【安田記念2018】3連複予想 一週前追い切り全頭考察

Pocket

今回は、安田記念2018の一週前追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

6月3日(日)は、
東京競馬場にて安田記念が行われます。

競馬場:東京競馬場
コース:1600m・左回り
条件等:3歳以上:定量戦

早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

【安田記念2018 一週前追い切り全頭考察】

 

アエロリット

68.3-53.3-39.8-12.8 美浦 南W 良 馬なり

一週前追い切りは軽めの追い切りで終了。

前走のヴィクトリアマイルは、
雨の影響で緩めの馬場だったこともあり、
直線では思ったほど伸びなかった。

それでも半馬身差の4着と善戦していますし、
今回パンパンの良馬場になった場合、
パフォーマンスを上げてくる可能性も。

 

ウインガニオン

54.3-39.2-25.3-12.3 栗東 坂路 稍重 馬なり

一週前追い切りは軽めの調整で、
上積みは感じられません。

前走は1400m戦だったこともあり、
行き脚で他馬に負けてハナに立てず、
控える競馬になってしまった。

メンバー的にもスロー濃厚で、
先週同様に内が伸びる馬場なら、
なだれ込む可能性もあるのでは。

 

ウエスタンエクスプレス

一週前追い切りデータなし

能力は高い馬ですが、
今の東京の馬場をこなせるかどうかが、
大きな課題になりそう。

日本馬も割と役者が揃ったので、
掲示板が限界な気がしています。

 

キャンベルジュニア

一週前追い切りデータなし

前走も予想記事で書いたように、
能力的には通用すると思っていましたし、
今は本当に調子が良い。

自在性のある馬で、
先行もできる点は強みで、
前走のダメージさえなければ、
今回も好勝負になるはず。

 

サトノアレス

59.9-44.0-29.2-14.5 美浦 坂路 稍重 馬なり

一週前は軽めの調整で終了。

藤沢和雄厩舎の馬で、
おそらく前走はあくまでも叩きで、
メイチは今回だと思います。

もっと人気しても良いと思いますし、
最終追い切り次第では重い印を打ちたい。

 

サングレーザー

59.3-41.6-26.8-13.8 栗東 坂路 良 馬なり

一週前は軽めの追い切りでいつも通り。
この馬の場合、
日曜日が事実上の最終追い切りで、
格下相手に遅れをとったものの、
51.8-37.1-24.2-12.3の好時計を計時。

前走からの上積みもありそうで、
軽視は禁物ですが、
脚質的に展開に左右されやすいので、
スローペースになると届かない可能性も。

 

スターオブペルシャ

一週前追い切りデータなし

さすがにGⅠでは厳しいと思うので、
出てきたとしても消しで良いでしょう。

 

スワーヴリチャード

81.4-65.1-50.5-37.1-11.6 栗東 CW 良 直線強め

一週前追い切りは好時計で、
状態面はまったく問題ないでしょう。

問題は距離適性だけで、
1600mはやや短い印象を受けますよね。

何かが仕掛けてこない限り、
スローペースになりそうですし、
マイルでもハマっちゃいそうな気もしますが、
個人的には軸向きではないと思います。

 

タワーオブロンドン

56.1-42.0-27.9-13.9 美浦 坂路 良 馬なり

一週前追い切りは軽めの追い切りで、
特に買い材料はありません。

前走はゲートで躓き後ろからになり、
直線でも不利があり、度外視できる敗戦。

ただ今回は相手が強力で、
通用するかと言われると厳しい。

出てきたとしても消しで良いと思います。

 

ダッシングブレイズ

83.6-67.8-53.1-38.4-11.5 栗東 CW 良 一杯

一週前追い切りは悪くないですが、
前走からの上積みはあまりなさそう。

前走のマイラーズカップは、
行き脚がつかず位置取りが後ろ過ぎた。

高速馬場での上がり勝負では分が悪く、
少し時計のかかる馬場のほうが、
個人的には向いていると思う。

前につけられれば、
チャンスはありそうですが、
能力面的にはやや足りない印象です。

 

