レース回顧【ヴィクトリアマイル2019】

Pocket

今回は、ヴィクトリアマイル2019のレース回顧を中心とした記事を書いていきます。

5月12日(日)は、東京競馬場にて、
ヴィクトリアマイルが行われました。

競馬場:東京競馬場
コース:1600m・左回り
条件等:GⅠ、4歳以上、牝馬限定

今回は、5月12日の日曜日に行われた、
ヴィクトリアマイルのレース回顧をしていきたいと思います。

3連複マスターの予想最終印はこちら↓↓

【予想最終印】

◎ ラッキーライラック
◯ プリモシーン
▲ アエロリット
△ レッドオルガ
☆ カンタービレ
× デンコウアンジュ

【買い目】

3連複1頭軸ながし

◎−○▲△☆×−○▲△☆×

消-○-消の決着で、
全くいいとろなし。

ノームコアを軽視して、
やや攻めた予想だったので、
まぁ仕方ないかなと。

前頭解説で詳しく書きますが、
クロコスミアに関しては、
密かに狙ってはいたんですけどね。

デンコウアンジュのほうに、
直前で手が伸びてまいました。
(デンコウアンジュは12着。。。泣)

【無料コンテンツ充実の競馬予想サイト】

毎週1鞍、勝負レースの買い目を公開!!

重賞レースの回顧や、
今週開催されるレースの穴馬を導く「穴馬の法則」など、
そのほかにも無料コンテンツが豊富!!

さらに今週は、

函館記念

3連複勝負馬券を無料公開!

無料登録だけでも、価値ありのサイトです。

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

それでは、
ヴィクトリアマイルのレース回顧をしていきます。

今後の重賞予想にも役立てて頂ければと思います。

 

【ヴィクトリアマイル2019 レース回顧 全頭解説】

 

1着 ノームコア

前走の中山牝馬ステークスでは、
差し損ねて7着と敗れましたが、
勝ち馬とは0.2秒差と差のない競馬。

エリザベス女王杯5着の実績を考えれば、
ここでは地力上位の存在でした。

内枠スタートで、
馬込みの中、中団を追走。

直線で多少ごちゃつきましたが、
前があいてからは、
長くいい脚を使って1着。

レーンJKの手腕もありましたが、
うまくハマった競馬でした。

 

2着 プリモシーン

twitterでもツイートしたように、
前走が8割仕上げで、
ヴィクトリアマイルがメイチ仕上げ。

左回りのマイル戦はベスト舞台で、
陣営サイドも色気たっぷりでした。

道中は、
ノームコアをぴったりマークし、
クビ差の2着。

上位2頭に関しては、
単純に位置取りの差で、
ノームコアと枠順が逆だったら、
着順も逆転していたと思います。

今回がメイチ仕上げだったので、
次走予定の中京記念での取捨は慎重に判断すべき。

 

3着 クロコスミア

追い切りで抜群の気配を見せていたように、
状態面に関しては文句なしだったクロコスミア。

ただ、本質的にマイル戦では、
1ハロン距離が短く、
個人的には掲示板が限界と予想。

先行集団のインをロスなく追走し、
直線で外に持ち出す正攻法の競馬。

上位2頭には決め手で敗れましたが、
ラスト1ハロンで盛り返し、
ラッキーライラックに先着。

今後も内枠スタートなら買い。

 

4着 ラッキーライラック

中山記念の内容が強く、
前走も人気を集めましたが、
馬込みの中でゴチャッとなって完敗。

前走は度外視できる内容だったので、
今回は巻き返し十分と、
個人的には本命印を打ちました。

先行し、クロコスミアの外を追走。
直線に向いてからも手応えは良かったですが、
ラスト1ハロンあたりで、
止まってしまいました。

今回は先行馬が多く、
楽な展開ではなかったので、
同型の少ないレースなら、
チャンスはまわって来ると思います。

 

5着 アエロリット

昨年の同レース4着馬で、
安田記念2着馬。

海外帰り初戦ということで、
状態面はきになるところでしたが、
追い切りの動きを見る限り、
全く問題なさそうで、
いきなりでも十分勝負になりそうな仕上がりでした。

下馬評の予想通り、単騎逃げ。
追い出していった分か、
前半33.7秒のオーバーペースに。

直線でも粘りましたが、
ラスト2ハロンあたりから脚色が鈍り、
なんとか掲示板は確保。

安田記念が本番だったと思うので、
叩き台としては上出来。

 

