【東京新聞杯2019】 3連複予想 出走予定馬最終追い切り考察

Pocket

今回は、東京新聞杯2019の最終追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

2月3日(日)は、
東京競馬場にて、東京新聞杯が行われます。

競馬場:東京競馬場
コース:1600m・左回り
条件等:GⅢ:別定戦

今回は最終追い切りから、
東京新聞杯の出走予定馬を、
考察していきたいと思います。

一週前追い切りや、
レース傾向、先週の馬場傾向に関しての記事も、
合わせてチェックしていただけると、
嬉しいです!!

【東京新聞杯2019】 3連複予想 出走予定馬一週前追い切り考察

 

【東京新聞杯2019】 3連複予想 レース傾向、馬場傾向考察

 

それでは、
早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

東京新聞杯3連複勝負馬券!

>>無料配信決定!<<

万馬券総合研究所の無料登録はこちら!
今週の重賞レースもお任せください!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

 

【東京新聞杯2019 出走予定馬最終追い切り考察】

 

タワーオブロンドン

美坂 良 2回 52.0 37.9 25.0 12.7 馬なり

最終追い切りは、
抜群の動きで状態面は申し分なし。

本質的には、
1200m〜1400mの馬だとは思いますが、
内枠に入ったので、
マイルの距離もこなせそう。

1番展開がハマりそうなのが、
タワーオブロンドンで、
過去の傾向から、
オッズが割れるのであれば、
単複に妙味あり。

ドン詰まりになければ、
勝ち負けだと思います。

 

インディチャンプ

栗坂 良 1回 50.3 36.8 24.4 12.5 一杯

最終追い切りは、
自己ベストをマーク。

動きに関しても悪くないですが、
いい時は、もっといいので、
個人的にはやや物足りなく見えました。

東京コース自体は、こなせると思うので、
展開が向くかどうか。

スローペースでの好走が目立つので、
ペースが流れたときに切れ負けするかも。

 

レイエンダ

美坂 良 2回 52.0 37.7 24.8 12.6 馬なり

最終追い切りは、
自己ベスト時計で、上々な追い切り。

今回はマイルに距離短縮で、
陣営サイド的には、
試走の意味合いもあるし、
あわよくば、賞金を加算したい。

ただ、鞍上の乗り替わりと、
大外枠は割引材料と言わざるを得ない。

マイルがハマるのかどうかも含めて、
不安材料が多い印象で、
想定4番人気なら、
個人的には評価を下げたいです。

 

ロジクライ

栗坂 良 1回 53.3 38.3 24.6 12.3 馬なり

最終追い切りは動きも良く、
マイルCS時から、状態面は上向き。

今回、展開の鍵を握りそうで、
この馬がハナに行くのか、
テトラドラクマが行くのか。

いずれにしても、
スローペースは考えづらく、
平均からややハイペース濃厚。

ペースが流れてくれるなら、
テトラドラクマに行かせても、
この馬にとっては問題ないので、
今回、結構チャンスだと思う。

 

サトノアレス

美坂 良 2回 51.8 37.8 24.7 12.3 馬なり

最終追い切りは好時計をマーク。
動きも抜群の動きで申し分なし。

東京1600mはベストな舞台で、
56kgで出走できるのも魅力。

今回は、
昨年の安田記念ほどの、
ハイペースは考えづらいので、
後ろから外を回す競馬では、
差し届かずも十分考えられる。

最内枠に入ったので、
キャピタルステークスのように、
内をうまく捌ければ、
上位台頭もあると思います。

 

レッドオルガ

栗坂 良 1回 54.6 39.6 25.2 12.3 強目

一週前に自己ベスト時計を出しているので、
最終は軽めの追い切りで終了。

前回の記事でも書いたように、
舞台設定も前走より良いですし、
鞍上も魅力的で手が合いそう。

ただ、牡馬に混じると、
やや足りない感はあって、
ペースも流れると、
あまり良くありません。

理想はスローペースだと思うので、
今回は、人気の割に、
凡走も十分あると思います。

 

ジャンダルム

栗CW 良 83.9 67.8 52.7 38.1 11.8 [7] 馬なり

追い切りは、いつも悪くないんですが、
全然結果が伴わないタイプ。

ただ、ワンターンの東京よりかは、
中山のような、
立ち回り勝負のコースのほうが、
合ってると思いますし、
あんまり買いたくない1頭。

枠も外寄りの枠に入っちゃいましたし、
今回は厳しいと思いますけどね。

個人的には軽視。

 

テトラドラクマ

美坂 良 1回 53.7 38.5 24.9 12.4 馬なり

最終追い切りも平凡ですが、
状態面自体は悪くないと思います。

今回、内枠に入りましたし、
もしかしたら、
この馬がハナに行くかもしれません。

前走は、
休み明け+18kgで、
余裕のある馬体でしたし、
今回、絞れていれば、
ひょっとしたら、
ひょっとするかも。

牡馬に混じったら、
厳しいかもしれませんが、
想定段階では、
人気していないので、
抑えで買うかも。

 

【東京新聞杯2019 出走予定馬最終追い切り考察まとめ】

 

以上、
東京新聞杯の出走予定馬の、
最終追い切りを考察していきましたが、
有力馬に関しては、
今後、大きいところを狙うためには、
早いうちに賞金加算をしておきたいので、
もちろん、ここは勝ちに来ているはずで、
今年のメンバーを見ても、
大荒れは、あまり考えづらい。

ですが、人気薄の馬で、
若干チャンスがありそうな馬もいるので、
そちらは、ランキングでご紹介します。

展開待ちな部分は大きいですが、
ペースが流れれば、
ひょっとしたりするかも。

全然、人気しないと思うので、
やや期待。

最終追い切りから狙ってみたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

予想の最終印はTwitterで公開しています。
ぜひTwitterのフォローもよろしくお願いします!

《今すぐTwitterをフォロー‼︎》

今週は【東京新聞杯】の予想を

◆◇「無料公開!」◇◆

【この機会に体感してみてください!】

▼無料登録はこちらです▼

The following two tabs change content below.

3連複マスター

マイペースに競馬予想してます。 日進月歩。勇往邁進。 ハムスターと生活してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。