ヒーズインラブ

53.6-39.1-25.2-12.3 栗東 坂路 良 一杯

一週前追い切りは平凡な内容ですが、
いつも通りといえばいつも通り。

鞍上的にも買いづらく、
一瞬の脚しか使えないので、
東京の長い直線は、
舞台設定的にもあまり良くありません。

今回は厳しいのでは。

 

ブラックムーン

81.9-65.4-50.7-37.5-12.3 栗東 CW 良 一杯

一週前追い切りは好時計ですが、
上積みはあまりなさそう。

前走は終始、外を回らされたにしても、
負けすぎで不甲斐ない内容。

時計勝負になると、
分が悪いのかなといった印象で、
今の東京の馬場は不向き。

鞍上的にも今回は買いづらいですね。

 

ペルシアンナイト

81.7-66.5-52.2-38.2-11.4 栗東 CW 稍重 一杯

一週前追い切りは好時計で、
状態面は申し分ないでしょう。

今回は川田JKに乗り替わりですが、
新馬時代は川田JKの馬だったので、
その点は全く問題ないでしょう。

大きく崩れることはなさそうですが、
スローペースだと差し届かない可能性も。

 

ムーンクエイク

43.9-13.3 美浦 南W 良 馬なり

一週前追い切りは軽めの追い切りで終了。

藤沢和雄厩舎の馬ですが、
ルメールJKを起用してきたことから、
前走の京王杯が、
休み明けからメイチだった可能性が高い。

ダメージさえなければ、
GⅠでもチャンスはあると思う。

 

モズアスコット

52.1-37.5-24.3-12.0 栗東 坂路 良 しまい強め

現時点で除外対象ですし、
さすがに連闘はしないと思うので、
出てこないと思います。

陣営としては、
先週勝っておきたかったと思いますが、
2着と惜しかったですが残念ですねー。

 

リアルスティール

52.1-37.9-24.6-12.1 栗東 坂路 良 一杯

一週前追い切りは悪くないですが、
ここメイチはないでしょう。

海外帰り初戦で割引が必要ですし、
一昨年も同じローテで凡走しています。

陣営の意図としては、
秋に向けて1回使っておきたいのでは。

 

リスグラシュー

53.9-39.4-25.5-12.3 栗東 坂路 良 馬なり

一週前追い切りは軽めの追い切りで終了。

メイチは前走で、今回は余力での出走。

極端に使い減りするタイプでもないので、
大きく崩れることはないと思いますが、
前走以上のパフォーマンスを、
発揮できるかは疑問です。

東京新聞杯ほどは弾けないのでは。

 

レーヌミノル

88.9-73.0-58.0-43.1-13.2 栗東 CW 良 馬なり

一週前追い切りは軽めの追い切りで、
上積みはあまり感じません。

ヴィクトリアマイルは稍重発表でしたが、
馬場はもっと渋ったほうが良いみたい。

今の東京の馬場では、
ちょっと厳しいと思います。

 

レッドファルクス

81.3-66.1-52.4-38.9-12.7 美浦 南W 良 強め

一週前追い切りは好時計で、
状態面は良さそうですね。

今年は鞍上が確保できなかったためか、
京王杯を使わず、高松宮記念から直行のローテ。

前走の高松宮記念は、
どっしりと構えすぎて直線で進路がなく、
完全に脚を余しての敗戦なので、
度外視で良いと思いますし、
末脚はここでも上位だと思います。

鞍上の乗り替わりで、
想定段階では人気していませんが、
言うても昨年3着馬。

軽視は怖いと思います。

 

【安田記念2018 一週前追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
安田記念の出走予定馬全頭の、
一週前追い切りを考察していきましたが、
上位人気の信頼度はあまり高くなく、
予想は難解な印象を受けます。

カッチカチの可能性もありますし、
先週のダービのように、
中穴決着で高配当もありそうです。

ということで、
現時点での軸候補は、
ランキングでご紹介します。

前走はおそらく叩き台で、
鞍上が次走のここを考慮して、
道中も無理をさせない競馬で回ってきた。

一週前追い切りもいつも通りの内容で、
最終追い切りに要注目。

現時点での軸候補は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!

スポンサードリンク