【弥生賞2018】3連複予想 一週前追い切り全頭考察

Pocket

今回は、弥生賞2018の一週前追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

3月4日(日)は、
弥生賞が行われます。

競馬場:中山競馬場
コース:2000m・右回り
条件等:3歳限定戦

弥生賞は、
皐月賞へのトライアルレースで、
3着馬までに優先出走権が与えられます。

ダノンプレミアムやワグネリアンは、
すでに賞金も足りているので、
ここは叩き台と見て良いでしょう。

それに比べ、
オブセッションやサンリヴァルは、
賞金ボーダーラインの、
スレスレにいるので、
ここは優先出走権をゲットして、
皐月賞の出走を確実なものにしたい。

トライアルレースは、
各陣営の思惑も絡み合うので、
過去の戦績だけでは計れません。

しっかり予想して、
今週もバシッと仕留めたいと思います。

今回は、
出走各馬の一週前追い切りから、
状態面や各陣営の思惑を、
探っていきたいと思います。

それでは
早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

【弥生賞2018 一週前追い切り全頭考察】

 

アサクサスポット

69.7-54.5-40.0-12.9 美浦 南W 重 強め

一週前は重馬場での追い切りなので、
参考にはしづらいですが、
あまり良い内容ではないです。

新馬戦はダートですし、
普通に考えれば厳しいでしょう。

現段階では消し濃厚です。

 

アラウン

一週前追い切りデータなし。

これまでの戦績を見ても、
通用するとは思えませんし、
出てきたとしても消しで良いでしょう。

 

オブセッション

70.3-54.4-40.3-13.4 美浦 南W 良 馬なり

一週前追い切りは、
前走同様軽めの内容で、
調整は順調だと思います。

冒頭でも書いたように、
ここで結果を出さないと、
皐月賞の出走が危ぶまれるので、
メイチ気配は高いです。

最終追い切りには要注目で、
軸候補の一頭です。

 

サンリヴァル

51.7-38.2-24.5-12.3 栗東 坂路 良 一杯

一週前追い切りは好内容で、
状態面は良さそうです。

こちらも、
皐月賞の賞金はギリギリ。
陣営としてはここで結果を出して、
優先出走権が欲しいはずなので、
勝負気配は高いです。

最終追い切りには要注目です。

 

ジャンダルム

83.1-67.6-52.6-38.2-11.4 栗東 CW 良 一杯

一週前追い切りは好内容ですが、
良いときはもっと良い時計が出るので、
余力残しの調整だと思います。

皐月賞へは賞金も足りていますし、
ここは叩き台の位置付け。

大きく崩れることはないと思いますが、
掲示板止まりもあり得そう。

 

ダノンプレミアム

85.1-68.7-53.8-39.0-11.2 栗東 CW 良 馬なり

一週前追い切りは悪くないですが、
前走時のほうが良い内容でした。

前走の朝日杯では、
自信度高めで軸に指名しましたが、
期待通りの圧勝でした。

今回は叩き台ですし、初の2000m。
案外な可能性もありますし、
過信は禁物だと思います。

現段階では掲示板止まりでも、
不思議じゃないと思っています。

あくまでも本番は皐月賞。

 

トラストケンシン

57.3-41.9-14.1 美浦 南W 重 馬なり

一週前追い切りは重馬場なので、
参考にしづらいですが、
あまり良い内容ではありません。

毎回いい上がりを使う馬ですが、
開幕2週目の中山で、
後方から差し届くかと言われると微妙で、
展開の助けは必要です。

最終追い切りの内容次第では、
面白い1頭だと思います。

 

ニシノトランザム

一週前追い切りデータなし。

これまでダートをメインに使っていて、
ここで通用するとは考えづらい。

さすがに消しで良いでしょう。

 

ヘヴィータンク

55.4-40.9-27.0-13.5 栗東 坂路 良 馬なり

一週前追い切りは平凡な内容で、
買い材料は特にありません。

初出走が弥生賞ということで、
なかなか珍しいですが、
強い相手が揃っていますからね。

いきなり通用するような、
相手ではないでしょう。

現段階では軽視です。

 

リビーリング

72.4-56.4-41.6-13.6 美浦 南W 良 馬なり

一週前追い切りは、
あまりいい内容ではありません。

皐月賞に出るには、
ここで結果を出さないといけませんが、
一週前追い切りからは、
あまり勝負気配を感じません。

しかも今回は、
初の中山で、初の2000mと、
課題は多いです。

現段階では軽視。

 

ワグネリアン

96.0-80.1-65.5-51.0-37.3-12.0 栗東 CW 良 一杯

一週前追い切りの内容は好内容です。

賞金は足りているので、
勝負度合いは低いですが、
状態面は良さそうですね。

ただ個人的には、
純粋に能力面で、
ダノンプレミアムや、
ジャンダルムには勝てないと思うので、
上位人気で一番怪しい1頭。

最終追い切り次第では軽視。

 

【弥生賞2018 一週前追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
弥生賞の出走予定馬全頭の、
一週前追い切りを、
考察していきましたが、
なんやかんやで、
5強の決着が濃厚で、
馬券妙味はあまりなさそうです。

今回はガミリそうなので、
3連複1点で勝負も面白いかもしれません。

ということで、
一週前追い切りが一番よく見えた馬は、
ランキングでご紹介します。

一週前追い切りが一番よく見えた馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

スポンサードリンク