【有馬記念2018】 3連複予想 最終追い切り全頭考察

Pocket

今回は、有馬記念2018の最終追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

12月23日(日)は、
中山競馬場にて有馬記念が行われます。

競馬場:中山競馬場
コース:2500m・右回り
条件等:GⅠ:定量戦

今回は最終追い切りから、
有馬記念の出走予定馬全頭を、
考察していきたいと思います。

下馬評では、
完全にレイデオロ1強ムードですが、
太刀打ちできる馬は本当にいないのか。
最終追い切りの考察とともに、
探っていきたいと思います

それでは、
早速、1頭ずつ見ていきたいと思います!

【今週も3連複3点〜15点の勝負馬券を提供】

<<情報提供は先着順になります。>>

※ご登録はお早めに。

⇒ 無料登録はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は【有馬記念】の情報を

◆◇「無料公開!」◇◆

【ご自身で体感してみてください!】

▼無料登録はこちらです▼

 

【有馬記念2018 最終追い切り全頭考察】

 

オジュウチョウサン

美南W 良 67.4 52.0 38.4 12.6 [7] 直強目

最終追い切りも悪くはない内容で、
状態面は特に問題なし。

想定段階では、
思ったほど人気していませんが、
GⅠ馬相手では、
さすがに厳しい競馬が予想されますし、
直線で切れ負けしそうです。

未知の可能性はありますし、
応援したい気持ちはありますが、
個人的には買いません。

 

キセキ

栗CW 稍 68.9 53.1 39.3 11.9 [9] 馬なり

最終追い切りの動きは悪くありませんし、
状態面は、引き続き安定していて、好気配。

近2走は、
ハナで自分のペースに持ち込み、
天皇賞・秋③着、ジャパンカップ②着。

出走メンバーを見渡しても、
レイデオロに先着できる可能性のある、
数少ない内の1頭だと思います。

 

クリンチャー

栗坂 良 1回 54.5 39.3 25.1 12.3 馬なり

最終追い切りは、
明らかに物足りない動きで、
今回は割引が必要だと思います。

海外帰りで、
ローテとしては良くないですし、
上がりのかかる展開が理想で、
キセキの作るペースでは、
厳しい競馬になりそう。

今回は、消しで良いかも。

 

サウンズオブアース

栗CW 稍 49.7 37.1 12.1 [6] 馬なり

追い切りはいつも動くので、
この馬にとってはいつも通り。

過去に好走歴のある舞台ですが、
さすがに巻き返しは考えづらい。

年齢的にも厳しいと思うので、
今回は消しで良いと思います。

 

サクラアンプルール

美南W 良 84.9 69.1 53.6 39.1 12.2 [5] 馬なり

最終追い切りは悪くない動きで、好気配。

キセキが逃げる展開を考えると、
この馬の競馬がハマりそうですが、
上位人気との力差を考えると、
やっぱり厳しいのかなといった印象で、
頑張って掲示板が限界かも。

人気しなさそうなので、
抑えに入れたいとは思っています。

 

サトノダイヤモンド

栗CW 稍 83.4 65.9 51.0 38.0 11.7 [8] 稍一杯

最終追い切りは、
あまり良い動きには見えませんでしたが、
前走よりかはいくらかマシな印象。

京都大賞典時の追い切りが、
かなり良かったので、
その時と比較すると、
今回は全然物足りなく映りました。

前走の走りからも、
今回巻き返しは期待できず、
外国人JKでも厳しいのでは、

ある程度人気はするだろうし、
個人的には消し予定。

 

シュヴァルグラン

栗坂 良 1回 53.8 39.7 25.3 12.5 一杯

最終追い切りは、
前走よりも良く見えましたし、
さすが叩き良化型といった印象を受けました。

今回はボウマンJKが乗ってくれますし、
前走よりかはやれそう。

巻き返しは十分あると思います。

想定3番人気はやりすぎだとは思いますが。

 

スマートレイアー

栗坂 良 1回 53.0 38.1 24.8 12.4 一杯

最終追い切りの動きはややズブい印象で、
年齢的な衰えは否めません。

近走の内容からも、
さすがに厳しいでしょう。

脚質的にも合いませんし、
今回は消しで良いと思います。

 

