オールカマー2017予想オッズと出走予定馬分析

Pocket

今回は、オールカマー2017の予想を中心とした記事を書いていきます。
今年のメンツを見てみると、これ!といった馬がいない印象を受けますね。
ステファノスは、典型的な叩き良化型の馬ですし、
タンタアレグリアも療養からの復帰戦でどこまでやれるか。
しかし、オールカマーの過去10年のデータを見てみると、
1番人気の馬は着外が2回だけと堅実な成績を残しており、
比較的1番人気の信頼度は高いレースのようですね。
2番人気以下の信頼度は低く、ちょい荒れ傾向にあります。

今年は、どうなるのか?
それでは早速、出走予定馬を分析していきたいと思います。

【オールカマー2017予想オッズ】

 

1 タンタアレグリア   3.5
2 ステファノス     3.5
3 モンドインテロ    4.7
4 アルバート      5.5
5 ルージュバック    8.8

 

ざっと、ここまでが上位人気に支持されそうな馬たちとなっております。
AJCC以来の復帰戦となるタンタアレグリアが人気を被ってきそうです。
そして、大阪杯でキタサンブラックに着差0.1秒まで迫って強い競馬を見せたステファノス。
札幌日経OPを2連覇したモンドインテロも上位人気に推されそうです。

ここから1頭ずつ分析していきますね。

 

【オールカマー2017出走予定馬分析】

 

タンタアレグリア

AJCCを見事制覇し、今後が期待されていましたが、故障で戦線離脱を余儀なくされました。
満を辞して迎える今回の1戦ですが、休養明けとあって、どこまでやれるかですね。
中団から早い上がりを使ってくる馬なので、
先週同様、差しがある程度決まる馬場なら差し切りもありそうですね。
休養前は菊花賞から掲示板を外していない堅実な走りをしていますし、
力を出せる状態にあれば、勝ち負け。

 

 

ステファノス

過去の実績から見て、このメンツの中では1枚抜けている存在。
大阪杯ではキタサンブラックに着差0.1秒まで迫って強い競馬でした。
久しぶりの中山ですが、中山記念でも好走していますし、コース適性は問題なさそう。
しかし本質的に叩き良化型なので、ここはあきらかに叩き台。

 

 

モンドインテロ

昨年に続き、札幌日経OPを連覇し、今まさに勢いに乗っています。
鞍上がルメールJKから、田辺JKに乗り代わりになりますが、
田辺JKも調子良いですからそこまでマイナスではないと思います。
このメンツでなら、人気して当たり前かなとも思うんですが、
折合い面と、距離適正がどうかですね。

 

 

アルバート

言うまでもないですが、この馬もここでは実績上位。
天皇賞 春以来の実戦になりますが、
休み明けはいつも走りますし、その点は心配してないです。
ですが、ステイヤーなので、2200mはさすがに距離が短いですし、
対応できるかどうか疑問ですね。
陣営的には守備範囲だと言っていますが、
あくまでも今回は叩き台なので軸にはしづらいです。

 

ルージュバック

毎日王冠以降、結果を残せていないルージュバック。
秋の目標はエリザベス女王杯で、この馬も今回はあくまでも叩き台。
戸崎JKから北村宏JKに乗り替わりでメイチ気配は皆無。
差しが決まるようならチャンスはあるかもしれませんが、
あまり買いたいとは思えないですね。

 

【オールカマー2017予想 予想まとめ】

 

ざっと上位人気馬を分析していきましたが、これといった馬がいないので、
少し荒れそうな気もしてきますね。
上位人気馬はどの馬も、休み明けや叩き台で、メイチ気配は薄い。
そうなると、下位人気馬の台頭もアリアリです。
過去の結果からも、下位人気馬が馬券に絡んでくる傾向がありますので、
下位人気馬がひょこっと3着なんてことも十分ありえますね。

 

また枠順確定後にブログ更新しますので、よろしくお願いします!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。