マイルCS2017予想と最終追い切り分析

Pocket

今回は、マイルCS2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

ネオリアリズムディサイファの2頭が、
マイルCSの回避を発表し、
ますます手薄なメンバーになりましたね。

ネオリアリズムは、
香港に直行するということで、
僕の好きな馬でもあるので、
ぜひ頑張って欲しいと思います。

ということで、
各馬の最終追い切りが終わったので、
今回は、最終追い切り分析をメインに、
各馬の状態面を探っていきたいと思います。

それでは早速、1頭ずつみていきましょう!

 

【マイルCS20172017最終追い切り分析】

 

エアスピネル

栗東 坂路 稍重 51.3-37.5-24.7-12.3

武豊JKからムーアJKへ
乗り替わりが決まったということで、
陣営のガチな感じが、
ひしひしと伝わってきますね。

最終追い切りは時計も好時計ですし、
状態面はバッチリといった感じ。

あとは枠順と当日の馬場。
そして、もう一つ。
ムーアJKと手が合うかがポイント。

 

イスラボニータ

美浦 南W 稍重 66.6-51.6-38.4-12.9

最終追い切りは軽めの調整でしたが、
一週前にビッシリやっているので、
最終はこれくらいの調整で大丈夫でしょう。

前走で一つ叩いて、
状態面はさらに良くなっていると思います。

ルメールJKが実際に、
乗り込みに来ている点も好評価ですね。

枠順は内枠のほうが良いですし、
できれば良馬場でやりたいですねー。

 

レッドファルクス

美浦 南D 稍重 67.8-52.0-37.6-11.9

最終はダートコースでの追い切りでしたが、
状態面は、前走の良い状態を、
キープできているように見えました。

ただ、メイチは前走でしたし、
距離は守備範囲ではあると思いますが、
京都コースがこの馬に合うとは、
どうしても思えないんですよねー。

個人的には軽視予定でいます。

 

サトノアラジン

栗東 CW 稍重 84.8-66.7-51.3-37.9-11.8

前走はグチャグチャの馬場での競馬でしたが、
この馬にとっては厳しい馬場で、
川田JKも無理をさせなかったので、
前走のダメージはさほどないと思います。

状態面は良い状態だと思いますし、
外枠良馬場でやれればチャンスはあるかも。

ただ、京都コースの平坦な直線で、
後ろから前を捉えられるかどうか。

脚質的にも展開に左右されやすい馬なので、
今回は積極的に買うときではない気もする。

 

ペルシアンナイト

栗東 CW 稍重 84.4-67.7-51.8-38.4-12.3

一週前に好時計を出しているので、
最終は軽い調整で終了し、万全の状態です。

前走もこのメンバーでなら、
ワンチャンあるかも!
ということで軸に指名しましたが、
トビのキレイな馬なので、
前走の道悪馬場では厳しかったですね。
それでも5着と掲示板は残したので、
収穫のあるレースでした。

良馬場のほうがもっと走りますし、
前走の走りで人気を落とすようなら、
今回が絶好の狙い目です。

引き続きデムーロJKが騎乗するので、
重視したい1頭ですね。

 

【マイルCS2017ステークス2017予想まとめ】

 

ざっくりではありますが、
人気上位5頭を分析していきました。

各馬ともに状態面は良さそうで、
最終追い切りの内容だけでは、
各馬の取捨を判断するのは難しいですね。

現時点での軸候補はこちら
こちらの馬人気ブログランキングへ

内枠+良馬場の条件付きですが、
状態面も申し分ないですし、
今回は展開も向きそう。

今の京都は、時計が少しかかる馬場で、
先週同様なら内伸びの馬場。

マルターズアポジーに、
誰かがちょっかいを出さない限り、
ペースは平均〜スローになるはずで、
スムーズに進路を確保できれば、
勝ち負けだと思います。

今回はこの辺で失礼します!
twitterのフォローもよろしくお願いします!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

スポンサードリンク