パフォーマプロミス

栗CW 稍 83.5 66.4 51.1 37.6 11.7 [8] 馬なり

最終追い切りは、
前走時のほうが良かった印象で、
年齢的にもあまり上積みは期待できないかも。

どちらかというと、
脚を溜めて瞬発力勝負のタイプなので、
ステイゴールド産駒らしくないステイゴールド産駒。

キセキが引っ張る展開とは、
噛み合わない印象なので、
能力面だけ考えたら通用すると思いますが、
あくまでも穴馬として狙いたい馬。

 

ブラストワンピース

美南W 良 51.9 37.4 12.8 [5] G前仕掛け

最終追い切りの動きは良かったですし、
菊花賞時同様好気配。
状態面は問題ないでしょう。

新潟記念で古馬を倒し、
菊花賞④着。

綺麗なストライド走法で、
中山へのコース替わりはマイナス。

斤量面も有利ですし、
能力面は通用すると思うが、
凡走も十分あり得る。

 

マカヒキ

栗CW 稍 99.6 83.0 66.7 51.7 37.9 12.3 [4] 馬なり

最終追い切りの動きは、
前走のほうが良く見えましたし、
可もなく不可もなく。

脚質的にも有馬記念では厳しく、
後ろからではまず出番はない。

とはいえ、
前で競馬できるタイプでもないので、
今回は消し。

 

ミッキースワロー

美南W 良 83.8 68.1 52.8 39.0 12.8 [8] 直一杯

最終追い切りの動きは悪くありませんが、
併せた馬も格下ですし、時計も平凡。

中山コースはプラス。

有馬記念は、
位置取りが鍵になるので、
AJCC時のような競馬ができれば、
一発あるかもしれませんが、
3歳の時ほどの勢いはなく、
成長度合いは疑問。

レイデオロとの能力差は否めません。

 

ミッキーロケット

栗坂 良 1回 50.8 37.4 24.7 12.5 一杯

最終追い切りも好時計で、
動きも引き続き好気配を維持。

鞍上も強化し、
陣営サイドも色気たっぷり。

上手く噛み合えば、
レイデオロに先着もあると思います。

 

モズカッチャン

栗坂 良 1回 54.8 40.2 25.7 12.6 馬なり

一週前に自己ベストタイの時計を出しているので、
最終追い切りは軽めで終了。

京都記念では、
レイデオロとハナ差の競馬をしていますし、
京都記念は休み明けのレースで、
体も十分に仕上がっていませんでした。

今回は秋3戦目で、
本質的に叩き良化型ですし、逆転も十分ある。

鞍上もデムーロJKなので、
スムーズなら上位争い。

 

リッジマン

栗CW 稍 53.5 38.4 12.3 [6] 強目

最終追い切りも平凡な内容で、
特に買い材料はありません。

前回の記事でも書いた通り、
今回は厳しいと思うので、
消しで良いと思います。

 

レイデオロ

美南W 良 68.8 52.7 39.2 13.0 [7] 馬なり

最終追い切りも時計は出ていませんが、
いつも通りの動きで、問題ナシ。

前走の天皇賞・秋が、
大目標だったことは間違いないですが、
ここももちろん狙っているでしょう。

ジャパンカップをパスして、
ローテも言うことありませんし、
現状、付け入る隙はない。

スムーズなら崩れないと思いますし、
当日はもっと売れそうですが、
着外は考えづらい。

 

【有馬記念2018 最終追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
有馬記念の出走予定馬全頭の、
最終追い切りを考察していきましたが、
ハッキリ言って、
今年は上位人気での決着の可能性が高く、
配当妙味は薄いと思います。

レイデオロ④着とかなってくれれば、
配当も美味しくなるんですが、
レイデオロが絡んだら、
もうやっすーい配当濃厚ですね。。

ということで、
最終追い切りから狙ってみたい馬は、
ランキングでご紹介します。

前走もそこまで負けていませんし、
M・デムーロ、ボウマンよりはこっち!

最終追い切りから狙ってみたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

予想の最終印はTwitterで公開しています。
ぜひTwitterのフォローもよろしくお願いします!

《今すぐTwitterをフォロー‼︎》

 

有馬記念3連複勝負馬券!

>>無料配信決定!<<

万馬券総合研究所の無料登録はこちら!
今週の重賞レースもお任せください!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

 

The following two tabs change content below.

3連複マスター

マイペースに競馬予想してます。 日進月歩。勇往邁進。 ハムスターと生活してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。