【フェブラリーステークス2018】3連複予想 一週前追い切り考察パート2

Pocket

今回は、フェブラリーステークス2018の一週前追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

2月18日(日)は、
GⅠフェブラリーステークスが行われます。

競馬場:京都競馬場
コース:ダート1600m・左回り
条件等:4歳以上:定量戦

今週末は、いよいよ待ちに待った、
GⅠフェブラリーステークスが行われますが、
果たして、栄冠はどの馬に輝くのか。
今回は一週前追い切りから、
出走予定馬を考察していきたいと思います。

前回の記事も合わせて、
予想の参考にしてくださいませ。

ということで今回は、

一週前追い切り考察後半戦です。

早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

【フェブラリーステークス2018 一週前追い切り全頭考察】

 

テイエムジンソク

84.4-66.9-51.2-37.5-12.4 栗東 CW 良 一杯

時計も好時計ですし、
動きからも体調は引き続き良さそう。

前走のチャンピオンズカップでは、
目前でGⅠのタイトルを掴み損ねたので、
屈辱も晴らしたいでしょう。

強いですし、素直に買いますが、
軸にはしない予定です。

 

ニシケンモノノフ

56.3-40.4-25.9-13.0 栗東 坂路 良 馬なり

一週前はいつも軽めの調整なので、
問題ないでしょう。

昨年も5着に踏ん張りましたし、
そこまで負けていないので、
3着に残っても不思議じゃないと思います。

前走、芝を使った効果が出るかも。

人気もしないと思いますし、
面白い1頭。

 

ノボバカラ

68.1-52.3-38.4-12.9 美浦 南W 良 一杯

一週前の追い切りからは、
復調気配は感じられません。

今回はまだ厳しいような気がしますね。

現段階では軽視。

この馬の場合は、
最終追い切りを見てから考えたいですね。

 

ノンコノユメ

58.8-43.6-28.8-14.3 美浦 坂路 良 馬なり

一週前は軽めの調整で、
前走は軽視してしまいましたが、
おそらく前走がメイチ仕上げでしょう。

最終追い切りの内容次第では、
抑えたいと思いますが、
展開次第なところもあるので、
あまり強気には買えないですね。

 

ヒデノインペリアル

53.9-38.8-25.1-12.4 栗東 坂路 良 馬なり

一週前追い切りの内容は好印象で、
この馬が調子良い時の追い切り内容です。

除外対象なので、
おそらく出てこないと思いますが、
能力面では上位勢に劣りますし、
かなりの助けがないと厳しいと思います。

状態面は良いと思います。

 

ベストウォーリア

84.7-67.3-52.7-39.2-12.4 栗東 CW 良 強め

やや動きは固く見えましたが、
一週前の時計は、なかなかの好時計で、
状態面は特に問題なさそうです。

武蔵野ステークスは、
押し出されて逃げる形になったので、
度外視で良いでしょう。

近走も大きくは崩れていないので、
展開次第で馬券内もあると思いますし、
人気薄のルメールJKは買い。

最終追い切りに注目。

 

メイショウスミトモ

56.8-40.6-25.8-12.4 栗東 坂路 不良 しまい強め

一週前追い切りの内容は、
不良馬場なので参考にはしづらいですが、
悪くはない時計で好印象。

さすがにGⅠで通用するとは思えませんし、
強敵が揃いましたからね。

ここが来たら爆穴ですが、
さすがに厳しいでしょう。

出て来たとしても消し濃厚。

 

モンドクラッセ

68.0-52.2-38.9-13.0 美浦 南W 良 馬なり

一週前追い切りは好内容で、
動きもかなり良く見えました。

能力面はやや劣りますし、
出てきても厳しい気はしますが、
状態面は良さそう。

 

ララベル

68.7-52.3-38.3-11.8 稍重 馬なり

一週前追い切りの内容は、
悪くないないようで好気配です。

能力面を考えると、
なかなか厳しいと思いますし、
直線で馬群に沈みそうな気がしますね。。

現段階では軽視。

 

レッツゴードンキ

49.7-36.2-23.7-12.0 栗東 坂路 良 一杯

一週前追い切りは好時計で、
自己ベストを更新してきました。

もし出て来たら、
久しぶりのダートなので、
走るかどうかは未知。

追い切りの内容からは、
抑えても面白いと思います。

 

ロンドンタウン

81.5-65.8-51.5-38.4-12.8 栗東 CW 良 一杯

一週前追い切りは好時計で、
動きも良く見えたので好評価。

コリアC後は、
不甲斐ない結果が続いていますが、
能力面は上位勢にも、
引けを取らないものを持っています。

ピンかパーなタイプで、
ここで好走する可能性はありますし、
最終追い切りに注目。

 

【フェブラリーステークス2018 一週前追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
フェブラリーステークスの出走予定馬、
全頭の一週前追い切りを、
考察していきましたが、

前回の記事でもお伝えしたように、
超豪華メンバーで、
どの馬から入ろうか目移りしてしまいます。

ということで、
一週前追い切りでよく見えた馬は、
ランキングでご紹介します。

一週前追い切りから狙いたい馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!