レース回顧【桜花賞2019】

Pocket

今回は、桜花賞2019のレース回顧を中心とした記事を書いていきます。

4月7日(日)は、阪神競馬場にて、
桜花賞が行われました。

競馬場:阪神競馬場
コース:1600m・右回り
条件等:3歳牝馬クラシックレース

今回は、先週の日曜日に行われた、
桜花賞のレース回顧をしていきたいと思います。

Twitterのフォロワーさんから、
ご要望のあった、
レース回顧を今週から書いていこうと思います。

主に、GⅠレースだけになると思いますが、
今後も、目を通していただけたら嬉しいです。

確実に今週で締め切りになりますのでお早めに!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

他のサイトには絶対に真似できない!
馬券が当たりまくると話題のサイト!

今週は、

皐月賞の3連複勝負馬券

>>無料配信決定!<<

※人数限定募集です!
お早めにご登録ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この他にも無料コンテンツが充実!

重賞レース回顧や、
穴馬を導く「穴馬法則」

更に、厳選された軸馬公開など

豊富なラインナップが大人気です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

万馬券総合研究所の無料登録はこちら!
今週の重賞レースもお任せください!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

 

【桜花賞2019 レース回顧 全頭解説】

 

1着 グランアレグリア

藤沢厩舎×ルメールJKの鉄板コンビ。

朝日杯フューチュリティステークスから、
桜花賞を目標に、ぶっつけ調整。

パドックの気配も抜群で、
さすがの藤沢厩舎といった好仕上がり。

3〜4角から、
早め先頭で、そのまま押し切る横綱競馬。

展開がハマったのもありますが、
文句なしの強い内容でした。

 

2着 シゲルピンクダイヤ

前走、休み明けのチューリップ賞で、
いきなり2着と好走し、
能力の高さを見せたシゲルピンクダイヤ。

チューリップ賞のマイナス10kgの馬体重が、
個人的には気がかりでしたが、
プラス体重で出てきたので、
個人的には買いだと思いました。

レースは前走同様後方に構える競馬で、
最後の直線、和田JKが馬群をうまく割って入って2着。

和田JKの好騎乗もありましたが、
まだまだ奥のある馬で、
これからが楽しみな馬だと思いました。

 

3着 クロノジェネシス

スタートから出していき、
ややかかり気味に中団のインへ。

直線で外に持ち出そうとするも、
隣の馬と接触し窮屈な競馬に、
それでも前があいてからは、
メンバー中2位の上がりで突っ込んできて、
なんとか3着を確保。

馬群を割っていけるタイプでもないですし、
北村JKの判断は最善の騎乗だったと思います。

 

4着 ダノンファンタジー

レース前から、様々な競馬予想サイトで、
過去の実績からも、実力は認めるものの、
「行きたがる気性面」が、
懸念点としてあげられていました。

1週前の追い切りでも、
テンからかなり掛かっていたようで、
時計が出すぎてしまったそうです。

レースは、ややかかりながら先行外めを、
前にいたグランアレグリアを見るかたちで追走。

スムーズな競馬はできましたが、
シゲルピンクダイヤとクロノジェネシスに、
決め手勝負で負けて4着。

外を回ったぶんもあったかと思います。

 

5着 ビーチサンバ

前走のデイリー杯クイーンカップでは、
メンバー最速の上がりで、
クロノジェネシスと着差なしの2着と、
クラシックでも十分通用するほどの、
ポテンシャルの高さを示しました。

スタート直後は出たなりで控えましたが、
道中押し上げていって、
中団外ダノンファンタジーの後ろへ、
ぴったりマークするかたち。

直線、脚は使えているものの、
外を回ったぶん切れ負け。

2着〜5着は展開ひとつで、
入れ替わりがあったと思いますし、
現状、能力面はほぼ互角だと思います。

 

6着 プールヴィル

大外枠から飛ばして、
ハナを主張。

直線でも粘り強さをみせましたが、
先着を許した馬に決め手で負けてしまった。

現状、ベストは1400mで、
マイルはやや長かったですね。

内枠スタートだったら、
もう少し際どかったかもしれません。

 

7着 エールヴォア

体型的にもオークス向きの馬で、
マイルは、エールヴォアにとってはやや短い。

内枠スタートで、出していくも、
二の足鈍く、後方イン待機へ。

直線、内を突き、
いい脚で上がってきて、
見せ場たっぷりのレース。

上位馬のほうが決めては上手だったが、
ポテンシャルの高さはみせました。

オークスでは要注目。

 

8着 ジュランビル

マイルはやや長いが、
ギリギリ許容範囲といったところで、
現時点では1400までがベスト。

外枠スタートから飛ばしていき、
2番手外めを追走。

グランアレグリアが早めに動いて、
ジュランビルも直線手前で仕掛けるも、
残り1ハロンでいっぱいになり、
ズルズルと後退。

やはりマイルの距離はギリギリで、
1400mがベスト。

 

