東スポ杯2歳ステークス2017予想と最終追い切り分析

Pocket

今回は、東スポ杯2歳ステークス2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

土曜日は変わらず雨予報で、
当日の馬場次第では、
一波乱あるかもしれない
東スポ杯2歳ステークスですが、

2頭が回避し、
今年はまさかの7頭立て。。。

もはや馬券妙味もなさそうで、
あんまり買いたくないですねー。

最終追い切りが終わりましたので、
今回は最終追い切りをメインに、
各馬の分析を行っていきたいと思います。

先週の東京の芝は、
比較的、時計が出やすい馬場で、
逃げ馬には厳しい馬場でした。
(日曜日に馬券になった逃げ馬は1頭だけです。)

内側はかなりボコボコで、
最後の直線で、
キレイな馬場を通った馬の台頭が目立ち、
外差しがバンバン決まっていました。

先週同様の馬場なら、
ワグネリアンに、
逆らう余地はなさそうですが、

仮に馬場が渋って、
時計がかかるようなら、
他の馬にもチャンスは出て来そう。

当日の馬場には要注目だと思います。

それでは、
最終追い切りの分析にいきたいと思います。

 

【東スポ杯2歳ステークス2017出走予定馬分析】

 

ワグネリアン

栗東 坂路 稍重 54.5-40.0-26.1-12.7

最終追い切りを見ても、
状態面は良さそうですね。

先週の東京の馬場は外差し馬場で、
ワグネリアンにとっては、追い風でしかない。

良〜稍重なら勝ち負けでしょう。

 

ルーカス

美浦 南W 稍重 53.1-38.0-13.1

まだキャリアも浅いですし、
追い切りの動きも、
まだまだ成長途上といった印象を受けます。

今回人気すると思いますが、
トビの大きい馬なので、
雨予報はかなりのマイナス要素だと思います。
個人的には、
あまり積極的に買いたいとは思わないです。

 

シャルルマーニュ

栗東 坂路 稍重 53.9-38.5-26.0-13.4

馬場が渋ったら一発ありそうなのがこの馬。
最終追い切りも悪くない内容で、
状態面は好調だと思います。

ただ、先週と同じような馬場では、
分が悪いので、
あくまでも道悪で時計のかかる馬場でなら、
チャンスはある。

 

コスモイグナーツ

美浦 坂路 稍重 51.3-37.6-25.2-12.9

最終追い切りは、
単走で強めの追い切りでした。

決して道悪が得意な馬ではないと思いますし、
(不得意でもないのかもしれませんが)
前走の馬場は特殊すぎて参考外。

前走の内容で、
道悪巧者と判断するのは、
かなり早計だと思いますし、
それ以前に今の東京の馬場で、
逃げ切りはまず無理でしょう。

 

ゴールドギア

美浦 南W 稍重 66.5-51.7-38.1-13.3

最終追い切りの内容は、
終始軽快な動きで、
半馬身先着してフィニッシュと、
悪くない内容でした。

前走は、道中団子状態の展開で、
直線に入って大外から、
上がり33.8の末脚で差し切りました。

ロードカナロア産駒で、
能力はある馬だと思いますが、
今回は前走より、
200m距離が伸びますし、
折り合い面も課題になりそう。

 

【東スポ杯2歳ステークス2017予想まとめ】

 

以上、ざっくりではありますが、
上位人気5頭の分析を行っていきました。

この時期はまだキャリアが少ないので、
縦の比較がしづらく、
追い切りで状態面を判断するのは難しいです。

今年は7頭立てということで、
ワグネリアンが着外とかにならない限り、
やっすい馬券になりそうですね。。。

ということで、
ワグネリアンを軸にすることは、
なくなりましたね、。

現時点での軸候補は
この馬人気ブログランキングへ

前走は早めに仕掛けて、
直線に入ったタイミングで、
ほぼ先頭に立っていました。

余裕残しの
レース内容だったと思いますし、
今回は、
さらにパフォーマンスを上げてきそう。
少頭数ですし、
枠は大外でも良いくらいですね。

今回はこの辺で失礼します!
twitterのフォローもよろしくお願いします!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!