【ターコイズステークス2018】 3連複予想 一週前追い切り全頭考察

Pocket

今回は、ターコイズステークス2018の一週前追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

12月15日(土)は、
中山競馬場にて、
ターコイズステークスが行われます。

競馬場:中山競馬場
コース:1600m・右回り
条件等:GⅢ:牝馬限定ハンデ戦

今回は一週前追い切りから、
ターコイズステークスの出走予定馬全頭を、
考察していきたいと思います。

今年のターコイズステークスは、
昨年の1着〜3着馬に加え、
3歳勢からは、
関屋記念を制したプリモシーンをはじめ、
なんと5頭が出走予定。

3年前は295万円の払い戻しと、
大波乱決着となったターコイズステークス。

今年はどの馬が制するのか。

しっかり予想していきたいと思います。

それでは、
早速、1頭ずつ見ていきましょう!

朝日杯フューチュリティステークス3連複勝負馬券!

>>無料配信決定!<<

※残り30名様限定募集です!
お早めにご登録ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■■近走の的中実績がこちら■■

12/2・中京10R 鳥羽特別
[3連単:179,460円 的中!]

11/25・京都11R オータムリーフS
[3連単:104,000円 的中!]

11/18・福島11R 福島民友カップ
[3連単:98,480円 的中!]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

万馬券総合研究所の無料登録はこちら!
今週の重賞レースもお任せください!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

 

【ターコイズステークス2018 一週前追い切り全頭考察】

 

アイライン

美南W 稍 69.7 54.2 39.0 12.8 [5] 一杯

一週前追い切りの全体時計は、
物足りない時計ですが、
コンスタントに使われてきて12戦目ですし、
良い意味で状態面は平行線。

位置を取りに行くと終いが甘くなるので、
本質的には、
後方でじっくり脚を溜める競馬が理想ですが、
中山1600mで後方一気は不利。

前走から斤量+2kgはマイナスですし、
中山の急勾配も割引き。

平坦な東京や京都のほうが合うと思います。

 

アンコールプリュ

栗CW 良 84.8 68.7 52.6 38.2 11.6 [7] 一杯

追い切りはいつも走るので、
及第点の追い切り内容。

前走は度外視したとしても、
フィリーズレビュー以降パッとしない。

今回も距離は長いかもしれませんし、
気性面も課題が残るので、
とてもじゃないが買いづらい。

鞍上的にも買いづらいですし、
さすがにここまで印は回せません。

 

カイザーバル

栗坂 良 1回 53.4 39.3 25.7 12.9 馬なり

坂路での追い切りは前走同様の内容で、
状態面は引き続き良さそう。

前走の内容も強かったですし、
前走くらい走れれば、
重賞でも通用すると思います。

中山コースは初出走ですが、
阪神1600mと相性が良いので、
初出走でもこなせるのでは。

 

カワキタエンカ

栗坂 良 1回 57.5 41.5 26.3 12.8 馬なり

一週前はいつも時計を出さないので、
いつも通りの追い切り内容。

おそらく今回のペースを握るであろう、
カワキタエンカですが、
ヴィクトリアマイル、府中牝馬ステークスでは、
ぶっ飛ばして自爆の競馬になってしまった。

気性面に課題があり、
今回もぶっ飛ばすかもしれません。

中山牝馬ステークスの時のように、
4角で引きつける逃げができれば強いが、
こればっかりは蓋を開けてみないと分からない。

前走のJBC出走も余計なローテで、
消したいが消しづらい存在であるのは確か。

 

キョウワゼノビア

栗坂 良 1回 52.6 38.6 24.8 12.3 一杯

一週前追い切りは好時計で、
状態面は前走以上かもしれません。

前走の府中牝馬ステークスは、
力負けの印象ですが、
カワキタエンカの爆走に付き合い過ぎたのと、
距離が長すぎたのも敗因。

今回はマイルに距離を短縮してきましたが、
重賞では厳しい気がします。

 

ディメンシオン

栗坂 良 1回 52.3 38.1 24.3 12.0 一杯

一週前追い切りは好時計で、
状態面に関しては問題なし。

左回りコース主体で使われてきましたが、
前走のトルマリンステークスで、
右回りコースも克服し、目下3連勝中。

ただ、
やはり左回りのほうがスムーズで、
今回は、右回り+トリッキーな小回りコース。

気性も荒いタイプですし、
期待を裏切る可能性も高い。

今回は陣営としても、
挑戦の意味合いのほうが強いのでは。

 

デンコウアンジュ

12/9(日) 栗P 良 57.4 42.7 13.9 [7] 馬なり

一週前追い切りは、
ポリトラックでの追い切りで、
時計も平凡な内容。

前走も勝ち馬との着差は0.1秒で、
牝馬限定戦の今回は前進可能。

昨年のターコイズステークス3着馬ですし、
想定段階の人気は舐められすぎでは。

ハマれば上位争いも十分あると思います。

 

ハーレムライン

12/7(金) 美坂 稍 2回 56.5 41.0 26.2 12.3 馬なり

金曜日の時計ですが、軽めの調教で終了。

前走は負けすぎで、
牝馬限定戦とはいえ、
さすがに重賞では厳しいのでは。

個人的には消しで良いと思います。

 

フローレスマジック

美南W 良 54.6 39.2 12.7 [3] 馬なり

一週前追い切りはいつもの時計で、
可もなく不可もなく及第点。

2連勝中で鞍上は引き続きルメールJK。

先行力は魅力で、
過去2戦も危なげない勝ち方で圧倒。

想定段階でも1番人気ですが、
有力の1頭とみて良いと思います。

割引き要素を挙げるとすれば、
これまで外を回す競馬しかしていないので、
多くの馬が前に行きそうな今回、
展開次第では不利になる可能性も。

絶対的信頼は置けないですし、
当日も人気するでしょうし、軸には不向き。

 

