【きさらぎ賞2019】 3連複予想 出走予定馬最終追い切り考察

Pocket

今回は、きさらぎ賞2019の最終追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

2月3日(日)は、京都競馬場にて、
きさらぎ賞が行われます。

競馬場:京都競馬場
コース:1800m・右回り
条件等:GⅢ:別定戦

今回は最終追い切りから、
きさらぎ賞の出走予定馬を、
考察していきたいと思います。

8頭立てで、
小頭数の3歳重賞ですが、
ホープフルステークスで、
不利を受けながらも、
6着と粘ったヴァンドギャルドや、
東京スポーツ杯2歳ステークス2着の、
アガラスなど、
クラブの期待も高い素質馬が出走登録。

近年でも、
後にクラシックや重賞で活躍する競争馬を、
何頭も輩出しているレースで、
3歳重賞出世レースの一つです。

今年もここから、
未来の重賞馬が誕生するかもしれません。

東京新聞杯の追い切り考察も、
合わせてチェックしていただけたら嬉しいです。

【東京新聞杯2019】 3連複予想 出走予定馬最終追い切り考察

それでは、
早速、1頭ずつ見ていきましょう!

東京新聞杯3連複勝負馬券!

>>無料配信決定!<<

万馬券総合研究所の無料登録はこちら!
今週の重賞レースもお任せください!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

 

【きさらぎ賞2019 出走予定馬最終追い切り考察】

 

ヴァンドギャルド

栗坂 良 1回 53.9 38.5 24.8 12.4 馬なり

最終追い切りは良い動きで、
状態面は引き続き良さそうです。

前走のホープフルステークスは、
直線で、不利があり、
チグハグな競馬になってしまったので、
それでも6着という結果は評価すべき。

不利がなければ、
少なくとも3着争いは、
できていたと思いますし、
今回は、今後のためにも、
賞金加算をしておきたいはず。

フォトパドックの馬体も、
スッキリしており、好仕上がり。

相手関係もかなり楽になりますし、
ここは、着外は考えづらい。

 

アガラス

美南W 良 68.8 54.1 40.2 12.6 [4] 馬なり

最終追い切りは、3頭併せで、
力強い走りで消化。

前走の東京スポーツ杯2歳ステークスは、
後方からの競馬で、
メンバー最速の上がりで2着。

フォトパドックの馬体を見ても、
毛ヅヤはピカピカで、
状態面は良さそうですし、
今回のメンバーなら、
勝ち負けまであると思います。

 

エングレーバー

栗P 良 87.7 70.8 55.1 40.3 11.5 [8] 末強目

最終追い切りは、
ポリトラックで上がり重点の内容。

厩舎コメントでは、
これくらいで問題ないとのこと。

距離短縮は問題なく、
今の京都の重たい馬場も味方しそう。

先行して、
機動力を生かす競馬がハマれば、
上位台頭も十分あると思いますし、
キャロットファームの馬なので、
逆らうのはリスキーだと思います。

 

ダノンチェイサー

栗CW 良 84.5 68.3 53.0 38.3 11.8 [8] 末強目

先週に時計を出しているので、
最終は終い重点の追い切り。

追い切りの動きは良く見えましたし、
力は出せそうな仕上がり。

今回、距離延長は問題ないと思いますが、
新馬戦で重馬場が苦手な節を見せたので、
今の京都の時計のかかる馬場がどうか。

素質は高い馬なので、
力を発揮できるなら好勝負になると思う。

 

メイショウテンゲン

栗CW 良 87.4 70.7 53.9 39.9 12.0 [4] 強目

最終追い切りは、内にモタれ気味で、
前走からの成長はあまり期待できない。

前走の未勝利戦では、スタートで出遅れ、
最後の直線でも大きく外へ行く競馬で、
幼なさの残る内容だった。

上位人気勢と比較すると、
評価を下げざるを得ない印象で、
今後、成長の余地は十分ありますが、
現時点では、
まだ足りないと思います。

気性面の不安もあるので、
個人的にはあまり買いたくないです。

 

タガノディアマンテ

栗CW 良 84.5 67.7 52.5 38.5 12.2 [7] 末一杯

最終追い切りは、
ジョルジュサンクと併せて追走同入。
古馬相手にこれだけやれれば、
状態面は悪くないんだと思う。

2走前に、直線で斜行したように、
こちらも気性面は課題。

鞍上の乗り替わりは手が合いそうですし、
枠も最内枠で、舞台は整った印象。

最内枠の岩田JK。
能力面は上位勢と比較すると、
さすがに劣ると思いますが、
ちょっと怖いですね。

 

ランスオブプラーナ

栗CW 良 66.6 51.2 37.7 12.9 [7] 一杯

最終追い切りは、
若干ふらつくところはあったが、
良い動きで、時計も好時計をマーク。

前走は、スタート直後、
ハミを噛むような面も見られ、
最後の直線でもふらふら、ふらふら。

まだ、幼さは残りますし、
重賞ではちょっと微妙。

折り合い面を考えると、
距離延長も割引きだと思いますし、
個人的には軽視。

 

コパノマーティン

2/2(土) 栗CW 稍 58.6 43.0 13.2 [8] 馬なり

連闘での出走で、
今日、時計を出して終了。

追い切りからは、
特に買い材料はありません。

昨年の、
朝日杯フューチュリティステークスと、
年明けのシンザン記念で、
惨敗しているように、
重賞では足りませんし、
ローテもえげつない使い詰めローテです。

今回も相手が強すぎるので、
さすがに消しで良いと思います。

 

【きさらぎ賞2019 出走予定馬最終追い切り考察まとめ】

 

以上、
きさらぎ賞の出走予定馬の、
最終追い切りを考察していきましたが、
ここは、上位人気勢の戦いになりそうで、
固い決着になりそうだなー。というのが、
率直な感想です。

8頭立てで、小頭数のレースですし、
点数を絞った、
馬券の買い方がいいと思います。

ということで、
最終追い切りから狙ってみたい馬は、
ランキングでご紹介します。

追い切りの動きは抜群で、
状態面は申し分なし。

ここは順当に勝ち負けに期待。

最終追い切りから狙ってみたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

予想の最終印はTwitterで公開しています。
ぜひTwitterのフォローもよろしくお願いします!

《今すぐTwitterをフォロー‼︎》

今週は【東京新聞杯】の予想を

◆◇「無料公開!」◇◆

【この機会に体感してみてください!】

▼無料登録はこちらです▼

The following two tabs change content below.

3連複マスター

マイペースに競馬予想してます。 日進月歩。勇往邁進。 ハムスターと生活してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。