富士ステークス2017予想と枠順確定後見解

Pocket

今回は、富士ステークス2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

マイルCSの前哨戦として行われる富士ステークスですが、
最終追い切りも終わり、枠順も確定しましたが、
なかなか荒れそうな雰囲気を感じるのは僕だけでしょうか。

過去のデータを見てみても、人気薄の台頭も割とあるレースで、
まさに前哨戦ならではの荒れやすい重賞といった印象ですね。

今年の富士ステークスの出走メンバーを見ても、
当日の馬場と展開次第では人気薄の台頭アリアリの予感です!

人気薄の穴馬をしっかり探してバシッと高配当を仕留めたいですねー♪

それでは、最終追い切りの内容から上位人気各馬の状態面を探っていきたいと思います。

【富士ステークス2017 枠順確定後見解】

 

イスラボニータ

南W 重 助手 65.9-51.5-38.4-13.2   馬なり

最終追い切りの内容はいたって平凡でした。

調子の良い時はもっと良い時計が出ますし、
やはり今回はあくまでも叩き台仕様の仕上がりのようですね。

鞍上がルメールJKというのは怖いので、消しはしませんが、
枠順も大外枠で、今回は着外にぶっ飛ぶ可能性も十分にありますね。

 

エアスピネル

栗坂 稍 助手 52.5-38.5-25.1-12.2  一杯

枠順は良い枠を引きましたし、追い切りの動きもまずまずだと思います。

今回は叩き台なので、余裕残しで出てくるのは間違いないですし、
その点を踏まえると、前哨戦仕様であの動きは上出来かと思います。

近2走は掲示板止まりで、馬券圏内をはずしていますが、
今回は相手も一気に弱くなりますし、チャンスだと思います。

さすがに陣営としても、
3戦連続で不甲斐ない結果は残したくないでしょう。
軸にするつもりはないですが、
消しはさすがにリスキーかなという感じがします。

 

ペルシアンナイト

CW 稍 Mデム 83.1-66.4-51.2-38.4-11.9   馬なり

最終追い切りの動きは、
調教動画では全然わかりませんでした汗
なにあの動画。。。ほぼ無意味ですやん。。
というのは置いといて、
追い切りの時計は良い時計が出ていますよね。

3歳世代でも実力上位ですし、今回は斤量面でも有利なので、
ここは是非好走して欲しいところではあります。
さすがに現時点でのオッズで1番人気はマジかよ。。って感じですが。。。

 

グランシルク

南W 重 助手 67.3-52.5-39.1-13.2  馬なり

最終追い切りの動きは、個人的にはあまり良くは見えませんでした。
ドタドタと走っているように見えますし、
本当に調子維持できてんの?って言いたくなる感じです。

今回は斤量も前走より1kgプラスになることもマイナス要素ですし、
枠順ももう少し内枠が良かったはず。
重視するつもりは全くないですし、むしろ軽視で良いと思っています。

 

ガリバルディ

栗芝 稍 岩田 51.0-35.9-12.3  G強

最終追い切りの動きは非常に良かったですねー。
躍動感があって良い内容でした。

ただ、馬格のある馬で跳びも大きいので、
道悪になったらどうかな?っていう点が引っかかりますね。

枠順が内枠に入っちゃった点も、
スムーズに運べるのかなー。って気なってしまいますよね。
包まれた瞬間に、はい、終わり〜みたいなパターンはやめて欲しい。

結論、あまり重い印は打ちづらいです。

 

【富士ステークス2017 予想まとめ】

 

以上、最終結論前に上位人気馬の分析を行ってまいりましたが、
今回、ハッキリ言って軸はかなり自信あります。

あとは馬券の組み方さえミスらなければって感じでいます。

上記の馬以外で、最終追い切りの動きが良く見えた馬は、ロードクエストサトノアレスですね。
ロードクエストも復帰してから良いところナシなので、この辺りで1発あるかもしれないですね。

最終結論はレース当日投稿しますので、よろしくお願いします。

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!