天皇賞・秋2017予想最終結論

Pocket

今回は、天皇賞・秋2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

今年の天皇賞・秋はGⅠ馬8頭が出走し、稀に見る高レベルな1戦となりますが、
かなりの雨量で不良馬場となり予想は非常に難解。
先週の菊花賞同様、穴馬の台頭があっても何ら不思議じゃないですね。

とは言え、過去のデータを見てみると、
大穴の台頭はなく、実力通りの決着が多い傾向にあります。
7番人気以内の馬が狙い目で、内枠が圧倒的有利。
そのあたりを加味して馬券を組み立てていきたいと思います。

土曜日は寝込んでしまいまして、全く競馬を楽しむことができませんでした。
最終結論もお伝えすることができず申しわけありませんでした。

せっかくゲットした、
スーパーマリオオデッセイもまだプレイできず、
おあずけ状態です。。(泣)

※Nintendo switchで新しく発売されたスーパーマリオの新作を発売日にゲットしていました。

マリオは体調が完全回復してからプレイするとして、
天皇賞・秋の最終結論にいきたいと思います。

 

【天皇賞・秋2017最終結論】

 

◎ サトノクラウン

宝塚記念の時も軸に指名してお世話になっている馬。

良馬場開催になったら消そうと思っていましたが、
重馬場で時計のかかる馬場でこそ強さを発揮する馬。

鞍上もデムーロJKですし、
展開がハマればアタマまであると思っています。

 

○ ステファノス

2番手評価は、
2年連続馬券に絡んでいるステファノス。
年齢の衰えもまだまだ感じませんし、
叩き良化型の馬で今回が叩き2走目で上昇傾向。

後方からの競馬というよりは、
中団前目の位置につけて運べれば理想ですね。

今回はさすがに人気なさすぎで美味しい。

 

▲ キタサンブラック

年内で引退を表明していますが、
最終追い切りの動きからして、余裕残しの内容。

この馬の強さは過去成績が物語っていますし、
陣営サイドも「叩き台のつもりはない。」と言っているように、
今まで通りの走りをさせるのであれば3着以内は堅いと思います。

前走の宝塚記念は負けすぎな気がしますが、
敗因が本当に「見えない疲れがあった。」という理由なのであれば、
リフレッシュした今回は好走必至でしょう。

 

△ リアルスティール

最終追い切りの動きは抜群で、臨戦過程も順調。

ただ、気難しい馬でシュミノーJKがテン乗りで、
力を発揮させられるかは疑問が残ります。

うまく乗ることができれば勝ち負けまでありそうですが、
凡走も十分にありえると思うので4番手評価にしました。

 

☆ ネオリアリズム

今回、マイナス要素が多めで嫌われている印象ですが、
馬自体は強い馬ですし、内枠を引けたことはプラス材料。

アタマまではないと思いますが、
ロスなく回ってこれればチャンスはありそう。

サトノクラウンと堀厩舎ワンツーなんてこともなくもない。

 

【天皇賞・秋2017予想まとめと買い目】

 

上記5頭に加え、
ヤマカツエースサトノアラジングレーターロンドンの3頭を、
抑えて馬券を組み立てたいと思います。

◎ サトノクラウン
○ ステファノス
▲ キタサンブラック
△ リアルスティール
☆ ネオリアリズム

× ヤマカツエース
× サトノアラジン
× グレーターロンドン

 

【買い目】

 

3連複  フォーメーション

◎ー○▲△☆ー○▲△☆×  18点

日曜日はこれで勝負したいと思います。

それでは日曜日の競馬も楽しみましょう!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

スポンサードリンク