【函館日刊スポーツ杯2018】3連複予想 一週前追い切り全頭考察

Pocket

今回は、函館日刊スポーツ杯2018の一週前追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

7月21日(土)は函館競馬場にて、
函館日刊スポーツ杯が行われます。

競馬場:函館競馬場
コース:1200m・右回り
条件等:3歳以上:定量戦

今回は一週前追い切りから、
函館日刊スポーツ杯の出走予定馬全頭を、
考察していきたいと思います。

出走登録馬16頭中10頭が、
前走TVh杯組ですが、
ハンデ戦のTVh杯と
定量戦の函館日刊スポーツ杯では、
背負う斤量が異なるので、
また結果は変わってくるかもしれません。

その点も踏まえて、
しっかり予想していきたいと思います。

それでは、
早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

【函館日刊スポーツ杯2018 一週前追い切り全頭考察】

 

アマルフィコースト

74.3-57.7-42.9-14.3 函館 W 稍重 馬なり

TVh杯では外を回す競馬で、
正攻法の競馬でしたが、
1、2着馬とは通った進路の差で、
そこまで差はありませんでした。

今回も斤量は変わらず52kgですし、
スムーズなら上位争いできると思います。

 

アルマエルナト

57.8-42.6-13.2 函館 W 良 馬なり 7/15

昨年の函館日刊スポーツ杯2着馬。

昨年はスムーズさを欠いたTVh杯から、
巻き返してきての2着でしたが、
今年は斤量も57kgで、
昨年のような逆転は考えづらいです。

掲示板が限界だと思います。

 

イアペトス

57.5-41.7-13.9 函館 W 稍重 馬なり

今回は前走のTVh杯から、
斤量7kg増の57kgです。

さすがに巻き返しはないでしょう。
個人的には消し予定です。

 

オデュッセウス

一週前追い切りデータなし

今回は前走のTVh杯から、
斤量1kg増の57kgですが、
他と斤量差が少なくなるので、
巻き返しは十分考えられます。

昨年と同じローテですが、
昨年の函館日刊スポーツ杯は、
直線、内で進路がなくなり、
脚を余しての敗戦だったので、
仮にスムーズだったら、
結果は全然違ったと思います。

勝ち切るイメージはありませんが、
3着くらいあるかもしれません。

 

クリーンファンキー

59.1-43.1-13.5 函館 W 良 馬なり 7/15

調教の内容は軽めの内容で、
特に買い材料はありません。

前走のUHB杯は、
ハマった感が強い内容で、
状態面も良かったと思います。

今回も内枠に入れば、
十分チャンスはありますが、
斤量が55kgに戻るので、
アタマはなさそうです。

 

ココファンタジア

69.2-54.0-39.8-12.9 函館 W 稍重 馬なり

前走のTVh杯では、
ロスなくスムーズに回っての7着で、
着差もそこまでありませんし、
悪くない内容でした。

今回、斤量面では、
他馬よりも有利になりますし、
能力差を斤量面で、
どこまで詰められるか。

3着争いはできそうです。

 

コパノチャンス

69.3-52.7-39.5-12.5 函館 W 良 直線強め

前走のTVh杯では、
逃げ切れず、最後に沈みました。

斤量面がアップする今回は、
より厳しい競馬になりそうで、
今回は厳しいと思います。

個人的には消し予定です。

 

スズカアーサー

一週前追い切りデータなし

前走も全く良いところなく、
年齢的にも厳しいと思います。

斤量面も前走から5kg増えますし、
個人的には消し予定です。

 

タイセイスターリー

70.3-54.7-40.0-13.3 函館 W 稍重 馬なり 7/13

前走のTVh杯では、
出遅れて後ろからになりましたが、
最後は伸びて2着と好走。

今回も斤量は変わらず57kgで、
今回のメンバーの中では能力上位です。

岩田JKとの相性も良さそうで、
今回も継続騎乗なら、
上位争いできると思います。

 

ダノンスマッシュ

71.5-55.3-41.6-13.1 函館 W 稍重 馬なり

一週前追い切りは軽めの追い切りで、
特に買い材料はありません。

今回、初の1200mで、
吉と出るか凶と出るか。

折り合い面で、やや難のある馬なので、
その点ではペースが忙しくなる、
1200mはプラスだと思います。

 

ディバインコード

57.7-42.0-14.4 函館 W 稍重 馬なり

一週前追い切りは軽めの追い切りで、
特に買い材料はありません。

能力は今回のメンバーの中では、
1枚上手で、
まともなら勝ち負けだと思います。

鞍上もルメールJKなので、
逆らうのはリスキーだと思います。

 

ナンヨーアミーコ

60.2-42.9-13.7 函館 W 良 馬なり 7/15

一週前追い切りは軽めの追い切りで、
買い材料は特にありません。

今回、休み明けなので、
割引は必要だと思いますが、
能力面は足りると思います。

毎回いい上がりを使う馬なので、
差し脚が生きる展開になれば一発あっても。

 

メイソンジュニア

57.2-42.1-13.7 函館 W 稍重 馬なり

前走のTVh杯でも大敗していますし、
さすがに厳しいでしょう。

出てきたとしても、
消しで良いと思います。

 

モズスーパーフレア

67.7-54.1-40.7-13.3 函館 W 稍重 強め

前走も勝ち負けしていますし、
小回りの1200mは得意舞台です。

今回も斤量は軽いですし、
まともなら好勝負になると思います。

最終追い切りに注目です。

 

ヤマカツグレース

54.6-39.3-12.5 函館 W 良 馬なり 7/15

前走のTVh杯では負けすぎですし、
巻き返しは考えづらいです。

さすがに厳しいと思うので、
個人的には消し予定です。

 

ラズールリッキー

55.2-39.8-26.4-13.3 美浦 坂路 稍重 馬なり

昨年と同じローテですが、
昨年も凡走しています。

能力面を考えても、
今回は足りないと思いますし、
厳しいでしょう。

個人的には消し予定です。

 

【函館日刊スポーツ杯2018 一週前追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、

函館日刊スポーツ杯の出走予定馬全頭の、
一週前追い切りを考察していきましたが、
比較的上位人気の決着になりそうですが、
紐荒れの可能性はありそうです。

想定段階で二桁人気の馬は、
さすがに厳しそうですが、
中穴人気の何頭かには、
十分チャンスがありそうです。

ということで、
中穴人気から狙ってみたい馬は、
ランキングでご紹介します。

中穴人気から狙ってみたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!