レース回顧【天皇賞・春2019】

Pocket

今回は、天皇賞・春2019のレース回顧を中心とした記事を書いていきます。

4月28日(日)は、京都競馬場にて、
天皇賞・春が行われました。

競馬場:京都競馬場
コース:3200m・右回り
条件等:GⅠ、4歳以上

今回は、先週の日曜日に行われた、
天皇賞・春のレース回顧をしていきたいと思います。

最近は、GⅠレースの記事を書いていないので、
あまり誇れるものでもないですが、
個人的には桜花賞、皐月賞とGⅠ連勝中。

この勢いのまま3連勝といきたかったのですが、
結果は縦目決着で、大失敗。。。

ちなみに、公開はしていませんでしたが、
僕の印と買い目がこちら。

【予想最終印』

◎ フィエールマン
○ メイショウテッコン
▲ ユーキャンスマイル
△ クリンチャー
☆ グローリーヴェイズ
× パフォーマプロミス

【買い目】

3連複1頭軸フォーメーション

◎−○▲−○▲△☆× 

とまぁ、こんな感じで撃沈でした。

最近あらためて思うのは、
馬券の買い方って予想と同じくらい難しいなってことですね。

詰めの甘さというか、
反省して次に活かしたいですね。

今週はNHKマイルカップもありますので、
取り返したいと思います。

こちらは、
おすすめの競馬予想サイトなんですが、

「万馬券総合研究所」というサイトをご存知でしょうか?

有料コンテンツもありますが、
何と言っても、
オススメしたいのが無料コンテンツの多さです。

毎週1鞍、勝負レースの買い目を公開しており、

そのほかにも、
重賞レースの回顧や、
今週開催されるレースの穴馬を導く「穴馬の法則」など、
無料コンテンツが豊富にあります。

さらに今週は、

NHKマイルカップ

3連複勝負馬券を無料公開するそうですよ!

無料登録だけでも、価値ありのサイトです。

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

それでは、
天皇賞・春のレース回顧をしていきます。

今後の重賞予想にも役立てて頂ければと思います。

 

【天皇賞・春2019 レース回顧 全頭解説】

 

1着 フィエールマン

昨年の菊花賞馬で、
前走のAJCCでは、シャケトラに敗れ2着。

天皇賞・春にも出走予定だった、
シャケトラが調教中に亡くなってしまい、
単勝人気も一気にフィエールマンに集中しました。

そもそも、前走のAJCCでは、
熱発明けで、力負けとは言い切れない1戦で、

関係者の話では、
「今回は菊花賞と同じくらいの状態。大崩れはしないと思う。」
との話でした。

レースでは、
スタートで、ややで負けするも、
馬群の中団外めの位置を確保。

スタンド前で、
さらにポジションを押し上げて、
先団の後ろへ。

4角で、先頭に並びかけ、
そこからスパート。

外からグローリーヴェイズに迫られるも、
振り切り、半馬身差をつけて見事1着。

スムーズな競馬で、
さすがルメールJK。と、
言わざるを得ない立ち回りでした。

 

2着 グローリーヴェイズ

元々は川田JKが騎乗予定でしたが、
川田JKが騎乗停止となり、
シャケトラに騎乗予定だった戸崎JKに、
急遽の乗り替わりでの参戦。

昨年の菊花賞で、
着差をつけられている相手との再戦で、
前走の日経新春杯も、
負かした相手がそこまで強くなく、
その後の成長度合いが疑問視されていました。

個人的には、
元々、川田JKが騎乗予定だったので、
クラブとしては、勝算ありなんだろうなー。と思ってはいたものの、
結果、フィエールマンに半馬身差の2着で、
あそこまでやれるとは思っていなかったのが正直な感想。

まだまだ、成長途上の馬ですし、
今後、逆転も十分あると思いますね。

 

3着 パフォーマプロミス

京都競馬場の成績は、
2-0-2-2と複勝率60%。

着外の2走も、重馬場でのものと、
クビ差4着の京都記念でのもので、
好相性の舞台だけに、
パフォーマンスを上げてくる余地は十分にあった。

課題は、初の3000m超の距離と58kgの斤量。

この2つをこなせるかどうかが、
鍵だったと思います。

今回は、
先行策を取り、
先行集団の外めを追走。

向正面で、
フィエールマンに並ばれ、
前を主張するが、結果譲るかたちに。

4角で、エタリオウに被せられ、
一瞬包まれそうになるも、
直線は、エタリオウとの脚比べに。

結果、前2頭には離されたものの、
エタリオウには半馬身ほど先着し、3着を確保。

今回のメンバーでは、地力上位を示しました。

 

