【桜花賞2018】3連複予想 最終追い切り全頭考察

Pocket

今回は、桜花賞2018の最終追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

4月8日(日)は、
阪神競馬場にて桜花賞が行われます。

競馬場:阪神競馬場
コース:1600m・右回り
条件等:3歳牝馬限定戦

週末の関西の天気は雨予報。

1番人気確実のラッキーライラックは、
道悪馬場をこなせるのか。

逆転候補はいるのか。

今回は、
最終追い切りから、
出走予定馬を考察していきたいと思います。

早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

【桜花賞2018 最終追い切り全頭考察】

 

アーモンドアイ

霧のためデータなし

一週前追い切りに続いて、
最終追い切りも濃霧でデータなし。

舞台設定も良いですし、
前走のシンザン記念は稍重馬場でしたが、
見事な末脚でした。

極端な枠でなければ、
崩れることはなさそう。

 

アマルフィコースト

54.5-39.7-25.4-12.2 栗東 坂路 良 馬なり

最終はいつもこれくらいなので、
状態面は問題なさそうです。

ダイワメジャー産駒なので、
道悪はこなしそうですが、
上位勢に逆転は難しいでしょう。

 

アンコールプリュ

54.9-40.5-26.3-12.8 栗東 坂路 良 強め

前走はハイペースで、
展開の恩恵もあったと思いますし、
ハマった印象が強い。

週末の雨もマイナス要素だと思いますし、
個人的には軽視気味です。

鞍上的にもGⅠでは買いづらいですねー。

 

アンヴァル

84.2-66.7-52.3-38.3-11.9 栗東 CW 良 直線強め

最終追い切りは、
未勝利馬にアタマ遅れと、
あまり良い内容ではありません。

前走のフィリーズレビューでは、
直線でスムーズさを欠きましたが、
道中はロスなく周って4着。

1ハロン伸びて逆転は考えづらく、
大きな上積みも感じられません。

今回は、
ちょっと厳しい気がしますね。

 

コーディエライト

51.8-37.9-24.9-12.8 栗東 坂路 良 馬なり

最終追い切りは好時計で、
状態面は今までで一番良さそう。

自分の競馬ができれば、
変わり身はあると思いますが、
この舞台で逃げ切れるとは思えません。

アタマはないと思いますが、
3着に粘り込みならあるかも。

 

スカーレットカラー

51.8-37.9-12.2 栗東 CW 良 馬なり

状態面は問題なく、
力を出せる状態だと思います。

過去にラッキーライラックや、
リリーノーブルと戦って、
善戦していますし、
17番人気は舐められすぎ。

状態面が良さそうなので、
ハマれば出番はあると思います。

 

ツヅミモン

81.4-66.4-51.9-38.7-12.3 栗東 CW 良 馬なり

最終追い切りは時自己ベスト時計で、
しっかりここに向けて作ってきていますね。

大外枠スタートはマイナスですし、
鞍上もGⅠって感じじゃないので、
今回はさすがに消し濃厚。

 

デルニエオール

53.1-38.7-11.7 栗東 CW 良 直線強め

欲を言えばもう少し内枠が良かったですが、
許容範囲だと思います。

阪神コースは舞台設定的に、
悪くないと思いますし、
前走も良い内容の競馬をしていますからね。

フィリーズレビュー組は、
桜花賞でも好走しやすいので、
軽視は禁物だと思います。

 

トーセンブレス

12.9 美浦 南W 良 馬なり

最終追い切りも濃霧のため、
データは乏しいのでなんともいえません。

想定10番人気は、
かなり舐められている印象ですが、
後方脚質なので、
あんまり後ろ過ぎると、
阪神外回りでも届かない。

アーモンドアイよりは、
前で競馬したいですね。

 

