【アルゼンチン共和国杯2018】 3連複予想 一週前追い切り全頭考察

Pocket

今回は、アルゼンチン共和国杯2018の一週前追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

11月4日(日)は、
アルゼンチン共和国杯が行われます。

競馬場:東京競馬場
コース:2500m・左回り
条件等:GⅡ:ハンデ戦

今回は一週前追い切りから、
アルゼンチン共和国杯の出走予定馬全頭を、
考察していきたいと思います。

昨年はスワーヴリチャードの圧勝劇で、
非常に盛り上がったアルゼンチン共和国杯ですが、
今年は少し寂しい頭数になりそう。

それでも、
アルバートやガンコ。
パフォーマプロミス、ノーブルマーズと、
日本競馬を代表するステイヤーが揃いました。

果たして、
今年はどの馬が制するのでしょうか。

早速、1頭ずつ見ていきましょう!!

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━
優良予想サイトOASISが無料会員募集を再開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料会員登録を打ち切っていた、
OASISの無料会員登録が再開となりました!

※今月は限定100名様のみ。

先着順での申し込み受付となっております!!
(すでに受付終了していたらごめんなさい。)

ーー【近走の的中実績】ーーーーーーーーー

10/21・京都11R 菊花賞
[3連単:1,005,900円 的中!]

10/13・新潟07R 3歳上500万
[3連単:1,581,900円 的中!]

10/09・阪神10R ムーンライトハンデ
[3連単:290,070円 的中!]

◆他的中実績は下記リンクから閲覧可能◆
OASISの的中実績はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は無料登録で「JBCクラシックの予想」も公開することが決まっています!

↓ 無料登録 ↓

今週の重賞レースの無料予想を今週から受け取る

 

【アルゼンチン共和国杯2018 一週前追い切り全頭考察】

 

アルバート

美南W 良 69.6 54.8 39.6 13.5 [5] 馬なり

一週前追い切りはいつも通りの時計ですが、
前走からの上積みは感じられません。
むしろ状態面は前走のほうが良いかも。

今回はモレイラJKから田辺JKにテン乗り。
しかも昨年と一緒で斤量は58.5kg。

勝ち切るイメージは湧きませんし、
本番は次だと思います。

人気するなら嫌いたいですね。

 

ウインテンダネス

栗CW 良 86.4 70.0 54.5 40.4 11.8 [9] 稍一杯

一週前追い切りは時計こそ平凡ですが、
終いの伸びは良い内容。

前走は大逃げで、
粘り込みを計りましたが、
純粋に相手が強かった。

今回は目黒記念を制した舞台で、
上がり決着は歓迎組。

目黒記念よりも、
斤量が2kg増えるので、
条件は悪くなりますが、
前走よりは前進がありそう。

 

エンジニア

美坂 稍 2回 51.4 38.0 25.4 13.3 馬なり

一週前は好時計ですが、
比較的攻め駆けする馬なので、
及第点の追い切り内容。

距離延長はプラスとは言えませんが、
高速馬場は対応できるでしょう。

上位人気馬との能力差はありますが、
斤量差を生かせればワンチャンあっても。

 

ガンコ

栗坂 良 1回 53.8 38.6 25.0 12.4 強目

一週前は悪くない内容で、
状態面は問題なし。

元々、ダートを主戦にしていた馬だけあって、
タフな馬場が理想で、
上がり勝負の今の東京は不向き。

3番人気はやりすぎで、
直線で切れ負け濃厚。

鞍上の乗り替わりも割引き。

 

トウシンモンステラ

栗坂 良 1回 56.0 40.8 26.8 13.4 馬なり

一週前追い切りからは、
特に買い材料はありません。

年齢的に使った上積みは見込めませんし、
軽斤量でもさすがに厳しい。

重賞では出番はないと思います。

 