9着 シェーングランツ

阪神ジュベナイルフィリーズでも、
内枠スタートで、
後方から馬群を捌くのに手間取り、
差し遅れていたため、
最内枠の1枠1番という枠は、
シェーングランツにとっては最悪の枠。

最内枠スタートで、
案の定、後ろに下げて、
直線にかける構え。

直線、外に出して追い出してからは、
じわじわ追い上げるも、
ここまでが限界。

姉のソウルスターリングとは、
脚質も違いますが、
2歳時からの成長度合いは微妙。

今後も人気するようなら、
疑ってかかったほうが良いかもしれません。

 

10着 アウィルアウェイ

前走はあくまでも叩き台で、
パドックを見ても、
状態面は明らかに前走より良く見えました。

スタート直後、位置を取りに行くも、
ごちゃついて位置取りは後方へ。

直線でも、
前走よりいい脚を使ってはいるものの、
さすがに、あの位置からでは、
前の有力馬を捉えることはできず。

 

11着 ノーワン

フィリーズレビューでは、
内をロスなく回っての好走で、
2走前はスローからの瞬発力勝負での勝ち。

今回は、外寄りの枠スタートで、
ペースも淀みなく流れたため、
展開が向かなかったんだと思います。

状態面は良かったので、
枠とペースがこの馬にとって不向きだった。

 

12着 メイショウケイメイ

マイルの距離は、
メイショウケイメイにとっては長く、
1200〜1400mの馬。

テンから前に行って、
先行インを確保。

自分の競馬はできていましたが、
やはり距離が長く、
残り2ハロンでいっぱいに。

力負けの部分もありますが、
今回は距離が長すぎただけ。

 

13着 アクアミラビリス

−10kgの馬体重で、
パドックでもやや細く映った。

ダノンファンタジーの後ろで、
中団からの競馬。

これまで、
スローからの瞬発力勝負しかしてこなかったので、
今回は時計が早すぎたのか、
デムーロJKもラスト1ハロンは追ってないですね。。

時計勝負に対応できない、
脆さが露呈した印象です。

 

14着 レッドアステル

スタートで出遅れて後方からの競馬。

直線も脚は使っていますが、
あの位置からでは前を捉えることもできず、
出遅れも響いたと思うが、
さすがにここでは力負け。

 

15着 フィリアプーラ

ストライドが綺麗な馬で、
陣営サイドもオークスで、
メイチ仕上げとコメントしていました。

控えて最後方からの競馬で、
後方一気策。

丸山騎手もレース後に、
「ついて行くのが精一杯だった。」と、
コメントしているように、
ここでは力負け。

 

16着 ホウオウカトリーヌ

新馬戦から、
短距離のレースを選択していたように、
足が短い馬で、
本質的にマイルの距離は長く、
短距離志向の強い馬。

先行してイン3、4番手を追走。
直線に向いても使える脚は残っておらず、
残り1ハロンでズルズル後退。

やはりマイルでは長かった。

 

17着 ノーブルスコア

前走のチューリップ賞で、
エルフィンステークスから、
12kg絞っての出走。

権利取りのために、
チューリップ賞がメイチ仕上げだったのでしょう。

道中折り合いを欠く場面もあり、
スムーズな競馬ができませんでした。
岩田JKも最後追うのをやめていました。

 

18着 ルガールカルム

ノーブルスコア同様、
道中で折り合いを欠いて、
リズムが崩れてしまった。

力負けとも取れますが、
そもそも揉まれ弱いのかもしれません。

外枠のほうが良いのかも。

 

【桜花賞2019 レース回顧まとめ】

 

業界最高水準!規格外の的中率!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関係者情報やワンポイントアドバイスを
随時無料メルマガにて配信中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本当に儲かる次世代競馬サイトです】

みんなの万馬券では
確かな情報筋からの独占情報!
独自ルートからの綿密なリサーチから

「完」「全」「補」「償」

万が一損益に直結しなければ
全額を補償するこのサービス。

これ登録しないと逆に損じゃないですか!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は【皐月賞】の予想を

◆◇「無料公開!」◇◆

【この機会に体感してみてください!】

▼無料登録はこちらです▼

 

以上、桜花賞のレース回顧をしていきましたが、
結果的には、
前哨戦で結果を出してきた、
有力馬勢決着となり、
クラシックレースは特に、
前哨戦の結果が、
予想する上でとても大事だなと、
改めて思いました。

ということで、
以上、桜花賞のレース回顧でした。

今後、要注目の馬に関して、
ランキングでご紹介しています。

ぜひチェックしてください。
よろしくお願いします。

今後、要注目の馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

フォロワーさん増えたら嬉しいな( ´∀`)

The following two tabs change content below.

3連複マスター

マイペースに競馬予想してます。 日進月歩。勇往邁進。 ハムスターと生活してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。