【東京新聞杯2018】3連複予想 出走予定馬全頭考察 パート2

Pocket

今回は、東京新聞杯2018の予想を中心とした記事を書いていきます。

2月4日(日)は、
GⅢマイル重賞の東京新聞杯が行われます。

競馬場:東京競馬場
コース:芝1600m・左回り
条件等:4歳以上:別定戦

今回は、
東京新聞杯の出走予定馬考察を、
行なっていきたいと思います。

2パートに分けて考察しています。
前回の記事もぜひ読んでください。

東京新聞杯を予想するにあたり、
過去の傾向を色々と探って見たんですが、
面白い傾向がありました。

前回の記事でも書いたように、
2ケタ人気の馬の台頭は、
比較的少ないですが、
上位人気の信頼度も低いレースで、
上位人気の複勝率は約30%。

ただ、
5番人気の馬は好走傾向で、
複勝率60%と圧倒的に優秀です。

今年で言うと、
ダノンプラチナ、
リスグラシュー、
クルーガーあたりでしょうか。

当日5番人気の馬に、
注目してみるのも面白いかもしれません。

それでは、
出走予定馬全頭考察にいきたいと思います。

 

【東京新聞杯2018出走予定馬全頭考察】

 

タガノブルグ

後方脚質なので、
舞台設定は良いと思いますが、
上位人気との能力差は否めません。

現時点では、
かなり軽視しています。

 

ダノンプラチナ

現時点の想定オッズでは、
3番人気まで指示されていて、
少し過剰人気しています。

昨年の東京新聞杯も、
アタマ差の4着と好走しているレースで、
十分チャンスはありますが、
内枠でスムーズに回れてのもの。

もし外枠に入るようなら、
位置取りも難しくなりますし、
着外の可能性が高いと思います。

 

ディバインコード

過去11戦で着外は1度だけと堅実な馬。

ここでも能力は通用するはずで、
想定オッズで人気していないのは謎。

今回は鞍上が北村宏JKに、
テン乗りになる点は気になりますが。

最終追い切りで注目したい1頭。

 

デンコウアンジュ

昨年のヴィクトリアマイル2着馬で、
東京1600mはベスト舞台。

前走のターコイズSは、
かなり仕上がっていての好走なので、
状態面には注意したい。

最終追い切り次第では重視したい。

 

トウショウピスト

他にハナを主張しそうな馬がいないので、
今回はハナに立ちそう。

逃げてどこまでやれるかですが、
相手も揃いましたし、
かなり厳しいと思います。

消し予定。

 

ハクサンルドルフ

久しぶりの重賞挑戦ですが、
いつも堅実に走ってくる馬ですし、
能力は通用する。

東京コースは得意ですし、
いかにも上位争いに絡んできそう。

 

ベルキャニオン

近2走では、
強い相手に差のない競馬をしていて、
好位で競馬できれば怖い存在です。

出遅れたら厳しいと思いますが。

 

マイネルアウラート

冬場の寒い時期のほうが、
調子を上げてくる馬で、
昨年の東京新聞杯でも4着と健闘。

ただ、
近走は年齢的な衰えも見えてきて、
なかなか結果も出ていませんし、
能力面でも上位人気とは差があります。

最終追い切りを見て考えたいですが、
現時点軽視しています。

 

リスグラシュー

今回は武豊JKに戻りますし、
もちろん人気の一角になるでしょう。

この馬にとっては、
馬場は渋ったほうが良いと思うので、
先週同様の良馬場開催になるのであれば、
着外の可能性もありますし、
かなり危険な1頭だと思います。

 

【東京新聞杯2018出走予定馬全頭考察まとめ】

 

以上、
ざっくりではありますが、
東京新聞杯の出走予定馬を考察していきました。

2パートに分けて、
出走予定馬を全頭考察していきましたが、
下位人気の馬も能力面は足りる馬が多く、
爆荒れはないにしても、
今年はヒモ荒れの可能性もありそう。

と言うことで、
現時点での穴馬候補は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

週末の重賞予想はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

スポンサードリンク