シリウスステークス2017 予想と枠順確定後見解

Pocket

今回は、シリウスステークス2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

上位人気馬がパッとせず、予想が難しいシリウスステークスですが、
バシッと仕留めて、2週連続重賞的中といきたいところでございます。
各馬の最終追い切りも終わり、今朝、枠順も確定しましたので追い切りの内容も含めて、
有力馬を分析していきたいと思います。

 

本題に入る前に、シリウスステークスの過去の傾向をお伝えしておくと、
阪神開催最終週とあって、馬場もかなりタフな馬場になってると思われます。
後方からの追い込みは届かないことが多く、逃げ切りも厳しい傾向。
よって先行馬、好位からの差し馬が比較的有利な傾向にあります。
その点も踏まえて、予想を立てていきたいと思います。

【シリウスステークス2017枠順確定後見解】

 

ミツバ

CW 良 松山 80.8-65.6-51.7-38.0-13.3 一杯

枠順は6枠12番。
調教内容は、前走のほうが間違いなく良かったです。
ここを目標にしてきたようなので、勝負できる状態には持ってきていると思いますが、
時計も今ひとつですし、買い材料が少ないです。
枠順は特に問題ないですが、昨年は最速の上がりを使うものの追い込みが届かず4着。
今年は位置取りと仕掛けのタイミングが課題になりそう。
松山JKも昨年と同じ過ちは犯さないはずですが、軸にはしづらい。

 

 

マスクゾロ

栗坂 良 酒井 52.6-38.5-25.0-12.2 一杯

枠順は3枠6番と好枠に入りました。
力強い走りで、最終追い切りも好時計をマーク。
不安材料としては、酒井JKへの乗り替わりはマイナスですね。
前回の記事でも書いたようにアタマまでは厳しそうな印象。

 

 

モルトベーネ

栗坂 良 Mデムーロ 56.1-40.4-25.5-12.6 馬なり

枠順は2枠3番で少し内に入りすぎたかもしれませんが、
鞍上はデムーロJKなので、うまく捌いてくれるでしょう。
最終追い切りはデムーロJKを背に馬なりで軽い調教。
個人的には、調教の動きがあまり良くは見えなかったので、
重視するつもりはありませんが、消しはしない。

 

 

ピオネロ

CW 良 助手 82.8-67.1-52.7-39.1-12.4 一杯

枠順は7枠13番に入り絶好枠を引き当てました。
調教内容は、1週前と比べて少し物足りないですが好調を維持。
不安材料は、ここまでのローテーションが???っていうのと
追い切りの動きが昨年のほうが良かったので、同じパフォーマンスを発揮できるか疑問が残るところですね。
それでも、出走メンバーの中では上位評価なので馬券は重視していきたいです。

 

 

ドラゴンバローズ

栗坂 良 助手 56.2-41.3-27.0-13.0 G強

枠順は3枠5番と好枠に入りました。
調教内容は、悪くはないですが良くもない印象。
今回は初の重賞挑戦で相手も一気に強くなりますし、胸を借りる立場の身。
メイチ気配も薄いですし、さすがにアタマは厳しいでしょう。

 

【シリウスステークス2017予想 まとめ】

 

調教内容も含めて分析してみましたが、
上位人気馬がパッとせず、荒れる可能性も十分にありそうです。
最終追い切りで動きが良く見えたのは、トップディーヴォ、マインシャッツの2頭。
もし2頭とも馬券に絡んでくるようならデカい回収もあり得ますね!
荒れる可能性も考えて手広く馬券を組んでいく必要がありそうなので、

もう少し考えて、最終結論を出そうと思います。

 

結論が固まりましたら、また投稿しますのでよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!