4着 エタリオウ

昨年の菊花賞2着。
前走の日経賞2着と堅実な走りを見せており、
1週間前の予想オッズでは、
1番人気の支持を集めていました。

その一方で、
未勝利以降、勝ち鞍はなく、
シルバーコレクターキャラとの声もありました。

個人的には、
枠順発表で内枠に入ってしまった瞬間に消し一択。

これまでのレースを振り返ると、
外から早め進出のロンスパ勝負ばかりで、
内枠スタートは大幅な割引き材料。

結果、デムーロJKも一旦後ろに下げるほかなく、
最後方から、早めに捲っていく、
ロスの多い競馬を余儀なくされました。

それでも、4着に持ってきたあたり、
地力の高さは示したと思います。

次走以降、
極端に人気落ちはしないと思いますが、
外寄りの枠さえ引ければ、
配当妙味は増すのではないでしょうか。

 

5着 ユーキャンスマイル

当初は、シャケトラとの2頭出し予定で、
本気度が高かったのはシャケトラのほうでしょう。

ダイヤモンドステークスから、
岩田JKが手綱を取っており、
おそらく、天皇賞・春とセットでの騎乗依頼で、
その辺りは特に割引く必要はないが、

個人的には、
あまり重い印を打つには、微妙な存在でした。

道中は無理に行かず、
中団馬群から少し離れた後方を追走。

3〜4角でエタリオウが、
後方から動いていったのを見て、
徐々に前へ進出するも、
直線ではモタれ気味で伸びて来ず、

なんとか、掲示板は確保。

右回りより、左回りのほうが、
コーナリングもスムーズな気がします。

 

6着 チェスナットコート

昨年の5着馬で、
1枠1番と絶好枠を引き当てたチェスナットコート。

天皇賞・春と相性の良い、
ハーツクライ産駒ということで、
穴党には注目の1頭だった感があります。

昨年秋に海外挑戦をしましたが、
結果は13着、14着と大敗。

前走の日経賞も、
疲れが抜けきれず9着と、
近走の成績はさっぱりで、正直言って狙いづらさ満載。

直前のコメントでは、
日経賞を使って状態面は上向き。
昨年と同じくらいじの状態で送り出せる。との話でした。

最内枠を活かして、
先行勢のインベタを確保。

4角で、馬群が凝縮して、
ややごちゃついたものの、
直線を向いてからはもう1回盛り返して、6着。

ほぼロスのない立ち回りでしたし、
力は出し切ったのでは。

 

7着 カフジプリンス

チェスナットコートと同じ矢作厩舎で、
ハーツクライ産駒。

前走の阪神大賞典では、
シャケトラにこそ5馬身差をつけられたものの、
2着を確保。

どっこいどっこいではありましたが、
臨戦過程からは、
チェスナットコートより、
カフジプリンスのほうが、
狙いやすさはありました。

課題としては、瞬発力のなさ。
京都コースに変わって、
どこまでやれるのかが鍵でした。

先行策で、
メイショウテッコンを外から突っつくも、
さほど流れず、4角で早め先頭の積極策。

直線でも脚は使っているものの、
ユーキャンスマイル、チェスナットコートに交わされ7着。

展開が向かなかったとも言えますが、
現状、これくらいの能力だと思います。

 

8着 リッジマン

昨年のステイヤーズステークス勝ち馬。

前走の阪神大賞典では、
展開もかなり厳しかったですし、
ステイヤーズステークス→有馬記念と、
詰めて使った影響もあったのかもしれません。

勝負気配も皆無で、
個人的には、
長距離戦で好成績の蛯名JKが、
どこまで持ってこられるか。といった感じでした。

好スタートを決めるも、
テンが速いわけでもないので、
位置取りは後方のイン。

3〜4角で前と距離を縮めるも、
直線で、あの位置からでは、出番なし。

今後もGⅠの強い相手では、厳しそうです。

 

