【天皇賞・春2018】3連複予想 一週前追い切り全頭考察

Pocket

今回は、天皇賞・春2018の一週前追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

4月29日(日)は、
京都競馬場にて天皇賞・春が行われます。

競馬場:京都競馬場
コース:芝3200m・右回り
条件等:4歳以上:定量戦

今週末はいよいよ、天皇賞・春ですね!

人気の中心は、
シュヴァルグランと、
阪神大賞典組になると思いますが、
果たしてどの馬が、
春の盾を手にするのでしょうか。

今回は一週前追い切りから、
出走予定馬を考察していきたいと思いますが、
今週からGⅠ開催が続きますし、
競馬自体が盛り上がる時期なので、
馬券のほうもぶちかましたいですね。

ということで、
早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

【天皇賞・春2018 一週前追い切り全頭考察】

 

アルバート

66.1-51.9-37.6-13.7 美浦 南W 重 強め

一週前追い切りは好内容ですね。

今年のメンバーでなら、
能力上位ですし、
好勝負になると思いますね。

阪神大賞典組とも同斤量になるので、
順位の入れ替わりはあるかもしれません。

 

カレンミロティック

83.5-67.1-52.3-39.0-12.6 栗東 CW 不良 一杯

一週前追い切りの内容は、
あまり良いものではありません。

年齢も年齢ですし、
大きな上積みは見込めませんし、
ここで巻き返しはないでしょう。

GⅠでは厳しいと思います。

 

ガンコ

52.7-38.1-24.5-12.2 栗東 坂路 重 一杯

一週前追い切りは良い感じです。

前走の疲れもなさそうで、
引き続き状態面は良いと思いますね。

前走は強い内容でしたし、
能力面は通用すると思います。

斤量面さえクリアーできれば、
ここでも出番はあると思います。

 

クリンチャー

83.8-67.8-53.4-39.5-12.4 栗東 CW 不良 しまい一杯

一週前追い切りはしまい重点の内容ですが、
イマイチだと思いますね。

前走は折り合いを欠いていましたし、
そういう面では距離適性に疑問が残りますし、
陣営としては痛恨の乗り替わりですよね。

鞍上は未定ですが、
今のところ不安材料が多いので、
重視するのはどうでしょう。。

 

サトノクロニクル

83.4-68.2-53.3-39.0-11.5 栗東 CW 重 直線強め

一週前追い切りは良い内容だと思います。

馬体的には胴が詰まっていて、
一見、長距離向きではなさそうですが、
前走の阪神大賞典で2着ですし、
1ハロン延長は大丈夫そう。

どちらかというと、
今回は斤量との戦いになりそうで、
58kgはちょっと重いと思いますね。

状態面は良さそうですが、
案外な結果もあるのでは。

 

シホウ

83.2-67.2-52.3-38.9-12.2 栗東 CW 不良 一杯

一週前追い切りは可もなく不可もなく。
いつもこれくらい走る馬なので、
買い材料は特にありません。

能力面的にも厳しいんじゃないですかね。
前走も負けすぎですしね。

 

シュヴァルグラン

98.0-82.5-67.0-52.1-37.9-12.1 栗東 CW 重 一杯

一週前追い切りの内容は、
あまり良い内容ではないですね。

前走は展開面も噛み合わなかったですし、
休み明けで距離も短かったので、
度外視で良いと思います。

能力面では抜けていますし、
当日も1番人気濃厚ですが、
現状、状態面が微妙で、
およよ?って感じですね。

最終追い切りに注目ですね。

 

スマートレイアー

94.1-79.5-65.0-51.3-38.1-12.0 栗東 CW 重 一杯

一週前追い切りは好時計ですが、
いつも攻めがけする馬なので、
いつも通りと言えばいつも通り。

能力面は通用すると思うので、
距離さえこなせれば出番はあると思います。

人気しないのであれば、
紅一点で狙ってみても面白い1頭。

 

