【阪神牝馬ステークス2018】3連複予想 最終追い切り全頭考察

Pocket

今回は、阪神牝馬ステークス2018の一週前追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

4月7日(土)は阪神競馬場にて、
阪神牝馬ステークスが行われます。

競馬場:阪神競馬場
コース:芝1600m・右回り
条件等:4歳以上牝馬:別定戦

今回は最終追い切りから、
阪神牝馬ステークス出走予定馬全頭を、
考察していきたいと思いますが、
ここにきて週末雨予報ですねー。

どれだけ降るのかわかりませんが、
前日、当日の雨量によっては、
本番のことを考えて、
周ってくるだけの馬も出てきそうですね。

当日の馬場傾向も要チェックです!

ということで、
早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

【阪神牝馬ステークス2018 最終追い切り全頭考察】

 

アドマイヤリード

50.3-36.9-24.4-12.4 栗東 坂路 良 しまい強め

最終追い切りは自己ベスト時計で、
好内容でまとめてきました。

前走は本調子ではなかったですし、
鞍上からも勝負気配は低かったので、
度外視で良いでしょう。

本当に、
デムーロJKが乗るのかわかりませんが、
乗ってもらうからには、
陣営サイドも本番に向けて、
ある程度の結果は求めているはず。

状態面は良いと思うので、
展開が向くかどうかだと思います。

 

エテルナミノル

81.7-65.2-50.9-38.1-12.5 栗東 CW 良 馬なり

最終追い切りも好内容で、
状態面は文句なしの仕上がりですね。

前走の中山牝馬ステークスは、
自分の競馬ができていないので、
度外視で良いと思いますし、
追い切りの内容からも、
今回、勝負気配は高い印象を受けます。

昨年も直線で差されたように、
舞台設定はあまり良くないですが、
上手く噛み合えば上位争いも。

 

クインズミラーグロ

67.4-51.7-37.6-12.1 栗東 CW 良 馬なり

前走の走りを見ると、
やはり溜める競馬のほうが向いていますし、
軽ハンデだったとはいえ、
上がり最速をマークと強い内容でした。

勝ち切れるイメージは湧きませんが、
もともと牝馬限定戦なら、
トップクラスの実力馬ですし、
3着くらいあっても。

 

ジュールポレール

51.7-37.5-24.6-12.2 栗東 坂路 良 一杯

最終追い切りも、
一週前とほぼ同じ時計でまとめてきました。

今回は休み明けですし、
叩き台濃厚なので、
割引は必要だと思いますが、
能力は高いので、
普通に好走してきそうではあります。

馬場も味方しそうですし、
大きくは崩れない気がします。

当日もこの人気なら、
素直に抑えたいですね。

 

ソウルスターリング

67.3-51.3-37.9-12.4 美浦 南W 良 馬なり

追い切りの時計は好時計ですね。

毎日王冠は押し出されてのハナ、
天皇賞・秋は不良馬場で参考外として、
前走のジャパンカップでの走りは、
相手が強かったとはいえ、
ちょっと不甲斐ない内容。

今回も牝馬限定戦とはいえ、
トップハンデは厳しいと思いますし、
明らかに今回は叩き台の一戦。

オークスの競馬は強かったですが、
成長度合いは疑問ですし、
人気どころでは、
一番危険な存在な気がします。

 

デンコウアンジュ

53.8-39.2-25.3-12.5 栗東 坂路 良 馬なり

最終もいつも通りの追い切り内容で、
状態面は問題なさそうです。

今まで大外ぶんまわしの競馬しか、
してこなかった馬ですが、
前走の東京新聞杯では、
馬群を割る競馬で成長をみせました。

あまりグッチョグチョの馬場だと、
さすがに厳しいと思いますが、
稍重程度であればこなせると思います。

 

ミエノサクシード

83.8-67.2-51.5-37.8-12.2 栗東 CW 良 馬なり

先週びっしりやっているので、
最終はさらっと流す程度で終了。

ステイゴールド産駒なので、
そこまで道悪は苦にしないと思いますし、
相手なりに走るタイプなので、
チャンスはあると思います。

あとは枠順次第です。

 

ミスパンテール

52.9-37.6-24.6-12.4 栗東 坂路 良 馬なり

ここでメイチの可能性もありますが、
雨予報はマイナスかもしれません。

今回一気に相手が強くなりますし、
勝ち切れる感じはしませんが、
スローペースなら、
上位争いできるだけの力はある。

渋った馬場さえこなせれば。

 

ミリッサ

51.6-37.8-24.9-12.6 栗東 坂路 良 一杯

最終追い切りは自己ベスト時計で、
好内容ですね。

前走の初音ステークスは、
横山典JKの好騎乗が光った印象ですが、
岩田JKも内を突く競馬は得意なので、
前走と同じ展開になれば出番はありそう。

雨はマイナスな気がしますが。

 

ラビットラン

84.2-66.6-51.3-37.4-11.6 栗東 CW 良 馬なり

最終追い切りは悪くない内容で、
時計も好時計です。

ヴィクトリアマイルよりは、
今回のほうが舞台設定は良いと思いますし、
休み明けでもいきなり走ってくるかも。

鞍上も川田JKですし、
消しはちょっと怖いですね。

よほど馬場がぐちゃぐちゃでなければ、
道悪でもこなせると思います。

 

リスグラシュー

51.3-37.7-24.8-12.1 栗東 坂路 良 馬なり

追い切り良いですね。
状態面は引き続き良さそうです。

前走も状態面は良かったので、
大きな上積みは期待できませんが、
想定1番人気は納得。

雨予報もむしろプラスですし、
不安材料があまりありません。

今回は通過点なので、
100%の力は出してこないと思いますし、
グチョグチョの馬場になるようなら、
今回は捨てる可能性も。

稍重くらいなら勝ち負け。

 

レッドアヴァンセ

52.2-38.3-24.8-12.4 栗東 坂路 良 馬なり

最終追い切りも好内容で、
状態面は問題なさそうですね。

ディープインパクト産駒にしては、
もともとキレるタイプではないので、
道悪はこなせそうな気がしますが、
良馬場でやりたかったですねー。

穴をあけて欲しいですが、
ちょっと厳しいかもしれませんねー。

 

ワントゥワン

67.4-52.4-38.6-12. 栗東 CW 良 G前一杯

最終追い切りからも、
勝負気配はあまり感じられません。

今回は力試しだと思いますので、
上位台頭は厳しいでしょう。

消しで良いと思います。

 

【阪神牝馬ステークス2018 最終追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
阪神牝馬ステークスの出走予定馬全頭の、
最終追い切りを考察していきましたが、
当日の馬場次第では、
波乱の決着もなくはない気がします。

叩き台で怪我をしたら本末転倒ですし、
当日の馬場状態次第では、
ヴィクトリアマイルに向かう有力馬が、
手を抜いてくる可能性も。

そして下位人気勢が、
全力で追ってくる可能性があります。

ということで、
最終追い切りから、
一発ありそうな穴馬は、
ランキングでご紹介します。

今回スローペース濃厚で、
一番展開が向きそうなのがこの馬。
昨年は淀みないペースで、
この馬にとっては、
完全に不向きな展開だったので、
全てが噛み合えば、
昨年よりはやれるはず。

一発ありそうな穴馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!