フロンテアクイーン

美坂 稍 1回 51.8 37.9 25.0 12.8 強目

一週前追い切りの全体時計は好時計ですが、
終いが甘くなり、格下相手に0.4秒の遅れ。

昨年のターコイズステークス2着馬で、
実績だけならメンバートップクラス。

メンバー的に重賞を勝つには、
絶好のチャンスではあるが、
追い切りの内容から、
現段階では軸にしづらい。

最終追い切りに注目。

 

プリモシーン

美南W 良 54.7 39.4 12.9 [5] 馬なり

一週前追い切りは平凡な内容で、
デキ落ちの可能性も一考。

メイチは間違いなく秋華賞で、
今回は状態面も怪しい。

関屋記念では軽斤量の恩恵もあり、
55kgの今回は試金石の一戦でしょう。

鞍上強化でどこまでやれるのか。
想定2番人気は過剰人気だと思いますが。

 

ベルーガ

栗坂 良 1回 54.7 39.0 24.7 11.8 一杯

一週前追い切りは好内容で、
前走からの上積みも感じられます。

一つ叩いて、状態面は上昇気配。

アイラインとは大きな差はありませんし、
前走の着差は逆転は可能。

ファンタジーステークスで、
アマルフィコーストに勝っているなら、
ここでも通用していいのでは。

 

ミエノサクシード

栗CW 良 85.4 68.6 53.0 38.7 11.4 [8] 一杯

一週前追い切りは好内容で、
引き続き状態面は良さそうです。

中山のイメージはありませんが、
前走もそうですが、
阪神1600mでの好走歴もありますし、
急坂はこなせると思います。

ゲートがへたっぴなので、
出遅れて大外ぶんまわしになると、
上位台頭は厳しいと思います。

現段階では軽視気味。

 

ミスパンテール

栗CW 良 83.1 66.7 51.4 37.8 12.3 [8] 馬なり

一週前追い切りは好内容で、
状態面に関してはいつも通り問題なし。

昨年のターコイズステークス優勝馬。

昨年は53kgの軽斤量だったが、
今年はトップハンデの56kgで、
やや割引きは必要。

当日のテンションは課題ですが、
能力はメンバー上位なので、
力を出し切れさえすれば、
馬券圏内も十分あると思います。

 

リエノテソーロ

美南W 良 69.5 54.7 40.3 13.5 [7] G前仕掛け

一週前追い切りは平凡な内容で、
可もなく不可もなくな内容。

昨年のターコイズステークスでは、
勝ち馬と僅差の6着と善戦しましたが、
ハナに立ち平均ラップを刻んでのもの。

今年のヴィクトリアマイルで、
カワキタエンカに付き合いすぎて大敗したように、
ハイペースのタフな競馬は不得意。

他の出走メンバーと比較すると、
決め手に欠けますが、
平均ラップで紛れがあれば、
台風の目になる可能性も。

 

リナーテ

栗坂 良 1回 52.8 37.9 24.6 12.4 馬なり

一週前追い切りは好内容で、
先週にも好時計を出しており、
目下絶好調。

2連勝中の上がり馬ですが、
これまで使ってきたレースが、
高低差の少ない平坦なコースばかりで、
中山の急勾配で、
パッタリ脚が止まる可能性もある。

軽斤量と鞍上は魅力的ですが、
坂のあるコースはいかにも合わなそう。

 

リバティハイツ

栗坂 良 2回 54.1 38.8 25.2 12.4 一杯

一週前追い切りは、
いつもこれくらいなので、
いい意味でいつも通り。

2000mは長いと判断し、
秋華賞をパスしてマイル路線へ切り替え、
今回が試金石の一戦。

中山コースは合いそうですし、
プリモシーンよりかは、
こっちのほうが面白そうです。

鞍上も魅力的ですし、
現段階では重視予定。

 

レッドオルガ

栗坂 良 1回 52.2 37.5 24.2 12.5 一杯

一週前追い切りは、
C・デムーロJKが跨り、
全体時計は自己ベストをマーク。

中山の急坂も対応可能で、
何と言っても鞍上がC・デムーロJK。

能力面も今回のメンバーなら、
通用してもおかしくないので、
現段階では抑え予定。

 

【ターコイズステークス2018 一週前追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
ターコイズステークスの出走予定馬全頭の、
一週前追い切りを考察していきましたが、
大混戦で、予想は超難解ですね。

中山1600mというコース自体、
荒れやすいコースで、
上位条件になればなるほど、
直線で内がごちゃつきやすく、
紛れが起きやすいんですよね。

とはいえ、
最後の直線は短いので、
外を回しての直線一気はあまり通用せず、
後方脚質の馬達は、
早めに動いて捲って上がっていくか、
馬群の中を割って差す競馬が理想。

今回のメンバーにそれをできる馬はいるのか。

そのあたりは、
枠順が出てから出てからでないと、
なんとも言えませんが、
一週前追い切りから狙ってみたい馬は、
ランキングでご紹介します。

一週前追い切りから狙ってみたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

予想の最終印はTwitterで公開しています。
ぜひTwitterのフォローもよろしくお願いします!

《今すぐTwitterをフォロー‼︎》

 

今週は【朝日杯フューチュリティステークス】の予想を

◆◇「無料公開!」◇◆

【この機会に体感してみてください!】

▼無料登録はこちらです▼

The following two tabs change content below.

3連複マスター

マイペースに競馬予想してます。 日進月歩。勇往邁進。 ハムスターと生活してます。