【東京新聞杯2018】3連複予想 出走予定馬全頭考察

Pocket

今回は、東京新聞杯2018の予想を中心とした記事を書いていきます。

2月4日(日)は、
GⅢマイル重賞の東京新聞杯が行われます。

競馬場:東京競馬場
コース:芝1600m・左回り
条件等:4歳以上:別定戦

今回は、
東京新聞杯の出走予定馬考察を、
行なっていきたいと思います。

なかなか豪華なメンバーになった、
今年の東京新聞杯ですが、
上位人気馬の、
能力は拮抗していて、
馬券的には、
今週もなかなか難しい印象を受けます。

過去の傾向を見ると、
比較的堅い決着になることが多く、
近年では、
10番人気以下の馬の台頭はありません。

それでも、
8番人気、9番人気の馬も、
絡んでくるレースなので、
しっかり予想して、
穴馬も探していきたいですね。

それでは、
出走予定馬全頭考察にいきたいと思います。

 

【東京新聞杯2018出走予定馬全頭考察】

 

アドマイヤリード

同コースの、
ヴィクトリアマイルを制していますし、
脚質的にも東京コースはベスト舞台。

ルメールJKが騎乗予定でしたが、
騎乗停止処分で乗れず、
その点がどうなるか。

能力はもちろん上位なので、
普通に買いたい1頭です。

 

カデナ

脚質的にも血統背景的にも、
東京コースは合うはず。

ですが、
近走の成績はパッとせず、
成長度合いが感じられない。

前にも書きましたが、
この馬が強いと思ったことは、
一度もないので、
あまり買いたいとは思わない。

マイル路線で新味が出るかどうか。

 

ガリバルディ

昨年の富士ステークスは、
不良馬場でのレースで、
ディープインパクト産駒ながら、
よく走ったほうだと思います。

ディープインパクト産駒の馬にしては、
少しタフな馬場のほうが好走しやすく、
今の東京の馬場も合いそう。

ここは逆転可能だと思いますし、
最終追い切り次第では抑えたい1頭です。

 

クルーガー

前走の京都金杯は強い内容でしたし、
今回も好走してきそう。

京都のイメージが強いですが、
東京の今の馬場は合いそうで、
最終追い入りには注目したい。

 

グレータロンドン

東京1600mは得意舞台で、
過去4回走って、3.0.0.1。

着外の1回も、
昨年の安田記念でのクビ差4着のもので、
大きく崩れたことはない。

一週前追い切りも好時計で、
陣営もここは気合が入っている気配。

好勝負に期待したい。

 

サトノアレス

東京1600mは、
舞台設定的にも良いと思いますし、
能力も通用するでしょう。

ただ鞍上が柴山JK想定で、
重賞ではかなり頼りないですし、
現時点では、
あまり積極的に買いたいとは思いません。

 

ストーミーシー

前走の京都金杯は惜しい競馬でしたし、
むしろ東京コースのほうが、
舞台設定は良いと思います。

近走は良い上がりを使えているので、
今回こそ一発あるかもしれない。

今回人気しないと思いますし、
最終追い切り次第では抑えたい。

 

ダイワキャグニー

前走の中山金杯は、
右回りが克服できず、
善戦止まりの結果でした。

今回は得意条件に戻りますし、
そもそもここが目標でしょう。

前に行ったらしぶといですし、
キャピタルステークスのような、
内枠からの先行が理想ですね。

今回は、
陣営サイドも狙ってきていると思いますし、
抑えないといけない1頭です。

 

【東京新聞杯2018出走予定馬全頭考察まとめ】

 

以上、
ざっくりではありますが、
東京新聞杯の出走予定馬を考察していきました。

上位人気の馬は、
どの馬にもチャンスはありそうで、
軸馬選びは難しい印象です。

僕自身もここのところ、
軸馬選びが全くナンセンスなので、
慎重に選んでいきたいと思っています。

現時点での軸馬候補は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

週末の重賞予想はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

スポンサードリンク