富士ステークス2017予想最終結論

Pocket

今回は、富士ステークス2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

東京競馬場の芝は、現時点で重馬場発表とかなり渋っているようですが、
ちょこちょこ人気薄の穴馬の台頭も目立ってきていますね。

今週ずーっと雨が降っていて、馬場がかなりヌメっていると思うので、
予想もかなり難しい印象です。

というかですね、
軸馬以外に買いたいと思える馬が、あんまりいなかったです。。

ただ、昨日の記事でもお伝えしましたが、軸馬に関しては自信度高いです。
ここは勝ち負けまであっても良いと個人的には思っています。

今日は1発スマートに仕留めて明日につなげていきたいと思っとります!

早速、最終結論をお伝えしていきたいと思います。

【富士ステークス2017最終結論】

 

◎ ペルシアンナイト

軸馬はどう考えてもここからしか思いつきませんでした。
最終追い切りの内容は秀逸でしたし、
今回は、条件も揃ったので、勝ち負けまであると思っています。

レース直前に馬場がどこまで悪くなるのかわからないので、
そこだけ不安材料としてありますが、かなりの好仕上げで出てきそう。
ここは素直に期待したいと思います。

 

○ エアスピネル

最終追い切りの動きから評価を見直して2番手評価にしました。

今回は叩き台で、危険な人気馬であることは間違いないですが、
近2走の凡走から、陣営としても今回ある程度の結果は求めているはず。

枠順も良い枠を引きましたし、道悪も歓迎な血統なので、
素直にここは重視して考えたいと思います。

 

▲ サトノアレス

1発あるとしたらこの馬かなと思っています。
最内枠で、枠順はあまり良くないですが、
今回、マイルに戻って自己条件でパフォーマンスを上げてきそうです。

最終追い切りの動きも良く見えましたし、
里見オーナーも菊花賞と両睨みで勝ちにきている可能性もあります。
陣営サイドの思惑を考えると今回のレースで1番怖い1頭だと思っています。

 

△ イスラボニータ

過去の実績と能力はここでは抜けている存在のイスラボニータ。
今回は、明らかに叩き台仕上げなんですが、
地力で勝つ可能性は十分にありますね。

ただ今回は、この馬にとってマイナス材料が非常に多く、
道悪、トップハンデ、大外枠など・・・
着外にぶっ飛ぶ要素はかなり豊富に揃っています。
それでも下位人気勢が弱すぎるので、4番手評価にしました。

 

☆ グランシルク

前走の京成杯オータムハンデの内容は強かったですし、
前走と同じような走りができれば逆転もありますね。
ただ前走がメイチ仕上げで圧勝したこともあり、
反動は少なからずありますし、
今回、同じパフォーマンスができるのかと言われると疑問です。

最終追い切りの動きはお世辞にも良くは見えなかったので、
前走の状態はキープできてないんじゃないかなー。と思ってしまいます。

 

【富士ステークス2017予想まとめと買い目】

 

今回は、下位人気勢が弱すぎるので上位勢との能力差は明白なレース。
馬場がどうだろうと不良にならない限りは、人気サイドでの決着になると予想しました。

よって、点数もかなり絞って勝負したいと思います。

 

◎ ペルシアンナイト
○ エアスピネル
▲ サトノアレス
△ イスラボニータ
☆ グランシルク

× ガリバルディ

 

【買い目】

3連複  フォーメーション

◎ー○▲△☆ー○▲△☆×  10点

 

【土曜日の3連複軸馬推奨馬】

今週から不定期に、
メインレース以外でオススメしたい馬も紹介していこうと思います。

不定期掲載ですが、よろしくお願いしますっ!

 

【東京8R】 ステイブラビッシモ

【東京9R】 タニノフランケル

【京都9R】 アドマイヤウイナーメイショウテンシャ

 

土曜日はこれで勝負したいと思います。

それでは土曜日の競馬も張り切っていきましょう!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

スポンサードリンク