ハーレムライン

54.3-39.3-25.7-12.7 美浦 坂路 良 霧のため不明

追い切りの内容は、
目立って良くはないですね。

平凡な追い切り内容だと思います。

舞台設定的にもあまり良くありませんし、
能力面も上位勢には見劣りします。

さすがに、
ここでいきなり逆転はないのでは。

 

フィニフティ

67.3-51.1-37.7-11.9 栗東 CW 良 直線強め

モルトアレグロが回避したので、
フィニフティが繰り上がりました。

前走のクイーンカップでは、
テトラドラクマと、
差のない競馬をしていますし、
能力面はもちろん通用すると思います。

鞍上の伝家の宝刀、
「潜って包まれて道がない。」
だけはやめてほしいですね。

 

プリモシーン

12.5 美浦 南W 良 馬なり

能力的には通用しそうですが、
鞍上が戸崎JKというだけで、
重視はしづらいですね。

関西の競馬場では、
極端に成績が落ちますからね。

舞台設定は悪くないので、
3着くらいあっても不思議じゃないんですが。。

 

マウレア

81.4-66.1-51.8-38.0-12.0 栗東 CW 良 強め

前走時点でかなり仕上げていたはずなので、
大きな上積みは期待できません。

ラッキーライラックや、
リリーノーブルは叩き台仕上げだったので、
ここでマウレアの逆転はどうでしょう。

好勝負にはなると思いますが。

 

ラッキーライラック

84.6-67.1-52.3-38.2-11.6 栗東 CW 良 直線強め

最終追い切りも好内容で、
ここまでの臨戦過程はいたって順調。

週末の雨で馬場が渋ったとしても、
道悪馬場はこなせそうですし、
不安材料があまり見当たりません。

鞍上がGⅠ勝てるのか。
一抹の不安はありますし、
できればこの馬からは入りたくない。

もう少し重箱の隅をつつきたいです。

 

リバティハイツ

54.2-39.4-25.5-12.0 栗東 坂路 良 馬なり

前走のフィリーズレビューでの競馬は、
かなり強かったですし、
ここでも通用する可能性はある。

個人的には、
フィリーズレビュー組を、
軽視するつもりはないので、
抑える予定でいます。

 

リリーノーブル

84.4-66.9-51.3-37.0-11.3 栗東 CW 良 しまい一杯

最終追い切りは、
しまいが抜群の手応えで、
文句なしの仕上がりだと思います。

阪神JFでも、
ラッキーライラックとの差は、
ほとんどありませんでしたし、
一発あるかもしれません。

鞍上も調子良いですし、
スムーズなら好勝負でしょう。

 

レッドサクヤ

67.0-51.5-37.6-11.6 栗東 CW 良 一杯

一週前に引き続き、
追い切りは好内容で良い仕上がり。

全然人気しないと思いますし、
穴として狙ってみるには面白いと思います。

松山JKとは手が合いそうですし、
全てがかみ合えば上位台頭も。

 

レッドレグナント

12.4 美浦 南W 良 馬なり

デムーロJKが乗るので、
想定段階では過剰人気していますが、
舞台設定は良くないですし、
今回はさすがに相手が強いです。

デムーロJKの力だけで、
カバーできるとは思えませんし、
個人的には消したいと思っています。

 

【桜花賞2018 最終追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
桜花賞の出走予定馬全頭の、
最終追い切りを考察していきましたが、
カッチカチの決着もあり得ますが、
ラッキーライラックの逆転候補や、
一発ありそうな穴馬の精査もできてきました。

本当にラッキーライラックが勝つのか。
個人的には疑ってかかっていますし、
僕の中で逆転候補も何頭かいます。

その中でも、
一番逆転できる可能性のある馬は、
ランキングでご紹介します。

前走は明らかに余裕残しでしたし、
最終追い切りの内容からも、
勝負気配がプンプンしています。

正直、ラッキーライラックを負かすなら、
アーモンドアイかこの馬しか考えられません。

スムーズなら勝ち負けできると思います。

ラッキーライラックの逆転候補は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。