9着 ケントオー

前走の阪神大賞典は、
勝負どころで躓き、参考外とも取れる一戦でしたが、
さすがに、
GⅠで通用するほどの能力はない。というのが個人的な見解。

結果、
直線でも手応えなく全く見せ場はありませんでした。

最後、バテバテだったので、
今回は距離が長いですね。

2400mまでがギリギリかなと、
個人的には思いました。

 

10着 クリンチャー

昨年の天皇賞・春3着馬ですが、
有馬記念15着、日経賞7着と近走はさっぱり。

有馬記念は海外帰り初戦。
日経賞は叩き台と考えれば、
今回、パフォーマンスを上げてくる可能性は、
十分に考えられました。

ただ、陣営のコメントでは、
昨年ほどの状態面にはないので。。。
と弱気コメント。

追い切りの動きを見ても、
状態面は明らかに良化していましたが、
ワンチャン3着。が個人的な見解でした。

中団馬群の後方、
グローリーヴェイズの内での競馬。

前半はロスのない立ち回りでしたが、
レースが動き出したときに、
チグハグな競馬になり、直線でも見せ場なく大敗。

馬場に関しても、
もう少し時計がかかったほうが良かったのと、
直線手前で、あの位置取りでは、
持ち味を発揮できないですし、
上位馬にうまく乗られた感じですね。

今回、状態面は良かったですし、
本来、ここまで負ける馬じゃないです。

 

11着 メイショウテッコン

昨年の菊花賞は、出遅れが全てで、
ようやく菊花賞上位馬との再戦。

前走の日経賞は逃げ切り勝ちで、
今回も自分のペースで競馬できるかどうか。
その辺りが鍵だったと思います。

ただ、今回は、
レース前のコメントで、
ヴォージュ陣営が逃げ宣言。

そして、早め先頭のロンスパ勝負に持ち込みたい、
エタリオウの存在。

結果、
ヴォージュ陣営は宣言通りの逃げ。

メイショウテッコンはその後ろで、
インベタを追走するかたちでしたが、
直線を向いたあとはズルズル後退。

道中、後ろから、
結構プレッシャーをかけられていたように見えたので、
やはりハナで競馬するのが、
ベストのように感じました。

 

12着 ロードヴァンドール

前走の阪神大賞典では、
自ら作った厳しい流れで粘りこみ3着。

3000mの距離を克服し、
ワンチャンありそうな存在でしたが、
大外枠スタートは大幅な割引き材料で、
今回は他にも、
ヴォージュ、メイショウテッコンと、
前で競馬をしたい馬が揃っていたため、
なかなか厳しいのでは。
と個人的には思っていました。

結果、
宣言通りハナを切ったヴォージュの後ろで、
メイショウテッコンも譲らなかったため、
前半は外を回される格好に。

後半は内に潜り、
番手で競馬をするも、
直線入り口でいっぱいになり後退。

大外枠も響きましたし、
展開面も厳しかった。

斤量面もこたえた印象で、
条件さえ揃えば、今後巻き返しもあると思います。

 

【天皇賞・春2019 レース回顧まとめ】

 

今週は【NHKマイルカップ】の買い目を

◆◇「完全無料で公開!!」◇◆

▼無料登録はこちらです▼

 

以上、天皇賞・春のレース回顧をしていきましたが、
やはり上位5頭は、
今回のメンバーでは、地力が上だった印象で、
4歳勢に関しては、
これからもっと良い馬になると思います。

やはり、現代競馬のGⅠでは、
社台グループの存在は絶大で、
ルメールJKや川田JK、
デムーロJKなどが騎乗する社台系の馬には要注意です。

あとは、
D・レーン騎手が来日早々にバンバン勝っているように、
短期免許の外国人JKにも注意が必要ですね。

ということで、
天皇賞・春のレース回顧を終わりたいと思います。

今後、注目の馬に関しては、
ランキングでご紹介していますので、
そちらも合わせてチェックしてください。

今回は厳しい展開で、度外視可能。

相手関係に左右されやすいが、
自分の競馬に持っていければ、
次走以降、巻き返し十分。

今後、注目の馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

フォロワーさん増えたら嬉しいな( ´∀`)

The following two tabs change content below.

3連複マスター

マイペースに競馬予想してます。 日進月歩。勇往邁進。 ハムスターと生活してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。