【桜花賞2018】3連複予想 一週前追い切り全頭考察

Pocket

今回は、桜花賞2018の一週前追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

4月8日(日)は、
阪神競馬場にて桜花賞が行われます。

競馬場:阪神競馬場
コース:1600m・右回り
条件等:3歳牝馬限定戦

無傷の4連勝で桜花賞に挑む、
ラッキーライラックが人気の中心で、
ここまでの臨戦態勢も問題なく、
現状ではまさに死角なし。

本番でどんな走りを見せてくれるのか、
競馬ファンとして非常に楽しみです。

今回は、
一週前追い切りから、
出走予定馬を考察していきたいと思います。

早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

【桜花賞2018 一週前追い切り全頭考察】

 

アーモンドアイ

霧のためデータなし

一週前追い切りのデータはありませんが、
能力面的には逆転候補筆頭。

阪神1600mも、
舞台設定としては良いですし、
大きく崩れることはなさそう。

 

アマルフィコースト

84.0-68.2-53.7-40.0-11.8 栗東 CW 良 やや一杯

これまで戦ってきた相手があまり強くなく、
さすがに勝ち負けは難しいでしょう。

前走の競走中止も、
陣営としては誤算だと思いますし、
あまり買い材料はありません。

 

アンコールプリュ

98.4-82.0-67.0-52.6-37.7-12.0 栗東 CW 良 G前仕掛け

前走のフィリーズレビューでは、
後方から外を回す競馬で2着。

今回距離延長になりますが、
新馬戦で一度走っていますし、
問題ないでしょう。

能力面的にも通用しそうな気がするので、
最終追い切りに注目。

 

アンヴァル

53.5-39.5-25.6-12.6 栗東 坂路 良 一杯

前走のフィリーズレビューでは、
内でごちゃついてスムーズさを欠きました。

距離的には問題なさそうだったので、
もう1ハロン伸びてもやれそう。

人気しないのであれば一発あっても。

 

コーディエライト

52.2-38.1-24.9-12.6 栗東 坂路 良 一杯

前走は度外視したとしても、
前々走が負けすぎですね。

今回のメンバーでは、
なかなか厳しいと思いますけどね。

現段階ではあまり買い材料はないです。

 

スカーレットカラー

82.9-65.7-50.5-37.2-12.1 栗東 CW 良 一杯

前走は展開が向かなかったにしても、
さすがに今回は相手が揃った印象。

よほど展開が向かない限り、
頑張っても掲示板が限界では。

 

ツヅミモン

51.7-37.6-24.4-12.4 栗東 坂路 良 しまい強め

シンザン記念では、
馬場と展開に恵まれた感が強く、
その中で後方から、
差し切ったアーモンドアイとは、
能力差があると思います。

追い切りの内容は良いですが、
能力面は疑問です。

 

デルニエオール

86.7-68.9-53.7-39.1-11.9 栗東 CW 良 強め

前走は惜しかったですが、
勝ち馬とはそんなに差はなかった。

能力的には通用しそうですが、
この馬も、
サンデーレーシングの持ち馬なので、
この馬よりは、
ラッキーライラック、
リリーノーブルでしょう。

 

トーセンブレス

60.4-44.8-29.8-14.5 美浦 坂路 良 霧のため不明

一週前追い切りからは、
勝負気配は感じられませんね。

上位人気勢には、
過去に負けていますし、
ここで逆転はあまり考えづらいが、
展開次第では3着争いなら。

 

ハーレムライン

53.9-39.5-26.0-13.2 美浦 坂路 良 霧のため不明

新馬戦で、
ラッキーライラックに大敗しているので、
能力差がどこまで縮まっているか。

今まで戦ったきた相手が、
そこまで強くありませんが、
展開次第ではチャンスがありそう。

 

プリモシーン

霧のためデータなし

前走の内容も強かったですし、
能力面は通用しそうです。

シルクの馬なので、
過剰人気しやすいですが、
一発あってもおかしくないですね。

 

マウレア

82.4-66.4-51.2-37.7-11.7 栗東 CW 良 強め

前走は権利取りのために、
お釣りなしの仕上げだったと思うので、
今回逆転できるかと言われると、
難しいと思います。

2、3着争いできるだけの力はあるので、
軽視は禁物だと思います。

 

モルトアレグロ

80.7-66.3-52.9-40.1-13.7 美浦 南W 良 一杯

上位人気勢とは番付が済んでいる印象で、
ここで逆転は考えづらいですね。

前走フィリーズレビューも負けすぎですし、
さすがに厳しいのでは。

 

ラッキーライラック

82.7-66.5-51.9-38.3-11.6 栗東 CW 良 しまい強め

無傷の4連勝で、
この馬の強さは周知の事実。

今回の出走予定馬とも、
ほぼほぼ番付は済んでいて、
スムーズなら勝ち負けでしょう。

ただGⅠともなれば、
突飛な作戦を仕掛けてくる陣営もいますし、
今までのように簡単にはいかないでしょう。

能力面では抜けていますね。

 

リバティハイツ

53.5-39.4-26.2-12.9 栗東 坂路 良 馬なり

前走のフィリーズレビューでは、
混戦の中、直線の叩き合いを制しました。

勝ち切れる感じはしませんが、
能力は通用しそうなので、
状態面次第では上位争いできるかも。

 

リリーノーブル

52.3-38.1-24.4-12.1 栗東 坂路 良 一杯

阪神JF、チューリップ賞で、
ラッキーライラックと好勝負をしていますが、
同じサンデーレーシングの馬なので、
ラッキーライラックの邪魔はしないでしょう。

陣営の理想としては、
ワン・ツーフィニッシュだと思いますが、
展開次第ではこっちが好走する可能性も。

 

レッドサクヤ

83.4-67.2-51.8-37.6-11.5 栗東 CW 良 一杯

全然人気しなさそうですが、
出てきたら面白い1頭。

まだ走りは幼い印象ですが、
うまく捌ければ出番はあっても良い。

 

レッドレグナント

霧のためデータなし

先週の大阪杯で神騎乗を見せつけた、
デムーロJKが乗るので、
何をしてくるか怖いですが、
おそらく素直に逃げそう。

能力的には通用しなくもないですが、
勝ち切るのは厳しいのでは。

 

【桜花賞2018 一週前追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
桜花賞の出走予定馬全頭の、
一週前追い切りを考察していきましたが、
能力面だけで言えば、
ラッキーライラックと、
アーモンドアイの一騎打ちですね。

ただ例年すんなり決まらないのが、
3歳クラシックなので、
じっくり予想していきたいですね。

ということで、
現時点で一発ありそうな穴馬は、
ランキングでご紹介します。

前走は内で揉まれて、
ごちゃついたので、
スムーズだったら結果は違ったと思います。

人気しないと思いますし、
追い切りの内容も悪くないので、
一発あっても。

現時点で一発ありそうな穴馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

スポンサードリンク