ノーブルマーズ

栗CW 良 52.0 37.3 12.3 [8] 一杯

休み明けはいつもCWコースでの追い切りで、
いつも通りの調整過程。

時計はやや物足りないですが、
悪くはありません。

過去の戦績を見ると叩き良化型タイプで、
今回は休み明けなのでやや割引き。

舞台設定は良いと思いますし、
実績も今回のメンバーでは上位。

高倉JKの継続騎乗も好印象。

大きく崩れることはなさそう。

 

パフォーマプロミス

栗CW 良 87.3 70.0 53.2 38.2 11.8 [7] 馬なり

一週前追い切りは終い重点の内容で、
悪くはない内容。

京都大賞典は体調を崩し、
直前で出走を取り消しました。

今回はぶっつけになってしまいますが、
鉄砲は効くタイプなので、
大きな割引は必要なさそう。

鞍上の乗り替わりは微妙ですが、
能力通り走れば上位争いでは。

 

ヘリファルテ

美南W 良 70.0 54.9 39.7 13.5 [6] 強目

一週前追い切りは平凡な時計ですが、
アルバートと併せて同入と悪くない内容。

ノベンバーSと両睨みのようですが、
こっちに出るとなると鞍上は石川JK。

斤量も軽いですし、
前走の走りを見ると、
53kgなら通用しちゃいそう。

不安材料は鞍上だけですが、
そこが最大の不安材料。

出てきたら抑えますが、
ノベンバーSに行きそう・・・。

 

ムイトオブリガード

栗CW 良 81.5 65.1 50.7 37.3 12.2 [7] 一杯

一週前追い切りは好時計ですが、
いつも攻め駆けするタイプなので、
いつも通りの内容。

目下、3連勝中で、
東京コースは相性抜群。

鞍上の乗り替わりはマイナスですが、
上がり勝負ならチャンス十分。

 

ルックトゥワイス

栗坂 良 1回 57.2 42.3 27.2 12.9 馬なり

一週前の時計は目立ちませんが、
いつも時計は出さないタイプなので、
問題ないでしょう。

斤量面は有利ですし、
鞍上の乗り替わりも問題なし。

いかにも一発ありそう。

 

ヴォージュ

栗CW 良 83.7 66.7 51.6 37.5 11.9 [4] 一杯

一週前は珍しく、
CWコースでの追い切り。
時計も悪くなく、
状態面は問題なさそうです。

前走は度外視できますが、
上がり勝負では分が悪く、
先行してどこまで粘れるか。

さすがに、
目黒記念組に逆転はないと思う。

 

【アルゼンチン共和国杯2018 一週前追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
アルゼンチン共和国杯の出走予定馬全頭の、
一週前追い切りを考察していきましたが、
下位人気の馬にも、
十分チャンスはありそうで、
思いのほか混戦模様。

ガチガチ決着の可能性もありますが、
人気薄の馬の台頭も多いレースです。

では、アルゼンチン共和国杯で、
穴をあけるのは、どんなタイプの馬か。

それは、

早い上がりの使える馬です。

過去10年の1〜3着馬の、
30頭中23頭が上がり3番手以内の馬で、
先行粘り込みタイプは、ほぼ壊滅的。

人気薄+先行粘り込みタイプの上位台頭は、
過去10年で、たった2頭のみ。

かなりの苦戦傾向で、
今の東京もまさに上がり勝負馬場です。

展開にかなり恵まれない限り、
粘り込みは厳しいと考えて良いでしょう。

ということで、
一週前追い切りから狙ってみたい馬は、
ランキングでご紹介します。

毎回いい上がりを使いますし、末脚は堅実。
戦績も安定していて、
今回人気落ちするなら絶好の狙い目。

ハンデ戦なら重賞でも通用しますし、
3着争いできると思います!

一週前追い切りから狙ってみたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

予想の最終印はTwitterで公開しています。
ぜひTwitterのフォローもよろしくお願いします!

《今すぐTwitterをフォロー‼︎》

 

今週は【JBCクラシック】の予想を

◆◇「無料公開!」◇◆

【この機会に体感してみてください!】

▼無料登録はこちらです▼

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!