【TCK女王盃2018】3連複予想 プリンシアコメータ圧勝か

Pocket

今回は、TCK女王盃2018の予想を中心とした記事を書いていきます。

本日、1月24日(水)は、
地方交流重賞、
TCK女王盃2018(GⅢ)が行われます。

普段、あまり地方競馬はやりませんし、
交流重賞も配当妙味がないので、
見るだけにしているのですが、
今年のTCK女王盃は、
展開次第では妙味がありそうなので、
久しぶりに、
交流重賞の予想もしてみようと思います。

とは言っても、
もうすでに予想はしておりまして、
最終見解の記事にはなるのですが、
ブログのタイトルにもあるように、
プリンシアコメータは堅軸だと思います。

詳しくは後ほど述べますが、
大崩れはないと思いますし、
着外に飛ぶというのは考えづらいです。

2番人気のブランシェクールのほうが、
怪しいと思っていて、
切れるタイプではないですし、
時計のかかる馬場にならないと、
まず出番はないです。

ということで、
前置きが長くなってしまいましたが、
それでは、
最終結論に入りたいと思います。

 

【TCK女王盃2018最終結論】

 

◎ プリンシアコメータ

逆らう余地はないと思うので、
軸はプリンシアコメータから、
入りたいと思います。

自分のペースで競馬できれば強いですし、
ここでも大きく崩れることはないでしょう。

JBCレディクラシックでは、
直線でララベルアタックがあったので、
あれがなければ勝っていたかもしれません。
というか勝ってたでしょう。

今回は、
ララベルとは斤量差が2kgもありますし、
他に競りかけてきそうな馬もいないので、
圧勝する可能性すらあります。

 

人気ブログランキングへ

対抗は穴馬を推奨したいと思います。

前走は距離が合いませんでしたし、
ここは改めて期待したいと思っています。

脚質的に展開に左右されやすい馬ですが、
末脚は良いものを持っているので、
差しが決まるようなら出番はある。

今回のメンバーでなら、
能力も通用すると思いますし、
2、3着ならあっても良い。

ここが絡めば配当妙味も増します。

 

▲ オールポッシブル

ダイワメジャー産駒で、
距離延長はマイナスなイメージですが、
TCK女王盃を制した、
ワンミリオンスが近親馬にいるので、
この馬も対応できるかもしれません。

前走も着順ほど負けていませんし、
今まで戦ってきた相手が強い。

ここでも能力は通用しそうですし、
人気もしていませんし、
今回が狙い目だと思います。

 

△ ミッシングリンク

人気しちゃってますが、
ダート転向後の過去2戦は強い内容です。

能力は通用すると思いますし、
もしかしたら一発あるかもしれません。

ただ、今まで武藤雅JKが乗っていて、
斤量面で恵まれていたので、
54kgでどこまでやれるのかは未知数。

ここで通用するようなら、
この先も面白い存在だと思いますし、
期待も込めて4番手評価にしたいと思います。

 

☆ ララベル

能力面では上位だと思いますが、
プリンシアコメータと比較すると、
劣ると思いますし、
今回は斤量が57kgです。

JBCレディスクラシックを勝ったことで、
今回人気していますが、
凡走する可能性もあると思っています。

ただ、消すのもリスキーですし、
普通に走ってくる可能性もあるので、
5番手評価で抑えておきたいと思います。

 

【TCK女王盃2018最終結論まとめ】

 

◎ プリンシアコメータ

○ 人気ブログランキングへ

▲ オールポッシブル

△ ミッシングリンク

☆ ララベル

上位印3頭で決まれば結構つくと思います。

これくらい攻めないと、
やっすーい配当になってしまいますし、
個人的には面白くないので、
あとは全力で応援するだけですね!

 

【推奨買い目】

3連複軸一頭ながし

◎ー○▲△☆  6点

 

それでは、今回はこの辺で失礼します。
皆さんの馬券の参考になれば幸いです。

週末の重賞予想はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!