ソールインパクト

82.9-66.9-52.9-39.3-13.4 美浦 南W 重 G前仕掛け

一週前追い切りは悪くない内容です。

前走も別定戦でかなり負けていますし、
今回も定量戦ですからね。

上位に食い込みは厳しい気がします。

現状は、
ハンデ戦でこその馬じゃないですかね。

 

チェスナットコート

53.4-38.9-25.4-12.7 栗東 坂路 不良 馬なり

一週前追い切りは好時計ですね。
状態面は良いと思います。

前走の日経賞では軽視しましたが、
あそこまでやれるとは思わなかったですね。

蛯名JKは長距離上手いので、
ここでも上位に食い込んできそう。

あまり人気しないと思いますし、
穴狙いなら面白い1頭。

 

トウシンモンステラ

86.3-69.9-54.4-40.3-12.4 栗東 CW 重 馬なり

一週前追い切りは平凡ですね。

能力面を考えると、
さすがに足りないですし、
厳しいでしょう。

個人的には消し濃厚。

 

トーセンバジル

83.4-66.4-51.4-37.3-12.1 栗東 CW 不良 強め

一週前追い切りは好時計とはいえ、
併せたギベオンに遅れをとっていますし、
微妙な追い切り内容ですね。

前走は海外帰りだったので、
度外視できる敗戦。

能力は足りると思うので、
最終追い切り次第では重視予定。

 

トミケンスラーヴァ

55.6-41.4-27.5-13.8 美浦 坂路 不良 馬なり

一週前追い切りの内容も微妙ですし、
さすがにここでは足りないと思います。

個人的には消し濃厚。

 

ピンポン

59.9-43.3-28.8-14.6 美浦 坂路 良 馬なり

感覚が詰まっていることもあって、
一週前追い切りは軽めの調整で終了。

能力面的には厳しいでしょう。

消しで良いと思います。

 

ミッキーロケット

51.5-37.3-24.9-13.0 栗東 坂路 不良 一杯

一週前追い切りは悪くないですが、
攻めがけするタイプなので、
いつも通りの追い切り時計ですね。

近2走は前目につける競馬をして、
しまいが甘くなっている印象で、
この馬の持ち味を出せていない。

距離と斤量は大丈夫だと思うので、
3着くらいあっても良い。

人気もしないと思うので穴狙いなら。

 

ヤマカツライデン

79.8-65.5-51.1-37.5-12.1 栗東 CW 重 直線強め

一週前追い切りは、
いつも通りの内容で良いと思います。

この馬に関しては、
自分の競馬をするだけなので、
どこまで粘れるか。

先週の馬場傾向的にも、
例年よりは差しが決まる傾向なので、
厳しいんじゃないですかね。

個人的には軽視気味。

 

レインボーライン

60.7-43.2-27.6-12.9 栗東 坂路 重 馬なり

一週前追い切りは軽めの調整ですが、
いたって順調だと思いますね。

今回もヤマカツライデンが、
引っ張る流れになると思うので、
この馬に展開は向きそうです。

能力はメンバー上位なので、
上位台頭は展開次第でしょう。

 

【天皇賞・春2018 一週前追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
天皇賞・春の出走予定馬全頭の、
一週前追い切りを考察していきましたが、
二桁人気には、
ほぼ出番はないと言っても良いメンバーで、
あるとしたら、
スマートレイアーかミッキーロケットの2頭。

ただ2頭とも、
近走は陰りが見えてきていて、
ここで巻き返しがあるかと言われると、
んー。って感じですよね。

だったら成長著しい4歳馬のほうが、
断然魅力的だと思います。

ということで、
一週前追い切りから狙いたい馬は、
ランキングでご紹介します。

一週前追い切りは好内容で、
上積みもあるかもしれません。

前走は展開が向いた面もありますが、
内容としてはかなり良かった。

今回も展開は向きそうですし、
斤量さえこなせれば通用すると思います。

一週前追い切りから狙いたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!