6着 ミエノサクシード

京都金杯3着、阪神牝馬ステークス3着と、
充実期を迎えた印象のミエノサクシード。

本来、右回りのほうが良い馬だけに、
重賞ともなると流石に厳しい印象だった。

輸送もあまり得意ではないようで、
関係者も「胸を借りるつもりで。」とコメントしていた。

 

7着 サウンドキアラ

デビューから掲示板を外したことがない堅実派で、
1000万下を勝ったばかりの格上挑戦。

さすがに勝負度合いは低く、
さすがに厳しいだろうと個人的には予想。

 

8着 ミッキーチャーム

秋華賞で、アーモンドアイの2着と、
好走歴があるように、
能力面は、ここでも引けを取りません。

陣営サイドが懸念していた点は、
「輸送に弱い」点。

中山牝馬ステークスのときは、
飼い葉も全く食べず、
テンションも上がって競馬にならなかったそう。

プラス体重で出てきてくれれば。
といったところでしたが、
当日の馬体重は前走から増減なし。

 

9着 ソウルスターリング

前走の府中牝馬ステークスで骨折。

今回は骨折明け初戦ということもあり、
状態面は気になるところ。

陣営サイドの話では、
「太め感はなく、息が持つかどうか。」と、
微妙なコメント。

 

10着 レッツゴードンキ

レッツゴードンキに関しては、
まず1つ言えることとしては、
マイル戦では距離が長いということ。

前走の高松宮記念がメイチ仕上げだったそうで、
さすがに上積みは期待できず、
陣営のトーンは低い印象でした。

 

11着 レッドオルガ

姉のレッドアヴァンセが、
昨年3着と好走しており、
下馬評でも人気を集めていました。

陣営も前走は叩き台で、ここが目標。と、
勝ち負けに期待している印象でした。

 

12着 デンコウアンジュ

昨年暮れのターコイズステークスで、
最内から突っ込んできて3着。

前走の福島牝馬ステークスで、
久しぶりの重賞制覇と、順風満帆。

過去に好走歴もあるレースですし、
今回も十分チャンスのある1頭だと、
個人的には予想しました。

 

13着 サトノワルキューレ

この馬にとって、マイルの距離は短い印象で、
2000m〜がベストだと思います。

陣営サイドのコメント的にも、
ハマリ待ちの印象で、
あまり、ここで強気に買うタイプではない印象でした。

 

14着 アマルフィコースト

デビュー当時は、
クラシック候補として注目されていましたが、
気性面に問題があり、
阪神ジュベナイルフィリーズを回避。

フィリーズレビューで落馬、
桜花賞は直前で取り消しと、
調整にかなり苦心した馬です。

クラシックは諦め、
前走の阪神牝馬ステークスで2着に入線し、
今回ようやく、
念願のGⅠの舞台にたどり着きました。

とは言え、
さすがに今回は相手が強すぎる印象で、
陣営サイドも勝負度合いは低め。

 

15着 フロンテアクイーン

なかなか勝ちきれず、
シルバーコレクターの印象が強かった、
フロンテアクイーンですが、
前走の中山牝馬ステークスで、重賞初制覇。

本質的には1800mがベストで、
外枠スタートも割引材料でした。

結果、
なかなか位置に潜ることができず、
終始、外を回り、直線でも伸びを欠きジ・エンド。

枠による不利が大きかったと思います。

 

16着 ワントゥワン

前走は内で詰まって、
不完全燃焼の競馬なので、
度外視できる内容ですが、
後方一辺倒の競馬しかできないタイプで、
今の東京の前残りの高速馬場では、
なかなか厳しい競馬になると予想。

 

17着 メイショウオワラ

時計勝負では分が悪く、
高速馬場は割引ですし、
今回は相手が揃いすぎで、
さすがに厳しいと個人的には予想。

 

18着 カンタービレ

前走の阪神牝馬ステークスでは、
着差0.1秒の6着。

勝負どころで揉まれたことを考えれば、
負けて強しの内容でした。

時計勝負は未知数ですが、
個人的には期待を寄せていた1頭。

 

【ヴィクトリアマイル2019 レース回顧まとめ】

 

今週は【函館記念】の買い目を

◆◇「完全無料で公開!!」◇◆

▼無料登録はこちらです▼

 

ということで、
ヴィクトリアマイルのレース回顧は以上になります。

今週の注目馬をランキングでご紹介していますので、
そちらも合わせてチェックしてください。

今週の注目馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

フォロワーさん増えたら嬉しいな( ´∀`)

The following two tabs change content below.

3連複マスター

マイペースに競馬予想してます。 日進月歩。勇往邁進。 ハムスターと生活してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。