【函館スプリントステークス2018】3連複予想 最終追い切り全頭考察

Pocket

今回は、函館スプリントステークス2018の最終追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

6月17日(日)は、函館競馬場にて、
函館スプリントステークスが行われます。

競馬場:函館競馬場
コース:1200m・右回り
条件等:3歳以上:別定戦

スプリント重賞ということもあって、
例年、荒れる傾向にある、
函館スプリントステークス。

昨年の覇者ジューヌエコールをはじめ、
ナックビーナスやセイウンコウセイ。
ダイアナヘイローなど、
なかなかのメンバーが集まり、
今年も見応えがありそうです。

今回は最終追い切りから、
函館スプリントステークス出走予定馬、
全頭の考察をしていきたいと思いますが、
果たしてどの馬が制するのでしょうか。

北海道といえば、
六花亭のバターサンド美味しいですよねぇ。

冷蔵庫で冷やして食べると、
なおよし!って感じです。

ちなみに、
六花亭は函館じゃなくて、
帯広の会社なので、
今僕は、全く関係ない話をしています。笑

あー、、、
久しぶりに食べたくなってきました。

ということで、
話が脱線してしまいましたが、
函館スプリントステークスの出走予定馬を
1頭ずつ見ていきたいと思います!

 

【函館スプリントステークス2018 最終追い切り全頭考察】

 

アドマイヤゴッド

67.3-51.9-37.5-11.9 函館 芝 稍重 G前仕掛け

最終追い切りは悪くない内容ですね。

極端な枠に入らなければ、
能力面は足りると思います。

勝ち切るイメージはありませんが、
3着くらいなら十分あり得ると思う。

 

エポワス

59.4-42.3-12.9 函館 芝 稍重 馬なり

一週前は好内容で、
最終追い切りは軽めの調整で終了。

今回は、
斤量面的にも厳しいですし、
休み明けも割引が必要です。

脚質的にも開幕週では、
マイナスだと思いますね。

条件的には厳しいと思いますが。。

 

キングハート

73.4-58.2-42.8-14.0 函館 W 重 馬なり

最終追い切りは軽めの内容で、
一週前も時計は出ていません。

状態面は疑問が残りますね。

昨年の函館スプリントステークスでは、
2着で強い内容の競馬でしたが、
昨年時と比べると、
追い切りの時計が足りません。

昨年の好走で人気が先行している印象。

 

ジューヌエコール

66.7-50.5-36.3-11.8 函館 芝 稍重 馬なり

最終追い切りは好時計で、
状態面は良さそうです。

状態面は昨年と同等にありそうですが、
昨年はハンデに恵まれたので、
今年は同じようにはいかないでしょう。

こちらも昨年の成績から、
人気が先行している印象で、
凡走も十分あり得ると思う。

 

セイウンコウセイ

67.3-52.9-38.8-12.9 函館 W 重 しまい一杯

馬場を考慮すれば、
最終追い切りは悪くないですね。

近走も大きく負けてはいませんし、
言うてもGⅠ馬ですからね。

以前は内で揉まれると、
全くダメだったんですが、
近走の走りを見ると、
揉まれ強くなった印象を受けます。

もちろん能力は通用しますし、
アタマもなくはない。

 

タマモブリリアン

69.1-53.8-39.6-13.2 函館 W 重 強め

最終追い切りは、
あまり良い時計ではありません。

能力面は通用しそうですが、
休み明けも割引が必要ですし、
今回は相手が揃った印象。

頑張っても、
馬券内は厳しいと思うので、
個人的には消し予定。

 

ダイアナヘイロー

76.0-61.6-48.3-36.2-11.9 函館 芝 稍重 強め

最終追い切りは好内容で、
状態面は文句なしだと思います。

開幕馬場で、
前残りの展開なら出番はありますが、
ペースがある程度流れて、
差しが決まる展開だと厳しいと思う。

状態面ならこの馬が一番ですね。

 

