【優駿牝馬(オークス)2018】3連複予想 一週前追い切り全頭考察

Pocket

今回は、優駿牝馬(オークス)2018の一週前追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

5月20日(日)は東京競馬場にて、
優駿牝馬(オークス)が行われます。

競馬場:東京競馬場
コース:2400m・左回り
条件等:3歳:牝馬限定戦

今週のGⅠは、
再び3歳クラシックシリーズです。

優駿牝馬と書いて、そうオークスです!

アーモンドアイや、
ラッキーライラックなどの桜花賞組と、
サトノワルキューレなどの、
別路線組の激突レースとなりますが、
果たして、
どの馬が優駿牝馬に輝くのでしょうか。

今回は一週前追い切りから、
出走予定馬全頭を、
考察していきたいと思います。

先週は、
ヴィクトリアマイルで、
馬単、馬連で大回収に成功しましたので、
この勢いそのままに、
突っ走っていきたいと思います。

それでは、
早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

【優駿牝馬(オークス)2018 一週前追い切り全頭考察】

 

アーモンドアイ

82.3-66.6-52.0-38.4-12.6 美浦 南W 重 馬なり

一週前追い切りは、
ルメールJKが跨って好内容。
時計もこれだけ出れば十分でしょう。

前走の桜花賞は外からぶっ差して圧勝。
距離延長はプラスに働きそうで、
1番人気でも逆らいようがなさそう。

スムーズなら勝ち負けだと思う。

 

ウインラナキラ

一週前追い切りデータなし

近走の走りを見ても、
GⅠともなるとさすがに足りない。

距離延長もプラスとは言えませんし、
上位争いは厳しいと思いますね。

 

ウスベニノキミ

57.1-41.1-25.9-12.7 栗東 坂路 不良 一杯

一週前追い切りは、
馬場が悪かったとはいえ、
良い内容とは言えません。

前走はサトノワルキューレに完敗で、
ここで逆転は考えづらい。

後ろからの競馬ではまず無理なので、
ある程度の位置で競馬したいですね。

一発なくもないですが、
あんまり強気には買えませんね。

現段階では軽視気味。

 

オールフォーラヴ

65.0-49.8-36.4-11.6 栗東 芝 重 強め

一週前追い切りは、
なかなか良い内容だと思います。

能力面的には通用すると思いますし、
馬場も先週同様の馬場なら味方しそうです。

乗り替わりはマイナスですが、
前々で運べばチャンスはあるかも。

 

オハナ

73.0-57.7-43.0-14.5 美浦 南W 稍重 馬なり

一週前追い切りからは、
特に買い材料はありません。

距離延長はマイナスだと思いますね。

ちょっと今回は厳しい気がします。
乗り替わりもマイナス。

 

カンタービレ

84.6-67.4-52.3-37.9-11.9 栗東 CW 不良 やや一杯

一週前追い切りは悪くないですね。

デムーロJKが、
サトノワルキューレに乗るので、
田辺JKに乗り替わりになります。

それでも能力面は通用すると思うので、
穴を開ける可能性はありそう。

東京開催で、
田辺JKはあまり良くありませんが。。

 

ゴージャスランチ

一週前追い切りデータなし

距離延長は問題なさそうで、
想定段階の人気はなさすぎでは。

横山典JKが継続騎乗しますし、
個人的には東京コースも良いと思う。

 

サトノワルキューレ

85.1-67.9-52.8-38.3-11.9 栗東 CW 不良 馬なり

一週前追い切りは、
やや一杯のカンタービレに、
馬なりで先行し先着と好内容。

デムーロJKというだけで人気しますが、
前走も最速の上がりで、
突っ込んできましたからね。

普通に強いと思います。

残念ながら軽視はできないですね。。。

 

サヤカチャン

一週前追い切りデータなし

距離延長はマイナスで、
ここで変わり身があるとは、
ちょっと考えづらい。

今回はすんなりハナに立てそうだが。

 

トーセンブレス

83.2-68.5-53.9-39.6-13.6 美浦 南W 重 G前仕掛け

一週前追い切りはビミョーですね。。
馬場が悪かったので、
一概に悪いとは言えませんが、
ちょっと時計が物足りないです。

桜花賞は万全の仕上げで、
上位3頭には歯が立たず4着でした。

内容としては良かったと思いますし、
2400mに伸びる今回は、
逆転の可能性も十分あるでしょう。

脚質的にも、
舞台設定は良いと思うので、
前走のダメージさえなければ好勝負。

 

