【福島牝馬ステークス2018】3連複予想 最終追い切り全頭考察

Pocket

今回は、福島牝馬ステークス2018の最終追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

4月21日(土)は、
福島競馬場にて、
福島牝馬ステークスが行われます。

競馬場:福島競馬場
コース:芝1800m・右回り
条件等:4歳以上牝馬限定:別定戦

今回は最終追い切りから、
福島牝馬ステークスの出走予定馬を、
考察していきたいと思います。

福島牝馬ステークスといえば、
ヴィクトリアマイルへのステップレースですが、

今年は少し寂しい出走頭数となりました。

優先出走権を手にするのはどの馬なのか。

それでは、
早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

【福島牝馬ステークス2018 最終追い切り全頭考察】

 

カワキタエンカ

57.8-42.1-27.0-12.8 栗東 坂路 不良 馬なり

最終も軽めの調整で、
前走同様の追い切り内容ですね。

前走は楽逃げで、
理想の展開に持ち込めました。

今回も単騎逃げなら、
まんまと勝っちゃいそうですし、
賞金加算はしておきたいと思うので、
普通に勝ちにくると思います。

 

キンショーユキヒメ

82.3-65.9-51.0-37.3-12.0 栗東 CW 不良 一杯

最終追い切りも好時計で、
いつも通りの内容ですね。

ただ、良い時はもっと走るので、
万全の仕上げではなさそう。

切れるタイプではないので、
時計がかかる福島は合うかもしれない。

展開ひとつでチャンスはあると思う。

 

ゲッカコウ

69.4-54.1-39.6-12.9 美浦 南W 重 馬なり

最終追い切りもいつも通りの内容で、
状態面は問題ないでしょう。

舞台設定は良いと思いますし、
今回は別定戦なので、
前走からの巻き返しのチャンス。

枠も良い枠なので、
ゲートさえ決まれば。

 

サルサディオーネ

81.0-64.1-49.8-36.8-11.9 栗東 P 良 馬なり

最終追い切りは馬場を考慮して、
ポリトラックでの追い切り。

最内枠に入りましたが、
カワキタエンカに絡みに行くほど、
スピードはないと思う。

馬券的には出番はないので消し。

 

デンコウアンジュ

54.6-39.5-25.7-12.7 栗東 坂路 不良 馬なり

最終追い切りに関しては、
馬場が悪かったことを考えれば、
これくらいで問題ないでしょう。

昨年は秋山JKが乗って、
捲る競馬で4着と惜敗。

大外枠に入りましたし、
今年も同じ競馬をしてくるかもしれません。

今年は主戦の蛯名JKですし、
内を割る競馬もできるようになったので、
怖い存在ではあります。

 

トーセンビクトリー

53.0-38.0-24.9-12.8 栗東 坂路 不良 一杯

最終追い切りは良い内容だと思いますし、
状態面は良さそうです。

前走は前目につけたぶん、
詰めが甘くなった印象で、
今回も引き続き田辺JKなので、
位置取りを少し下げるかもしれません。

今回斤量が軽くなるので、
巻き返しもあると思いますが、
抜けて強い印象はないです。

展開ひとつだと思いますね。

 

ノットフォーマル

54.5-39.8-12.3 美浦 P 良 馬なり

最終追い切りは、
馬場を考慮してポリトラックでの追い切り。

前回の記事でも書いたように、
能力的に厳しいと思います。

消しで良いでしょう。

 

ブラックオニキス

84.6-68.4-53.4-38.6-12.6 美浦 南W 重 G前仕掛け

最終も時計は目立ちませんが、
個人的には問題ないと思いますね。

枠はやや外に入ってしまいましたが、
少頭数なので許容範囲でしょう。

福島コースはハマると思いますし、
3着争いはありそう。

 

ベアインマインド

54.2-39.1-13.2 美浦 南W 重 馬なり

最終追い切りは、
格下相手に先着したものの、
時計は物足りないです。

前走は、
どスローで前有利の展開でしたし、
軽ハンデで有利に立ち回れた。

今回は別定戦で相手強化。

普通に考えたら厳しい。

レイホーロマンス

55.0-39.7-25.8-12.4 栗東 坂路 不良 馬なり

最終追い切りは軽めの調整で、
いつも通りの内容ですが、
状態面は前走のほうがよかったのでは。

前走は早めに動いて、
ロングスパートをかけて3着。

今回も小回りコースなので、
同じ乗り方をしてくるかもしれませんが、
斤量増で同じパフォーマンスができるのか。

ちょっと人気しすぎですし、
届かず掲示板止まりもあり得るのでは。

 

ロッカフラベイビー

69.9-54.0-39.4-13.5 美浦 南W 重 馬なり

最終追い切りも平凡な内容で、
勝負気配は感じられない。

重賞では壁が高いと思いますね。

消しで良いと思います。

 

ワンブレスアウェイ

68.1-52.5-38.2-12.9 美浦 南W 重 馬なり

最終追い切りはいつも通りの内容で、
状態面は平行線です。

今回も出遅れる可能性はありますし、
出遅れたらまず無理でしょう。

枠も外枠は割引が必要で、
脚質的にも内枠が理想でしたね。

ちょっと厳しい気がしますが。。

 

【福島牝馬ステークス2018 最終追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
福島牝馬ステークスの出走予定馬全頭の、
最終追い切りを考察していきましたが、
大荒れはなさそうで、
上位人気で決まる気がしますね。

馬券の買い方が重要になってきそうで、
最終印はじっくり考えたいと思います。

ということで、
最終追い切りから狙いたい馬は、
ランキングでご紹介します。

最終追い切りも良かったですし、
今回のメンバーなら能力上位。

前走は惜しかったですが、
今回巻き返しの可能性大ですね。

最終追い切りから狙いたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!