【中日新聞杯2018】 3連複予想 最終追い切り全頭考察

Pocket

今回は、中日新聞杯2018の最終追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

12月8日(土)は、
中京競馬場にて中日新聞杯が行われます。

競馬場:中京競馬場
コース:2000m・左回り
条件等:GⅢ:ハンデ戦

今回は最終追い切りから、
中日新聞杯の出走予定馬全頭を、
考察していきたいと思います。

昨年の中日新聞杯覇者、
メートルダールをはじめ、
勢いのある3歳勢からは、
ギベオン、グレイルの2頭が出走予定。

出走メンバーの能力面は拮抗しており、
波乱の決着もありそうな、
今年の中日新聞杯。

果たして、
今年はどの馬が制するのか。
注目の1戦です。

早速、1頭ずつ見ていきましょう!

阪神ジュベナイルフィリーズ
3連複勝負馬券!

>>無料配信決定!<<

※残り30名様限定募集です!
お早めにご登録ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■■近走の的中実績がこちら■■

12/2・中京10R 鳥羽特別
[3連単:179,460円 的中!]

11/25・京都11R オータムリーフS
[3連単:104,000円 的中!]

11/18・福島11R 福島民友カップ
[3連単:98,480円 的中!]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

万馬券総合研究所の無料登録はこちら!
今週の重賞レースもお任せください!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

 

【中日新聞杯2018 最終追い切り全頭考察】

 

アメリカズカップ

栗坂 良 1回 51.7 38.2 25.3 12.9 一杯

最終追い切りは好時計をマーク。

前走はやや時計のかかる馬場ではあったが、
良馬場であそこまでやれた点は評価すべき。

先週も例年より時計のかかる馬場でしたし、
ここでもチャンスはありそうです。

 

エテルナミノル

栗CW 良 82.4 67.0 53.4 40.2 13.0 [8] 馬なり

最終追い切りは平凡な内容で、
前走からの大きな上積みは感じられません。

前走は前が止まらない展開で、
全く出番はなかったが、
今回も後ろからでは厳しそうで、
とにかくゲートを決めることが課題。

ゲートが決まって、
前のほうで競馬できれば、
通用しない相手関係ではないです。

 

エンジニア

美南W 良 82.3 66.5 51.6 37.7 13.3 [5] 馬なり

前走のアルゼンチン共和国杯が、
メイチ仕上げだっただけに、
上積みは期待できません。

前走は緩んだペースで、
展開が向かなかったので、
やはりベストは1800〜2000m。

後方からの上がり勝負では分が悪いので、
先行策が理想。

 

ギベオン

栗CW 良 82.8 66.1 50.3 36.9 11.8 [7] 稍一杯

最終追い切りは好内容で、
状態面は良さそうです。

昨年このレースを勝っているC・デムーロJKが、
手綱を取るということで、
想定段階では1番人気。

前走は距離が長すぎたのか、
直線では全く手応えがなく、
ズルズル後退。

今回は距離を短くして、仕切り直し。

消しはリスキーかなとは思います。

 

グレイル

栗CW 良 82.4 66.9 51.8 37.8 12.3 [5] 直強目

最終追い切りは悪くないですが、
絶好調時と比較すると、
時計は見劣りしてしまいます。

鞍上の乗り替わりも大幅マイナスで、
想定段階で2番人気はやりすぎでは。

セントライト記念は、
岩田JKの好騎乗だったので、
今回は嫌ってもいいかも。

 

ショウナンバッハ

美南W 良 54.2 38.5 13.3 [5] 馬なり

最終追い切りはいつも通りの内容で、
可もなく不可もなくな内容。

昨年のこのレースは、
4着と好走しましたが、
直線でヨーイドンの展開も味方しての4着。

今年も同じ展開になれば、
チャンスはあると思いますが、
前走の内容が不甲斐ないのと、
さすがに年齢的衰えもあるかと。。。

 

スズカディープ

栗CW 良 84.8 67.8 52.1 38.2 12.5 [9] 稍一杯

ハンデ戦と言えど、
重賞では相手が強すぎます。

さすがに厳しいと思うので、
今回は消し。

 

ストロングタイタン

栗坂 良 1回 51.6 37.7 24.5 12.2 強目

最終追い切りは好時計で、
状態面は問題なさそう。

前走はレース中に心房細動を発症し、
仕方のない敗戦。

今回はトップハンデですが、
巻き返しは十分あると思います。

鞍上も調子良いので、軽視は怖い。

 

ドレッドノータス

栗CW 良 84.9 69.0 54.1 39.5 11.9 [7] 強目

最終追い切りは好時計で、
引き続き状態面は良さそうです。

先行力は魅力で、
アンドロメダステークス組の中では、
力が1枚上手。

3連勝も十分射程圏内ですが、
鞍上の乗り替わりが微妙。。。

 

ハクサンルドルフ

栗CW 良 89.3 71.4 55.1 40.1 12.1 [6] 馬なり

最終追い切りは軽めの追い切りですが、
状態面は悪くなさそう。

後方脚質で、
中京2000mという舞台は、
舞台設定的には良くありません。

鞍上も乗り替わりは大幅なマイナスで、
陣営の勝負度合いは低い印象。

ハマれば出番はあると思うが、
個人的にはあまり買いたくない。

 

マイスタイル

栗坂 良 1回 53.5 37.5 24.2 12.3 馬なり

最終追い切りは馬なりで、
これくらい時計が出れば全然問題なし。

今回は同型不在で、
すんなりハナで競馬ができそう。

楽逃げできれば、
行った行ったも考えられますし、
今回は絶好のチャンスでは。

鞍上も乗りなれているし、
注目の1頭。

 

マサハヤドリーム

栗坂 良 1回 59.0 41.8 26.7 13.4 馬なり

本追い切りは日曜日で、
直前は軽めの調整で終了。

極端にペースは速くならなそうなので、
後方からの競馬ではまず届かないでしょう。

中団で競馬をしてどこまでやれるか。

舞台設定は良くないので、
あまり過度な期待はできません。

頑張って掲示板止まりか。

 

メートルダール

美南W 良 69.3 53.5 39.4 12.8 [6] 直強目

昨年の勝ち馬で、
コース適性は間違いない。

今回のメンバーの中では、
実績が一枚上手の存在ではあるが、
今年はトップハンデを背負いますし、
昨年とは立場が違う。

昨年ほどの勝負気配はありませんし、
買っても抑えまで。

 

レイホーロマンス

栗坂 良 1回 54.3 39.0 24.9 12.4 馬なり

一週前にビッシリやっているので、
直前は軽めの追い切りで終了。

前走は完全に力負けで、
やはりハンデ戦でこその馬。

ですが、
今回、鞍上の乗り替わりはマイナスで、
牡馬相手では厳しいかも。

人気しないなら、
抑えてもいいかもしれませんが。

 

【中日新聞杯2018 最終追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
中日新聞杯の出走予定馬全頭の、
最終追い切りを考察していきましたが、
そもそも、
ここをメイチに作ってきている陣営は皆無。

能力面も拮抗していますし、
少しの要因で着順は簡単に入れ替わりそう。

人気薄の台頭も十分にありそうですね。

ということで、
最終追い切りから狙ってみたい馬は、
ランキングでご紹介します。

最終追い切りから狙ってみたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

予想の最終印はTwitterで公開しています。
ぜひTwitterのフォローもよろしくお願いします!

《今すぐTwitterをフォロー‼︎》

 

今週は【阪神JF】の予想を

◆◇「無料公開!」◇◆

【この機会に体感してみてください!】

▼無料登録はこちらです▼

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。