トーホウアルテミス

一週前追い切りデータなし

初めての東京コースなので、
輸送や適性等、課題は多い印象。

能力面的にも微妙で、
今回はちょっと相手が強い気がします。

現段階では軽視気味です。

 

パイオニアバイオ

86.0-70.0-54.6-40.1-13.3 美浦 南W 重 しまい一杯

一週前追い切りは、
こちらも微妙な内容で、
しまい重点の追い切りの割には、
しまいの時計が遅いです。

前走にサトノワルキューレと、
着差なしの競馬をしていて、
想定段階で9番人気。

距離は伸びたほうが良いと思いますし、
今回も好走する可能性はある。

 

マウレア

68.3-53.6-39.8-12.7 美浦 南W 重 馬なり

一週前追い切りはまずまずで、
馬なりでこれくらいの時計なら、
問題ないと思います。

鞍上が武豊JKということもあって、
人気先行型の馬ですが、
距離延長自体は、
あまり良くないと思いますね。

マイルくらいのほうが、
この馬には合っている気がしますし、
2400mは長すぎでは。

現状あんまり買いたくないですね。

 

ラッキーライラック

81.1-65.4-50.9-37.8-11.8 栗東 CW 不良 一杯

一週前追い切りは好時計で、
状態面は悪くないと思いますね。

前走は圧倒的1番人気ながら、
アーモンドアイに完敗。

今回逆転できるかと言われると、
それは限りなくゼロに近いと思います。

そもそも、
筋肉のつき方がマイラーですし、
距離が伸びて、
さらに良さが出るタイプではない。

強いのは認めますが、
適性面を考えると今回は信用できません。

 

ランドネ

53.7-39.1-25.6-12.7  栗東 坂路 不良 馬なり

一週前追い切りは好時計で、
状態面は良いと思います。

2走前に初めて控える競馬をして、
道中かかってしまい凡走。

ですが、
前走はその辺りを修正してきて、
楽勝勝ちと成長を窺わせましたね。

今回もチャンスはありそうですが、
前に行きたい馬が多いので、
揉まれた場合どうか不安はある。

 

リリーノーブル

54.5-39.9-25.4-12.0 栗東 坂路 不良 しまい一杯

一週前追い切りは悪くないです。
状態面は特に問題なさそう。

前走の桜花賞では、
自信ありありの軸にしましたが、
結果は3着止まり。

現状ラッキーライラックや、
アーモンドアイに逆転は厳しく、
距離が伸びるのも歓迎とは言えません。

ラッキーライラック同様、
今回は押し出されての人気で、
怪しいと思いますね。

 

レッドサクヤ

97.0-80.0-64.5-50.8-37.9-12.1 栗東 CW 不良 しまい強め

一週前追い切りは好時計で、
状態面は良いんじゃないでしょうか。

舞台設定は悪くありませんが、
距離延長は正直マイナスでは。

追い切りも良いですし、
素質はある馬なので、
軽視は危険ですが、
今のところなんとも言えません。

 

ロサグラウカ

85.0-68.4-53.7-39.9-12.9 美浦 南W 重 G前仕掛け

一週前追い切りは、
馬なりのレッドファルクスに先着。

距離は問題ないと思いますが、
能力面は足りないです。

東京コースも初出走ですし、
あまり買いたいとは思わないですね。

 

【優駿牝馬(オークス)2018 一週前追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
オークスの出走予定馬全頭の、
一週前追い切りを考察していきましたが、
なかなか混戦模様で、
現段階では絞りきれませんね。

想定段階で、
人気がなさすぎる馬もいますし、
ヴィクトリアマイルの、
ジュールポレールのように、
当日、人気の盲点になった馬が、
穴を開ける可能性も十分にありそう。

ということで、
オークスの穴馬候補は、
ランキングでご紹介します。

前走は相手関係にも恵まれましたが、
今後に繋がる内容でした。

想定段階では、
全然人気していませんし、
ちょっと狙い過ぎかもしれませんが、
追い切りも良かったので、
一発の可能性は秘めていると思います。

前走の経験が、
今回に生きるかもしれませんし、
最終追い切りに注目したい1頭。

オークスの穴馬候補は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。