になりそうです。
軽視しようと思っていましたが、追い切りの内容も素晴らしく、
ここは勝負仕上げのようですね。
あとは当日、川田JKがうまく捌けるかどうかですね。

 

 

ダンビュライト

助手 栗坂 良 50.9 38.0 25.5 12.8 ①一杯

枠順は3枠3番に入り、この馬にとって良い枠に入りました。
スムーズに先行できそうなので、この枠順はチャンスですね。
追い切りの内容ですが、だいぶ乗り込んでいて陣営の気合の入り方が半端ないですね。
ただ、勝ち負けまであるかと言われると…
前回の記事でもお伝えした通り、ダンビュライトは菊花賞への賞金が、
微妙なボーダーラインで足りてません。
陣営としては、是が非でも3着以内に入りたい1戦。
あとは、メイチ仕上げで他有力馬に足りるかどうかですかね。

 

 

カデナ

福永 栗坂 良 52.3 38.1 25.2 12.7 一杯

枠順は7枠11番で、上位人気馬で唯一、外枠からのスタートになりました。
後方から競馬をするので、個人的にはそこまで気にしてないです。
追い切り内容を見てみると、悪くはないですが、こちらも勝ち負けまであるかと言われると微妙。
わざわざここでメイチにはしてこないと思うので余裕残しでどこまでやれるか。
個人的には抑えまで。

 

 

【枠順確定後まとめ】

今回は最終追い切りの内容と枠順から分析しましたが、
キセキとサトノアーサーが好仕上げで臨戦態勢に入っている印象を受けました。
レイデオロもメイチ仕上げではないものの、勝負できる状態には仕上がっていて、
陣営サイドも結果を求めているようですね。
一方、カデナは今回は叩き台で力試しといった位置づけのようです。
その他、上記では取り上げませんでしたが、
マイスタイルやベストアプローチの調教内容も好時計で良かったので、
2、3着に飛び込んでくる可能性はありそうです。

最終結論は土曜日の競馬を見てからアップしようと思います。
よろしくお願いします!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

スポンサードリンク