【アーリントンカップ2018】3連複予想 最終追い切り全頭考察

Pocket

今回は、アーリントンカップ2018の最終追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

4月14日(土)は、
阪神競馬場にて、
アーリントンカップが行われます。

競馬場:阪神競馬場
コース:1600m・右回り
条件等:3歳限定戦

マイル路線組3歳馬戦の、
アーリントンカップですが、
NHKマイルカップの、
ステップレースに指定されており、
3着馬までに優先出走権が付与されます。

今回は最終追い切りから、
アーリントンカップの出走予定馬を、
考察していきたいと思います。

ということで、
早速、1頭ずつ見ていきましょう!

 

【アーリントンカップ2018 最終追い切り全頭考察】

 

アリア

53.9-39.0-25.5-12.5 栗東 坂路 良 馬なり

最終追い切りからは、
あまり買い材料はありません。

条件的にも厳しいと思いますし、
消しで良いでしょう。

 

イルルーメ

67.6-51.3-38.0-12.3 美浦 南W 良 直一杯

今まで戦ってきた相手が、
あまり強くなく、
能力面を考えるとさすがに足りない。

ここでいきなり好走は考えづらいので、
個人的には消し予定。

 

インディチャンプ

51.6-37.9-25.3-13.0 栗東 坂路 良 一杯

最終追い切りは、
サンライズノヴァにクビ先着と好内容。

前走は力負けではなく、
折り合いを欠いた印象で、
本来はもっと切れる脚を使えるはず。

今回も折り合い面が鍵になりそうなので、
岩田JKがうまく乗ってくれれば、
勝ち負けまであると思います。

 

ウォーターパルフェ

58.4-42.2-26.7-12.7 栗東 坂路 良 強め

最終追い切りは時計も出ていませんし、
あまり良い内容ではありません。

切れるタイプではないので、
前に行くと思いますが、
舞台設定もあまり良くありませんし、
馬券にはならないと思います。

個人的には消し予定。

 

エアアルマス

84.5-67.3-52.4-38.7-12.4 栗東 CW 良 G前気合付

最終追い切りからは、
勝負気配はあまり感じられません。

左後肢跛行のため、
シンザン記念を回避してのここなので、
いきなり走ってくるかは疑問。

前走の内容は強かったですが、
今回は相手が強くなりますし、
人気するようなら買いたくない。

マイナス材料が多い気がするので、
個人的には軽視気味です。

 

タワーオブロンドン

53.5-38.8-25.5-13.1 美浦 坂路 良 馬なり

先週の追い切りで、
自己ベストを出しているので、
最終は軽い調整で終了。

能力面はメンバー上位なので、
勝ち切ることも十分に考えられます。

ただ今回は、
あくまでも叩き台の1戦で、
藤沢厩舎が、
きっちり仕上げてくるとは思えない。

消しはしませんが、
取りこぼしもあり得るので、
この馬からは入りません。

 

ダノンスマッシュ

55.6-40.8-26.3-13.0 栗東 坂路 良 馬なり

最終追い切りは軽めの調整で終了。

前走のファルコンステークスは、
末脚も今ひとつで物足りない内容でした。

叩き2走目で、
上積みがあるかもしれませんが、
最終追い切りの内容からは、
やや買いづらくなった印象です。

能力面は上位ではありますが、
過信は禁物だと思います。

 

ニシノベースマン

53.9-39.4-25.3-12.4 栗東 坂路 良 馬なり

最終追い切りは前走と同じくらいの時計で、
特に買い材料はありません。

能力面的に、
さすがに厳しいと思いますけどね。

ここできたら、
お見それしましたーって感じです。

 

パクスアメリカーナ

83.3-67.4-52.2-38.3-11.8 栗東 CW 良 馬なり

最終追い切りも好内容で、
状態面は申し分なしの仕上がりです。

前走は出負けして、
控える形をとりましたが、
結果オーライの完勝。

長くいい脚を使える馬なので、
舞台設定も合うと思いますし、
極端な枠に入らなければ好勝負になりそう。

 

ピースユニヴァース

55.3-40.2-25.7-12.5 美浦 坂路 良 一杯

最終追い切りは、
時計も出ておらず買い材料はありません。

前走はメンバーレベルが低かったですし、
今回は一気に相手が強いので、
上位台頭は厳しいと思います。

鞍上からやや人気を被りそうですが、
個人的には消し濃厚。

 

ラセット

83.8-66.9-51.8-38.6-12.0 栗東 CW 良 G前仕掛け

最終追い切りの内容も悪くないと思います。

今まで戦ってきた相手が強いメンバーで、
ここでも能力は通用しそう。

勝ち切るまでは考えづらいですが、
2、3着なら普通にありえそうです。

上位人気勢の、
一角を崩すとしたらこの馬では。

 

ラブカンプー

83.9-70.2-56.7-43.5-15.2 栗東 CW 良 一杯 バテる

最終追い切りは、
お世辞にも良い内容とは言えず。。

今回は相手が強すぎます。

ここまで印は回せないので、
消しで良いと思います。

 

リュウノユキナ

36.0-23.9-11.9 門別 坂路 良

最終追い切りの内容も、
あまり良くありませんし、
さすがに足りないでしょう。

個人的には消し予定。

 

レッドヴェイロン

54..1-39.9-26.3-13.0 栗東 坂路 良 一杯

最終追い切りの内容は、
時計こそ目立ちませんが、
古馬相手に0.4秒先着と悪くない。

想定3番人気は、
さすがに過剰人気しすぎです。

能力面は足りませんし、
厳しいと思いますけどねー。

あまり買いたくはない。

 

【アーリントンカップ2018 最終追い切り全頭考察まとめ】

 

以上、
アーリントンカップの出走予定馬全頭の、
最終追い切りを考察していきましたが、
タワーオブロンドンは、
明らかな余裕残し仕上げですし、
ダノンスマッシュも前走時と比べると、
状態面には疑問が残ります。

上記2頭は、
案外な結果に終わる可能性もありそうで、
上位人気ながら軸には不向きな印象。

着外ぶっ飛びの可能性もあります。

ということで、
もちろん僕は別の馬から入ります。

そちらはTwitterの予想最終印で、
お伝えするとして、

最終追い切りから、
メイチ気配の高い馬を、
ランキングでご紹介したいと思います。

最終追い切りは好時計で、
状態面は文句ない仕上がりだと思います。

能力面も通用するはずで、
鞍上の腕に期待したいと思います。

枠順次第では、
軸にする可能性もあります。

メイチ気配の高い馬は、
こちらの馬人気ブログランキングへ

今回はこの辺で失礼します。

重賞の予想最終印はTwitterで公開しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。

今すぐTwitterをフォロー!!

The following two tabs change content below.

3連複マスター

馬券は3連複しか買いません。 大穴で一発当てるのが競馬の醍醐味だと思ってます。 メイチ気配のある馬、一発ある穴馬を狙い撃ちです! とにかく攻めます! 攻めなければ勝てない!