【フェブラリーステークス2018】3連複予想 一週前追い切り考察

Pocket

今回は、フェブラリーステークス2018の一週前追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

2月18日(日)は、
GⅠフェブラリーステークスが行われます。

競馬場:京都競馬場
コース:ダート1600m・左回り
条件等:4歳以上:定量戦

今週末は、いよいよ待ちに待った、
GⅠフェブラリーステークスが行われますが、
果たして、栄冠はどの馬に輝くのか。
今回は一週前追い切りから、
出走予定馬を考察していきたいと思います。

フェブラリーステークスの出走予定馬は、
毎年のことながら超超豪華メンバーで、

昨年の覇者ゴールドドリームをはじめ、

チャンピオンズカップでクビ差2着の、
テイエムジンソク

根岸ステークスを制し、
完全復活のノンコノユメ

武蔵野ステークスを制した、
インカンテーション

その他にも、
ダート重賞常連組の、
アウォーディーサウンドトゥルー
ベストウォーリアなどなど、
目移り必至の大注目レースですね!

フェブラリーステークスは、
出走予定馬が多いので、
今回は2パートに分けて、
一週前追い切りを考察していきたいとー、
思っておりますー。

それでは1頭ずつ見ていきましょう!

 

【フェブラリーステークス2018 一週前追い切り全頭考察】

 

アウォーディー

一週前追い切りデータなし

前走の川崎記念では、
軸に指名して3着に残ってくれましたが、
全盛期の走りは見られませんでした。

勝ちきることは厳しいと思いますが、
今回人気も落ちそうですし、
妙味的には面白い1頭だと思います。

最終追い切りに注目。

 

アスカノロマン

85.3-69.4-55.8-42.2-13.6 栗東 CW 良 馬なり

一週前追い切りは、
軽めの調整で平凡な内容でした。

近走も厳しい結果が続いていて、
今回も相手が強敵ぞろいですからね。

現段階では軽視。

 

インカンテーション

82.9-65.6-51.1-37.8-12.1 栗東 CW  良 やや一杯

一週前追い切りの内容は好内容で、
しまいは好時計をマーク。

前走は度外視したとして、
近走の内容は堅実ですし、
東京ダートはコース形態から、
差し馬有利のイメージが強いですが、
思いのほか前が残るのがダート。

昨年凡走しているレースなので、
人気落ち必至の今回は買い時。

想定9番人気は舐められすぎで、
今回は展開ひとつで、
一発あってもおかしくないです。

現段階では重視したい1頭。

 

カフジテイク

56.4-41.0-26.4-12.8 栗東 坂路  良 馬なり

一週前追い切りは軽めの調整で、
いつも通りの追い切り内容。

年齢的にも、
大きな上積みはないと思いますし、
前走の根岸ステークスは、
格下相手になんとか3着に残した印象で、
今回は前走よりも相手が揃っていますし、
差し届くとは思えない。

賞金足らないので、
出てこないと思いますが。。

 

キングズガード

53.8-39.5-25.6-12.7 栗東 坂路 良 しまい強め

一週前追い切りの内容は、
いつも通りに強めに消化しました。

前走の根岸ステークスは、
鞍上もうまく乗っていましたし、
内をぐんぐん突いていく、
この馬の競馬はできていましたが、
純粋に力負けの印象。

今回はさらに相手が強くなりますし、
仮に今回メイチ仕上げでも厳しい。

さすがに消し予定。

 

ケイティブレイブ

58.2-43.2-29.0-14.7 栗東 坂路 良 馬なり

前走と間隔が詰まっているので、
一週前は軽めの調整。

前走の川崎記念がメイチな気がしますし、
ここはどうかなーといった印象ですが、
目野調教師の定年前ラストのGⅠなので、
消しはリスキーで抑えるべき1頭。

軸にはしないですが。

 

ゴールドドリーム

51.1-37.2-24.1-12.1 栗東 坂路 良 一杯

一週前追い切りは、
自己ベストに迫る好時計で、
状態面は引き続き良さそう。

鞍上も引き続きムーアJKですし、
当日も間違いなく1番人気でしょう。

普通に考えたら、
ここから入るのがベターですが、
昨年もギリギリだったので、
東京の平坦な直線で差しきれるかは微妙。

着外は考えづらいですが、
展開に左右されやすいので、
軸にはしない予定でいます。

 

コスモカナディアン

55.7-40.3-13.2 美浦 南W 良 馬なり

一週前追い切りは軽めの調整。

除外対象なので、
おそらく出てこないと思いますが、
出てきたら面白い存在。

前走の内容は評価できますし、
東京コースのほうが、
より力を発揮できそう。

出てきたら軽視禁物。

 

コパノチャーリー

一週前追い切りデータなし。

こちらも除外対象なので、
おそらく出てこないと思います。

出てきたとしてもかなり厳しいですし、
前走も負けすぎの内容で、
今回も出番はないでしょう。

出てきても消し濃厚。

 

サイタスリーレッド

56.8-42.1-28.1-14.4 栗東 坂路 不良 馬なり

馬場の状態も良くなかったみたいですし、
参考にしづらい追い切り内容。

こちらも除外対象なので、
おそらく出てこないでしょう。

出てきたとしても、
さすがに厳しいと思いますし、
消し濃厚です。

 

サウンドトゥルー

56.9-40.9-26.4-12.9 美浦 坂路 重 馬なり

一週前追い切りからは、
勝負気配は薄い印象です。

しかも鞍上がミナリクJKに乗り替わり。。

現段階でミナリクJKは信用していないので、
あんまり買いたくないです。

現段階では軽視予定。

 

サンライズノヴァ

57.8-43.4-28.6-14.4 栗東 坂路 不良 馬なり

馬場が悪かったので、
参考にしづらい追い切り内容。

東京コースは得意舞台ですし、
舞台設定としては完璧。

決め手勝負でも引けはとりませんし、
展開ひとつで上位台頭もあり得る。

現段階では素直に抑えたい。

 

【フェブラリーステークス2018 一週前追い切り全頭考察まとめ】

今回はここまで!
残りの出走予定馬は、
次回また考察していきたいと思います。

ということで、
一週前追い切りでよく見えた馬は、
ランキングでご紹介します。

一週前追い切りから狙いたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!