府中牝馬ステークス2017予想オッズと出走予定馬分析

Pocket

今回は、府中牝馬ステークス2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

今週は、エリザベス女王杯の前哨戦、府中牝馬ステークスが東京競馬場で行われます。
1着馬には、優先出走権が与えられるとあって、気合の入っている陣営も多いレースです。

よって荒れやすい傾向にあるレースです。

上位人気馬は、休み明けの馬ばかりですし、
想定1番人気のヴィブロスにいたっては海外帰りの初戦です。

さらに週末の東京の天気は雨予想。
みなさんご存知の通り、東京競馬場といえば長い直線ですから、
思わぬ道悪巧者の台頭もあるかもしれません。

結論から言ってしまうと、荒れる可能性が非常に高いと思っています!

今回は少しひねって予想を組み立てていく必要がありそうですね。

4週連続重賞的中もかかっているので、バッチリ予想して仕留めたいと思います。

【府中牝馬ステークス2017 予想オッズ】

 

1 ヴィブロス     2.6倍

2 クイーンズリング  3.7倍

3 アドマイヤリード  4.1倍

4 クインズミラーグロ 8.6倍

5 トーセンビクトリー 11.7倍

 

ここまでが上位人気に推されそうな馬たちとなっています。
ドバイ帰りのヴィブロスが人気をかぶってきそうですね。

それでは、1頭ずつ分析していきたいと思います。

 

【府中牝馬ステークス2017 出走予定馬分析】

 

ヴィブロス

あらためて言うまでもないですが、
能力、実績ともに出走メンバーの中では抜けた存在。
ただし、今回は海外帰りで久しぶりの実践ですし、
叩き台であることは間違いないので割引が必要。

状態面がどこまで仕上がっているのかがかなり重要です。
最終追い切りでしっかり判断する必要がありますね。

現段階では、重い印を打つつもりはないです。
というか消す可能性すらあります。

 

 

クイーンズリング

昨年はこのレースを勝利し、
その後エリザベス女王杯も勝ち切ったクイーンズリング。
一昨年も秋華賞で2着と好走していますし、
この時期の競馬は向いている印象を受けます。

ですが、

こちらもあくまで叩き台の1戦ですし、
昨年よりも斤量2kg増。。。
ヴィクトリアマイル振りの実践で、
昨年とローテが異なる点も少し引っかかりますし、
現段階でマイナス材料はも多いです。

最終追い切りの内容に要注目です。

 

 

アドマイヤリード

クイーンステークスは、
早い上がりを使うものの届かず6着でしたが、
今回、東京コースはプラス。
後方からじりじり攻め上がっていくタイプなので、
長い直線こそ力を発揮できる馬。

前走の結果で人気落ちするなら今回は買いだと思いますね。

 

 

クインズミラーグロ

なかなか勝ちきれないタイプですが、
近走は複勝圏内を外していない堅実馬。

この馬も叩き台ですが、今回くさーい1頭。

叩き台とはいえ、毎回きっちり仕上げてくるので、
ここも当然、好仕上げで挑んできそう。
最終追い切りの状態面によっては、
軸まで考えている1頭です。

 

 

トーセンビクトリー

どちらかと言うと器用な馬なので、
東京コースでは持ち味を活かせないのではと思ってしまいます。

上位人気馬と比べると、能力は1枚劣りますが、
陣営は今後のためにも賞金加算をしたいはずなので、
メイチ仕上げの可能性もありえます。

状態面次第では印を打たないといけない1頭。

 

 

【府中牝馬ステークス2017 予想まとめ】

 

上位人気馬は叩き台の1戦で、信頼度薄めな印象です。

ヴィブロスは現段階でマイナス材料多いですし、
クイーンズリングもしかり。
逆に下位人気馬は、今後のためにもメイチ仕上げで勝負しにくるはず。

よって今回は冒頭でもお伝えしたように荒れそう!!

過去データからも荒れやすい傾向にあるレースなので、
ここは1発、高配当をバシッと仕留めたいです!!

また、枠順確定後にブログを書きますので、よろしくお願いします!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

スポンサードリンク