ティーハーフ

70.8-54.7-40.6-12.6 函館 W 重 G前仕掛け

最終追い切りは馬場が悪かったので、
なんとも言えませんが、
時計はやや足りない印象です。

しまいの脚は堅実で、
差しが決まる展開なら、
この馬の出番だと思います。

年齢的に上積みは期待できませんが、
前走のような競馬ができれば。

 

ナックビーナス

73.1-57.0-41.7-13.6 函館 W 稍重 馬なり

一週前に時計を出しているので、
最終は軽めの調整で終了。

高松宮記念で3着と好走し、
想定段階では1番人気。

実績は上位ですが、
函館への舞台変わりは微妙。

例年、
ある程度上がりが求められるので、
前に行ってどこまで粘れるかだと思う。

控えたら出番はなさそう。

 

ノットフォーマル

68.6-53.4-39.8-13.2 美浦 南W 稍重 馬なり

一週前に時計を出しているので、
最終追い切りは軽めの調整。

能力面的には、
さすがに足りない。

状態面でどこまでカバーできるかだが、
舞台設定も微妙ですし、
別定戦では厳しいと思います。

個人的には消し予定。

 

ノボバカラ

63.2-48.2-35.5-11.4 函館 芝 良 強め

最終追い切りは良い内容ですね。

近2走の芝レースでは、
良いところなく厳しいレースが続いています。

今回は斤量面も見込まれましたし、
さすがに厳しいと思う。

ここで好走したら、
お見それしました!って感じですね。

個人的には消し予定です。

 

ヒルノデイバロー

67.1-51.5-37.9-13.1 函館 W 重 強め

最終追い切りは、
やや時計が足りず微妙な内容。

能力面はやや足りませんし、
別定戦では厳しいと思う。

ハンデ戦で狙いたいですね。

 

ユキノアイオロス

71.4-54.8-39.5-12.3 函館 芝 稍重 馬なり

最終追い切りはあまり良くなく、
状態面は微妙です。

能力面を考えると、
さすがに厳しいと思いますし、
消しで良いでしょう。

重賞では厳しいと思う。

 

ライトフェアリー

66.3-50.0-36.0-12.3 函館 芝 稍重 馬なり

最終追い切りはまずまずですね。
状態面は悪くないと思います。

鞍上的には微妙ですが、
ローカル重賞でなら、
十分チャンスはあると思います。

能力面は通用するので、
人気しないのであれば面白い1頭。

 

ラインスピリット

56.4-39.6-12.5 函館 W 稍重 馬なり

一週前に時計を出しているので、
最終は軽めの追い切りで終了。

年齢的に上積みは期待できませんが、
力を出し切れば上位争いもあると思う。

想定段階では、
人気の盲点になっていますが、
一発あっても不思議じゃない。

 

ラインミーティア

53.8-39.1-12.8 美浦 南W 稍重 馬なり

最終追い切りは、
時計が足りないですね。

勝負気配は薄い印象です。

能力面を考えても、
今回は厳しいと思いますし、
消しで良いでしょう。

 

ワンスインナムーン

66.7-50.3-36.0-11.5 函館 芝 稍重 G前仕掛け

最終追い切りは悪くないですね。

枠順次第では、
今回もハナを主張すると思いますし、
この馬に関しては自分との戦い。

舞台設定的には、
あまり良くありませんし、
ダイアナヘイローが、
絡んでくるかもしれないので、
簡単には逃げられないのでは。

2番人気は過剰だと思います。

 

【函館スプリントステークス2018 最終追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
函館スプリントステークスの出走馬全頭の、
最終追い切りを考察していきましたが、
なかなか荒れる余地を、
秘めているんじゃないでしょうか。

上位人気馬もあまり信用できませんし、
着外に沈んでも不思議じゃないですよね。

で、あれば、
一発穴めの馬から狙っても、
面白いと思います。

ということで、
最終追い切りから狙ってみたい馬は、
ランキングでご紹介します。

前走は展開の助けもありましたが、
強い内容の競馬でした。

今回もメンバーを見る限り、
そこまで速いペースには、
ならないと思うので、
前で競馬できれば押し切れるかも。

最終追い切りから狙ってみたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!