京都大賞典2017予想オッズと出走馬分析

Pocket

今回は、京都大賞典2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

天皇賞・秋の前哨戦という位置付けのレースですが、なかなか骨っぽいメンバーが集まり、
今年の京都大賞典も面白いレースになりそうで楽しみです。

主な出走予定馬は、

宝塚記念は逃げの一手に出ましたが、裏目に出て8着に敗れたものの、
天皇賞・春でサトノダイヤモンドに先着し、2着の実績を持つシュヴァルグラン。

同じく、宝塚記念は力を発揮できす6着に敗れたものの、
シャケトラとの叩き合いで日経新春杯を制したミッキーロケット。

重賞で勝ち鞍こそないものの、重賞上位常連組のサウンズオブアース。
前走、牝馬ながら鳴尾記念2着のスマートレイアーなど好メンバーが揃いました。

実績的にはシュヴァルグランが1枚抜けている印象ですが、
あくまでも前哨戦の今回は、各馬の状態面や陣営の思惑を見極めていくことが、
予想をする上でとても大事になってきます。

 

毎日王冠の予想記事でもお伝えしましたが、
2週連続重賞予想的中で、勢いに乗ってます!
この調子で3週連続的中できるように、
気合いを入れて、予想していきたいと思います!

それでは、まず現時点での予想オッズからみていきたいと思います。

【京都大賞典2017 予想オッズ】

 

1 シュヴァルグラン   2.1
2 ミッキーロケット   3.7
3 サウンズオブアース  4.8
4 スマートレイアー   7.9
5 トーセンバジル    11.5

 

ここまでが上位人気に推されそうな馬たちとなっています。
それでは、1頭ずつ分析していきたいと思います。

 

【京都大賞典2017 出走予定馬分析】

 

シュヴァルグラン

冒頭でも書いたように、実績はここでは1枚抜けています。
ですが、今回はシュヴァルグランにとっては叩き台で、
陣営側も秋の目標はジャパンカップと公言しています。
絶対に勝たないといけないレースではないということを考えると
状態面によっては取りこぼしもあり得ますね。
最終追い切りに注目ですね。

 

 

ミッキーロケット

宝塚記念では1枠1番で馬場の最悪のところを走る流れになり、力を発揮できず大敗。
今回は、日経新春杯を制したときと同じ舞台のここを狙ってきました。
得意条件に戻りますが、予想オッズ2番人気はどうなんでしょう。。
最終追い切りをみないことにはなんとも言えませんが、
斤量も背負わされますし、現段階では軽視。

 

 

サウンズオブアース

札幌記念は海外帰りながらも4着と健闘しました。
重賞常連組でありながら、重賞での勝ち鞍はなく、シルバーコレクター。
今回は引き続き鞍上は横山JKですし、ひと叩きして状態面がよければ好勝負気配。
年齢も6歳ですし、シルバーコレクターから脱却するならここしかないのでは。

 

 

スマートレイアー

能力はありますし、ここでも十分通用すると思います。
鞍上は武豊JKに戻ることは個人的にはプラス。
この先の予定はエリザベス女王杯に出るのかわかりませんが、
今回は、ある程度仕上げて挑んでくる可能性もありそうだなーと睨んでます。
最終追い切りに要注目です。

 

 

トーセンバジル

個人的には、この馬に関してはそこまで強いイメージは持っていません。
今回のメンバーでも能力は中間くらいかなーという印象。
ただ、陣営としては賞金加算もしたいでしょうし、
ここは確実に狙って来ているはず。
現段階では、馬券的にも消しはしない予定ですが、
重い印を打つ予定もないです。

 

【京都大賞典2017 予想まとめ】

 

ざっくり、上位人気馬を分析していきましたが、
実績、能力的にもシュヴァルグランが抜けていることは明白ですよねー。

下位人気馬はどう考えても能力的には足りないですし、
今年の京都大賞典も大荒れはなさそうです。

出走予定馬15頭中、13頭が社台グループ生産馬で運動会状態ですが、
最終追い切りをみて、メイチ度合いもチェックしていきたいと思います。

 

また、枠順確定後にブログを書きますので、よろしくお願いします!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

スポンサードリンク